Compute Engine 向けリリース チェックリスト

はじめに

この「Compute Engine 向けリリース チェックリスト」では、Google Compute Engine を使用する商用アプリケーションのリリースに先立って完了しておくことをおすすめする作業を取り上げています。このチェックリストは、Compute Engine 固有の作業に重点を置いています。加えて、全般的なチェックリストである Google Cloud Platform 向けリリース チェックリストを使用して、どのサービスでも同様に完了しておくことが必要な作業も把握してください。

この「Compute Engine 向けリリース チェックリスト」は、Compute Engine に習熟しているデベロッパーの方を対象としています。Compute Engine の使用を開始したばかりのユーザー向けの基本的な使用方法の説明は含まれていません。新規ユーザーの方はまず、クイックスタート: インスタンスの作成と Apache の起動をご覧ください。

このチェックリストは、次の 5 つのセクションで構成されています。

  • アーキテクチャの設計と開発
  • アルファ版テスト
  • 試験リリース
  • 最終リリース
  • リリース後

これらのセクションは、アプリケーションのリリースに向けて、使用をおすすめする順番で記述されています。たとえば、最初は「アーキテクチャの設計と開発チェックリスト」にある手順から開始します。この手順では、アプリケーション開発の初期段階で実施することが適切な作業を取り上げています。同様に、「試験リリース チェックリスト」には、リリースが近付いた時期に実施することをおすすめする作業が記述されています。なお、チェックリストに挙げられている作業の正確な実施時期とその所要時間は、実際のアプリケーション開発日程に応じて異なります。

アーキテクチャの設計と開発のチェックリスト

このチェックリストはアプリケーション開発の初期段階で使用することをおすすめします。各グループに対するチェックリスト作業を並行して進めてもかまいませんが、ソフトウェアのアーキテクチャに関連する作業は、可能な限り早い段階で実施することをおすすめします。この作業は完了に時間がかかるからです。

作業内容
コミュニティ / グループ / フォーラム
❑  
Stack Overflow について Google Compute Engine のコミュニティ サポートに相談します。このサポートでは、有用な情報や実用的なアドバイスを得ることができます。
❑  
サービスに関連する重要な発表があれば知ることができるように、Google Compute Engine Operations グループに登録します。重要な発表には、ダウンタイムやサービス上の問題に関する通知などがあります。
トラフィック量の見積もり
❑  
予想されるトラフィックの量を見積もります。この見積もり計算には、設定した想定や機能を監査できるため、スプレッドシートの使用をおすすめします。手元にあるあらゆるデータポイントの使用から始め、得られた見積もりの値を継続的に改良して、その精度の向上を図ります。このトラフィック量の見積もりを使用して、コア数ディスク数ネットワーク スループットの各所要量を予測します。
❑  
予想されるスループットを見積もります(Mbps、Gbps など)。この見積もりを実施する際は、IP スロットリングのほかに、アプリケーション レイヤや仮想マシンレイヤで適切な DoS 保護を必ず設けておくようにします。
トラフィック量の見積もり
❑  
クロスリージョンのデプロイでは、リージョン間の通信で発生するレイテンシが問題のない長さであることを確認します。たとえば、日本にある仮想マシンから北米にある Redis への接続などがこのような状況に該当します。
❑  
自社のオンプレミス インフラストラクチャへの外部接続が必要になるアプリケーションでは、Google Cloud Interconnect がニーズに合うかどうか評価してみることを検討してください。
割り当て管理
❑  
お客様が企業顧客である場合は、Google for Work サポート センター(GWSC)を利用してリソース、CPU、ディスクの所要量を検討します。エンタープライズ サポートのお客様でない場合は、GCP Console の [割り当て] ページで割り当てを増やすようにリクエストしてください。
❑  
Compute Engine のオペレーションを呼び出す API には、速度と 1 日あたりの割り当ても設定されています。詳細については API の速度制限をご覧ください。
❑  
Compute Engine のリソース割り当てが使用可能な状況にあることを確認します。メインのリージョンやゾーン、障害復旧のリージョンやゾーンで、Compute Engine のコア、永続ディスク、パブリック IP アドレスを必ず利用できるようにしてください。自動スケーリングを使用する場合は、ピーク時の負荷増大も同様に見込むようにします。
❑  
インターネットへのアクセスを必要とするインスタンスに対しては静的外部 IP アドレスを予約するか、外部 IP アドレスを割り当てます。外部 IP アドレスを必要としないインスタンスには、そのようなアドレスを指定しなくてもかまいません。
❑  
永続ディスクの要件を見積もります。永続ディスクのパフォーマンスは、そのサイズに伴って高くなります。I/O が集中的に発生するデータベースから、メモリのみを利用する低負荷のサービスまで、さまざまなサービスで必要となる IOPS を見積もります。Compute Engine のディスク: 料金、パフォーマンス、永続性の記述を目安として、価格対パフォーマンスの特性を見積もることができます。
DevOps / 運用
❑  
バックアップ戦略と障害復旧計画の原案を作成します。この原案には、別のリージョンやゾーンでサービスを再開するための詳しい手順も記述するようにします。ゾーン単位のサービスを扱うアプリケーションでは、1 つのゾーンのみでのダウンタイムを障害復旧計画で考慮します。移行前の状態と移行後の状態を繰り返しテストしてください。
❑  
障害復旧計画で各ゾーンや各リージョンに固有のリソースを考慮していることを確認します。障害軽減の運用計画では、特定のリソースに対するデータ レプリケーションを扱うこともできます。たとえば、永続ディスクをゾーン固有にすると、あるゾーンの永続ディスクにあるデータを別のゾーンにレプリケートすることが必要になる場合があります。
❑  
仮想マシンの起動スクリプトとデプロイ スクリプトが、そのマシンのカスタム TCP / OS 設定(/etc/sysctl.conf、ulimit など)に記述されていることを確認します。
❑  
サポート対象外となったゾーンが使用されていないことを確認します。
❑  
モニタリング システムとアラート システムを必ずセットアップします。Cloud Monitoring を使用してモニタリングをプログラムでセットアップできるほか、Google Stackdriver でアラートを統合することもできます。
テスト
❑  
テスト計画を作成します。この計画で実施するテストでは、起動スクリプト、インスタンスの作成、プロジェクト間の認証、永続ディスクのパフォーマンス、インスタンスの障害、インスタンスの移行、ファイアウォールのルール、パケットの損失、外部ネットワークの問題などを検証します。

アルファ版テストのチェックリスト

この「アルファ版テストのチェックリスト」は、コードが完成に近付き、目的のアプリケーションに関する指標が必要になった時点で使用します。

作業内容
❑  
詳しい移行手順の原案を作成し、依存関係を確認します。この依存関係の対象として、VPN、ファイアウォール、DNS、Compute Engine の割り当て、Cloud Storage のバケット、BigQuery のデータセットなどがあります。
❑  
テスト環境と開発環境が影響する移行手順では、そのような環境の変化に対する妥当性も確認します。
❑  
機能テストと負荷テストを少なくともそれぞれ 1 回は実施します。
❑  
リリースの 1 週間前に割り当てを再確認します(インスタンスの負荷を増やし、その状態を維持する措置などを実施します)。Compute Engine の割り当てはリージョン単位であり、その意味合いは制限ではなく、容量の保証です。

試験リリース チェックリスト

アプリケーションの商用リリースに先立ち、「試験リリース チェックリスト」を使用し、リリースに向けた準備体制をテストすることをおすすめします。

作業内容
❑  
本番環境移行手順を実施します。仮想マシンを起動して、ネットワーク、ファイアウォール、アプリケーション サーバー、データベースを構成します。

最終リリース チェックリスト

リリース直前とリリース中は、「最終リリース チェックリスト」を使用します。

作業内容
❑  
サポート契約を結んでいる場合は、契約先企業のサポート担当にリリースの日程を通知します。
❑  
移行手順の最終段階を完了します。

リリース後のチェックリスト

作業内容
❑  
構成ファイルのバックアップとスナップショットを定期的に作成します。さらに仮想マシンのランタイムでも、これらを同様に作成します(永続ディスクのスナップショットなど)。構成をダウンロードするには gcloud compute を使用します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント