ログの表示

ログビューアの起動

Cloud Code には、アプリケーションのモニタリングに役立つログビューアが付属しています。

ログビューアを起動するには、コマンド パレット(Ctrl / Cmd + Shift + P キーを押すか、歯車アイコン 管理アイコン が付いた [Manage] メニューからアクセス)を使用して、「Cloud Code: View Logs」と入力します。

ヒント: アプリケーションの種類に応じて、Kubernetes Explorer または Cloud Run Explorer でリソースを見つけて右クリックします。[View logs] を選択して、指定したログをログビューアに表示することで、すばやくログにアクセスすることもできます。

クラスタからのログの表示

Cloud Logging の使用

Cloud Logging を有効にしたクラスタがある場合、ログビューアを開いて [Log Type] プルダウンから [Kubernetes Application Logs] を選択することで、これらのクラスタからすべての Kubernetes ログを見つけられます。

別のクラスタに切り替えるには、[Cluster] プルダウンからクラスタ名を選択します。

選択したクラスタのログを表示するログビューア

kubectl の使用

kubectl を使用して現在のアクティブ クラスタから Kubernetes ログを表示する場合は、プルダウンから [Kubectl Logs] を選択します。[Deployment] または [Pod] プルダウンを使用して、ログを表示する Deployment または Pod を選択する必要があります。

ログビューア検索ボックス内の [Deployment] フィールドを「node-hello-world」に設定して、Cloud Logging 以外のクラスタのログを表示する

Cloud Run の使用

Cloud Run サービスからログを表示する場合は、[Log Type] プルダウンから [Cloud Run Logs] を選択します。ログを表示するには、[Service] プルダウンから [Cloud Run Service] を選択する必要があります。[Revision] プルダウンを使用して、リビジョン別に結果をフィルタすることもできます。

Cloud Run サービスのログの表示

ログのストリーミング

継続的に更新されるログを受け取る場合は、[Streaming] スライダーをオンにします。

検索結果の絞り込み

ページの上部にある検索ボックスを使用して、ログビューアに表示される結果に対して基本的なテキスト フィルタリングができます。これには、Namespace、Deployment、Pod、コンテナ、時間によるフィルタリングが含まれます。また、Cloud Logging が有効になっているクラスタの場合は、重大度でフィルタすることもできます。

ヒント: [Time] 列の横にある [その他メニュー] アイコンを選択してタイムゾーンを選ぶことで、表示時間を希望のタイムゾーンに変更できます。

時間ラベルの近くにある [その他のメニュー] を使用して時間を [Local time] に設定し、さらに、検索ボックス内の [deployment] フィールドを [node-hello-world] に設定して、ログビューアの結果を絞り込む

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。