既存のアプリケーションの使用

Cloud Code は、内蔵した Skaffold を使用して、アプリケーションを実行またはデバッグします。

イメージを作成するために Kubernetes マニフェストと Dockerfile を使用して構成された既存のアプリケーションがある場合は、Cloud Code でそのアプリケーションを開いて使用できます。

追加する必要がある構成は、skaffold 構成とタイプ cloudcode.kubernetes起動構成のみです。アプリケーションを初めて実行またはデバッグする場合は、Cloud Code を使用してこれらの構成を作成する方法を説明します。

構成の設定

アプリケーションに必要な Skaffold 構成と起動構成が含まれていない場合は、次の手順を行う必要があります。

  1. Cloud Code のステータスバーから [Run on Kubernetes] または [Debug on Kubernetes] を選択します。

    Cloud Code のステータスバーから [Run on Kubernetes] を選択する

  2. [Run/Debug on Kubernetes] ダイアログで、任意のビルダーとその設定を指定します。

    また、ここで構成名をカスタマイズすることもできます。

    Builder オプションと構成名フィールドが表示された [Build Settings] ダイアログのスクリーンショット

  3. [実行] をクリックすると、新しく作成された skaffold.yaml と cloudcode.kubernetes 起動構成がワークスペースに追加され、アプリが実行されるか、デバッグの準備が整います。

すでに skaffold.yaml があるアプリケーションの構成の設定

すでにアプリケーションに skaffold.yaml ファイルがある場合、次の手順を実行します。

  1. Cloud Code のステータスバーから Run on Kubernetes または Debug on Kubernetes を選択します。

    Cloud Code のステータスバーから [Run on Kubernetes] を選択する

  2. (オプション)ワークスペースに複数の skaffold.yaml ファイルが存在する場合は、目的の skaffold.yaml ファイルを選択します。

    skaffold 構成ファイルの選択

  3. (オプション)skaffold.yaml に複数の Skaffold プロファイルが存在する場合は、Skaffold プロファイルを選択します。

    Skaffold プロファイルを選択する

  4. 新しく作成された cloudcode.kubernetes 起動構成が(.vscode/launch.json の)ワークスペースに追加され、アプリが実行されるか、デバッグの準備が整います。

Skaffold 構成の手動作成

Skaffold 構成を手動で作成して、カスタム オプションを定義することもできます。そのために、Cloud Code にはライブ テンプレートが用意されています。

Skaffold 構成を手動で作成するには:

  1. ワークスペースのルート ディレクトリに skaffold.yaml という名前の新しいファイルを作成します。

  2. ファイル内の Command/Ctrl+Space を押してスニペットの候補のリストを表示し、Skaffold - Getting-started スニペットを選択します。

    手動インテリセンスで Skaffold 構成を作成する

  3. イメージ フィールドにプロジェクト イメージ名を入力し、マニフェスト フィールドに IDE からデプロイする Kubernetes リソースのリストを入力します。

    Dockerfile ベースのビルドの例:

    build:
      artifacts:
        - image: image_name
    deploy:
      kubectl:
        manifests:
          - k8s/web.yaml
          - k8s/backend.yaml
    

    包括的なスキーマの詳細については、skaffold.yaml リファレンスをご覧ください。