Cloud Run へのサービスのデプロイ

すべての設定が完了したら、Cloud Run にサービスをデプロイしてサービスを公開できます。

実行構成の定義

サービスをデプロイする前に、実行構成を作成する必要があります。

  1. ナビゲーション バーの [Run/Debug configurations] セレクタに移動して、[構成を編集] をクリックします。
  2. 左側のペインで [Cloud Run: Deploy] をクリックします。
  3. Google Cloud プロジェクト ID を設定します。
  4. [Deployment Platform] で、プラットフォームの設定([Cloud Run] または [Cloud Run for Anthos])を選択します。各オプションの詳細については、Cloud Run プラットフォーム ガイドをご覧ください。

    • [Cloud Run] を選択した場合は、デプロイ先のリージョンを選択します。
    • [Cloud Run for Anthos] を選択した場合は、Kubernetes クラスタ情報を構成します。

      デプロイ プラットフォームのオプション: [Cloud Run (fully managed)](選択してリージョンを指定)と [Cloud Run for Anthos on GKE]

  5. サービスが公開 API またはウェブサイトである場合は、[認証] セクションで [未認証の呼び出しを許可] を選択します。それ以外の場合は、[Require authentication] を選択します。

  6. [Revision Settings] では、コンテナ イメージの保存場所(サービスのビルドとコンテナ化が完了した時点でサービスが保存される場所)が、コンテナ イメージの URL フィールドに自動的に入力されます。 この値は、Google Cloud のプロジェクトとサービスの名前に基づいています。

    必要に応じて、この値をオーバーライドできます。

    • Cloud Run と Cloud Run for Anthos のどちらの場合も、次のいずれかにイメージを保存できます。
      • Artifact Registry(形式は REGION-docker.pkg.dev/PROJECT_ID/REPO_NAME/IMAGE_PATH
        • REGION はリポジトリでサポートされているリージョンです。
        • PROJECT_ID は、クラスタを含む Google Cloud プロジェクトの ID です。
        • REPO_NAME は、イメージが保存されているリポジトリの名前です。
        • IMAGE_PATH は、イメージへのパスです
    • Container Registry(形式は gcr.io/PROJECT_ID/IMAGE_NAME
      • PROJECT_ID は、Google Cloud プロジェクトの ID です。
      • IMAGE_NAME は、コンテナ イメージ リポジトリを指します。
    • Cloud Run for Anthos を使用している場合、docker.io/ACCOUNT の形式を使用して Docker Hub にイメージを保存できます。ここで、ACCOUNT は Docker Hub アカウントの名前です。非公開の Docker Hub リポジトリを使用する場合は、適切に認証されるようにしてください。

      サンプル フィールド(プロジェクト ID とリージョン)が入力された状態で開かれている実行 / デバッグ構成

  7. [Build settings] で、ローカルでビルドするか Cloud Build でビルドするかを選択します。

    M シリーズ シリコンを使用する Apple マシンを使用している場合は、Cloud Build を使用して、x86 イメージのみをサポートする Cloud Run にデプロイする必要があります(料金が発生する可能性があります)。Cloud Code では、Cloud Build を使用して x86 イメージをビルドできます。詳細については、Apple M シリーズ シリコンに対する Cloud Code のサポートをご覧ください。

  8. ビルダーとプラグインを選択します。

    Cloud Code は、Docker、Jib、Buildpacks のアーティファクト タイプをサポートしています。

  9. [OK] をクリックします。

オプション: 構成のカスタマイズ

サービスをデプロイする際に、サービス アカウントや環境変数などの追加の設定を指定できます。Cloud Run を使用する場合は VPC コネクタや SQL 接続を指定できます。[構成を編集] を選択する際に、[Advanced revision settings] セクションで追加設定を指定します。

環境変数:

次の環境変数が実行中のコンテナに自動的に追加されます。

名前 説明
PORT HTTP サーバーでリッスンする必要があるポート。 8080
K_SERVICE 実行されている Cloud Run サービスの名前。 hello-world
K_REVISION 実行されている Cloud Run リビジョンの名前。 hello-world.1
K_CONFIGURATION リビジョンを作成した Cloud Run 構成の名前。 hello-world

サービスをデプロイする

サービスをデプロイするには、次の手順に沿って操作します。

  1. 上部のタスクバーの [Run/Debug configurations] ダイアログから、実行ターゲットを選択します。
  2. アクションの実行アイコン [実行] をクリックします。
  3. 出力ウィンドウに表示された URL を使用して、実行中のサービスを表示します。
  4. 出力ウィンドウに表示されるログ URL に沿って、サービスのステータス(指標、リビジョンの詳細など)を表示することもできます。

    Console でのサービスのステータスの表示

サポートの利用

IntelliJ IDE でフィードバックを送信するか、問題を報告するには、[Tools] > [Cloud Code] > [Help / About] > [Submit feedback or report an issue] を選択します。ここから、GitHub で問題を報告したり、Stack Overflow で質問したりできます。

また、Google Cloud Slack コミュニティの 1 つである、#cloud-code チャンネルにも参加できます。