コンテナ イメージ設定の構成

Kubernetes でアプリケーションを実行またはデバッグするには、[Develop on Kubernetes] 実行構成で構成することにより、プロジェクトのコンテナ イメージ リポジトリを定義する必要があります。Artifact Registry や Container Registry などの任意のイメージ リポジトリ プロバイダを使用できます。

IDE で Google Cloud にログインし、デフォルト プロジェクトが定義されている場合、Cloud Code はデフォルトのコンテナ イメージ リポジトリ(gcr.io/PROJECT_ID)を自動的に使用します。ここで、PROJECT_ID はデフォルト プロジェクトを参照します。

コンテナ イメージの保存場所の指定

プロジェクト イメージが push されようとしているイメージ リポジトリを更新する場合は、次の手順に従います。

  1. ナビゲーション バーの [Run/Debug configuration] セレクタまたはトップレベルのメインメニューで [Run] > [Edit Configurations] > [Develop on Kubernetes] > [Image repository] に移動します。

  2. [Image repository] フィールドに入力します。

    実行構成のデフォルトのイメージ リポジトリが「gcr.io/」形式で設定され、現在のプロジェクトとアクティブなクラスタに基づいてオートコンプリート オプションが表示される。

    GKE
    • 次の形式でイメージを Artifact Registry に保存できます。

      REGION-docker.pkg.dev/PROJECT_ID/REPO_PATH

    • REGION はリポジトリでサポートされているリージョン、PROJECT_ID はクラスタを含む Google Cloud プロジェクトの ID、REPO_PATH はリポジトリのロケーションです。

      コンテナ イメージの管理用のサービスには Artifact Registry が推奨されるため、Container Registry からの移行を検討してください。Container Registry iのサポートは継続されますが、重要なセキュリティ修正のみが適用されます。
    • 次の形式でイメージを Container Registry に保存することもできます。

      gcr.io/PROJECT_ID

      PROJECT_ID は、クラスタを含む Google Cloud プロジェクトの ID です。
    Docker Hub
    • 非公開 Docker Hub リポジトリを使用している場合は、適切に認証されていることを確認します。
    • 次の形式を使用します。

      docker.io/ACCOUNT

    • ACCOUNT は、Docker Hub アカウントの名前です。

イメージ名の作成

生成されるイメージ名は、指定したデフォルト イメージ リポジトリと、プロジェクトの Kubernetes リソースのイメージ名を連結した名前となります。Java Guestbook の例では、Container Registry が選択されると、生成される完全なイメージ名は gcr.io/PROJECT_ID/java-guestbook になります。

一般的なイメージ リポジトリの形式

次に示すのは、一般的なレジストリの場合にコンテナ イメージの保存場所を指定する方法の例です。

Docker Hub docker.io/ACCOUNT
Container Registry gcr.io/PROJECT_ID
Artifact Registry REGION-docker.pkg.dev/PROJECT_ID/REPO_PATH
AWS Elastic Container Registry(ECR) AWS_ACCOUNT_ID.dkr.ecr.REGION.amazonaws.com/MY_APP
Azure Container Registry(ACR) MY_ACR_NAME.azurecr.io/MY_APP