bash スクリプトの実行

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、ビルドステップ内で bash スクリプトを実行するように Cloud Build を構成する方法について説明します。Cloud Build を初めて使用する場合は、最初にクイックスタートビルド構成の概要をご覧ください。

ビルドステップ内で bash スクリプトを実行すると、次のような多数のワークフローを構成できます。

  • 1 つのビルドステップで複数のコマンドを実行する。
  • ファイル システムからの読み取りを行う。
  • 再試行や条件などのロジックを組み込む。
  • ログへの出力を行う(例: echo $VARNAME の実行)。

script フィールドの使用

Cloud Build には、ビルドステップで実行するシェル スクリプトを指定するために使用できる script フィールドが用意されています。script フィールドは 1 つの文字列値を取ります。スクリプトを解釈するシェルを指定するには、文字列の値の先頭に シバン を追加します。スクリプト文字列の先頭にシバンを指定しないと、Cloud Build は Bash シェルではなく、基本的な Shell シェルである #!/bin/sh を使用します。

ビルドステップで script を指定する場合、同じステップで args または entrypoint を指定することはできません。

次のスニペットは、script フィールドを示しています。

YAML

steps:
- name: ubuntu
  script: echo hello
- name: python
  script: |
    #!/usr/bin/env python
    print('hello from python')

JSON

{
  "steps": [
  {
    "name": "ubuntu",
    "script": "echo hello"
  },
  {
    "name": "python",
    "script": "#!/usr/bin/env python\nprint('hello from python')\n"
  }
  ]
}

script フィールドでの置換の使用

script フィールドは代入変数をサポートしていません。置換を使用する場合は、これらを環境変数として追加します。

次のスニペットは、プロジェクト ID を使用して環境変数を設定する方法を示しています。

build {
  steps {
    name: "ubuntu"
    env: "BAR=${PROJECT_ID}"
    script: "echo $BAR"
  }
}

ディスクでの bash スクリプトの実行

bash スクリプトをファイルに保存している場合は、このファイルをビルドソースとともに保存し、ビルド構成ファイル内でスクリプト ファイルを参照します。

YAML

steps:
- name: 'bash'
  args: ['./myscript.bash']

JSON

{
  "steps": [
  {
    "name": "bash",
    "args": [
      "./myscript.bash"
     ]
  }
  ]
}

使用しているイメージのデフォルトのエントリ ポイントが bash スクリプトでない場合、bash スクリプトを使用するには、bash を指す entrypoint フィールドを追加します。

YAML

steps:
- name: 'gcr.io/cloud-builders/gcloud'
  entrypoint: 'bash'
  args: ['tools/myScript.sh','--foo']

JSON

{
  "steps": [
  {
    "name": "gcr.io/cloud-builders/gcloud",
    "entrypoint": "bash",
    "args": [
      "tools/myScript.sh",
      "--foo"
    ]
  }
  ]
}

インライン bash スクリプトの実行(レガシー)

bash イメージを使用して bash コマンドを実行するには、ビルドステップの name として bash を指定し、args フィールドにコマンドを指定します。

YAML

steps:
- name: 'bash'
  args: ['echo', 'I am running a bash command']

JSON

{
  "steps": [
    {
      "name": "bash",
      "args": [
        "echo",
        "I am running a bash command"
       ]
    }
  ]
}

使用しているイメージに bash があらかじめパッケージ化されているものの bash がデフォルトのエントリ ポイントでない場合は、bash を指す entrypoint フィールドを追加します。以下の例では、bash エントリ ポイントを使用して、Cloud Build にビルド ステータスをクエリし、失敗したステータスを含むビルドを一覧表示する gcloud コマンドを実行します。

YAML

steps:
- name: 'gcr.io/google.com/cloudsdktool/cloud-sdk'
  entrypoint: 'bash'
  args:
  - '-eEuo'
  - 'pipefail'
  - '-c'
  - |-
    gcloud builds list > builds.txt
    while read line; do
        if grep -q "FAILURE" <<< "$line"; then
            echo "$line"
        fi
    done < builds.txt

JSON

{
  "steps": [
  {
    "name": "gcr.io/google.com/cloudsdktool/cloud-sdk",
    "entrypoint": "bash",
    "args": [
      "-eEuo",
      "pipefail",
      "-c",
      "gcloud builds list > builds.txt\nwhile read line; do\n    if grep -q \"FAILURE\" <<< \"$line\"; then\n        echo \"$line\"\n    fi\ndone < builds.txt"
    ]
  }
  ]
}

上のコードの -c フラグは、複数行コマンドを実行するために使用します。-c の後に渡した文字列はすべてコマンドとして扱われます。-c を使用した bash コマンドの実行の詳細については、bash のドキュメントをご覧ください。

次のステップ