リクエストの送信

このトピックでは、簡単なリクエストを Cloud Billing API に送信する方法を説明します。

すべてのメソッドの一覧については、REST または RPC リファレンス ドキュメントをご覧ください。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Cloud Billing API を有効にします。

    API を有効にする

  5. サービス アカウントを作成します。

    1. Cloud Console で [サービス アカウントの作成] ページに移動します。

      [サービス アカウントの作成] に移動
    2. プロジェクトを選択します。
    3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。Cloud Console は、この名前に基づいて [サービス アカウント ID] フィールドに入力します。

      [サービス アカウントの説明] フィールドに説明を入力します。例: Service account for quickstart

    4. [作成] をクリックします。
    5. [ロールを選択] フィールドをクリックします。

      [クイック アクセス] で [基本]、[オーナー] の順にクリックします。

    6. [続行] をクリックします。
    7. [完了] をクリックして、サービス アカウントの作成を完了します。

      ブラウザ ウィンドウは閉じないでください。次のステップでこれを使用します。

  6. サービス アカウント キーを作成します。

    1. Cloud Console で、作成したサービス アカウントのメールアドレスをクリックします。
    2. [キー] をクリックします。
    3. [鍵を追加]、[新しい鍵を作成] の順にクリックします。
    4. [作成] をクリックします。JSON キーファイルがパソコンにダウンロードされます。
    5. [閉じる] をクリックします。
  7. 環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を、サービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに設定します。 この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定します。

Cloud 請求先アカウントのリストを取得する

すべての Cloud 請求先アカウントを一覧表示する API メソッド(RESTRPC)には必須パラメータがありません。API で最もシンプルなメソッドであり、リクエストの送信を試してみるのにちょうどよいものとなっています。このメソッドは、表示する権限を持っているすべての請求先アカウントを返します。

プロトコル

GET https://cloudbilling.googleapis.com/v1/billingAccounts

Java

    ListBillingAccountsResponse result = service.billingAccounts().list().execute();

特定の Cloud 請求先アカウントを取得する

特定の請求先アカウントを取得する(RESTRPC)には、請求先アカウントの ID が必要になります。この例では、サンプル ID 012345-567890-ABCDEF を使用します。

プロトコル

GET https://cloudbilling.googleapis.com/v1/billingAccounts/012345-567890-ABCDEF

Java

    BillingAccount result = service.billingAccounts()
        .get("billingAccounts/00C5EA-61187E-D842F2").execute();

Google Cloud プロジェクトで Cloud Billing を有効にする

Cloud プロジェクトに対して Cloud Billing を有効にするには、Cloud Billing API を呼び出し、Cloud プロジェクトを既存の Cloud 請求先アカウントに関連付ける必要があります(RESTRPC)。次のサンプルコードは、Cloud プロジェクト tokyo-rain-123 を Cloud 請求先アカウント 012345-567890-ABCDEF に関連付けます。ちなみに、billingAccountName の設定を空にしておくことで、同じ API メソッドを使って Cloud プロジェクトに対する Cloud Billing を無効にできます。

プロトコル

PUT https://cloudbilling.googleapis.com/v1/projects/tokyo-rain-123/billingInfo

{
  "billingAccountName": "billingAccounts/012345-567890-ABCDEF"
}

Java

    service.projects().updateBillingInfo(
            "projects/tokyo-rain-123",
            new ProjectBillingInfo().setBillingAccountName("billingAccounts/012345-567890-ABCDEF"))
        .execute();

クリーンアップ

  1. Cloud Console で [リソースの管理] ページに移動します。

    [リソースの管理] に移動

  2. プロジェクト リストで、削除するプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。
  3. ダイアログでプロジェクト ID を入力し、[シャットダウン] をクリックしてプロジェクトを削除します。