リクエストの送信

このトピックでは、簡単なリクエストを Google Cloud Billing API に送信する方法を説明します。

すべてのメソッドの一覧については、REST または RPC リファレンス ドキュメントをご覧ください。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    [リソースの管理] ページに移動

  3. プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。

    課金を有効にする方法について

  4. {% dynamic if "no_credentials" in setvar.task_params %}{% dynamic setvar credential_type %}NO_AUTH{% dynamic endsetvar %}{% dynamic if not setvar.redirect_url %}{% dynamic setvar redirect_url %}https://console.cloud.google.com{% dynamic endsetvar %}{% dynamic endif %}{% dynamic endif %}{% dynamic if setvar.in_henhouse_no_auth_whitelist %}{% dynamic if not setvar.credential_type %}{% dynamic setvar credential_type %}NO_AUTH{% dynamic endsetvar %}{% dynamic endif %}{% dynamic elif setvar.in_henhouse_service_account_whitelist %}{% dynamic if not setvar.credential_type %}{% dynamic setvar credential_type %}SERVICE_ACCOUNT{% dynamic endsetvar %}{% dynamic endif %}{% dynamic endif %}{% dynamic if not setvar.service_account_roles and setvar.credential_type == "SERVICE_ACCOUNT" %}{% dynamic setvar service_account_roles %}{% dynamic endsetvar %}{% dynamic endif %}{% dynamic setvar console %}{% dynamic if "no_steps" not in setvar.task_params %}
  5. {% dynamic endif %}{% dynamic if setvar.api_list %}{% dynamic if setvar.in_henhouse_no_auth_whitelist or setvar.in_henhouse_service_account_whitelist %}GCP Console プロジェクトをセットアップします。

    プロジェクトをセットアップする

    クリックして、以下を行います。

    • プロジェクトを作成または選択します。
    • プロジェクトに{% dynamic if setvar.api_names %}{% dynamic print setvar.api_names %}{% dynamic else %}必要な{% dynamic endif %}{% dynamic if "," in setvar.api_list %} API{% dynamic elif "API" in setvar.api_names %}{% dynamic else %} API{% dynamic endif %} を有効にします。
    • {% dynamic if setvar.credential_type == 'SERVICE_ACCOUNT' %}
    • サービス アカウントを作成します。
    • JSON として秘密鍵をダウンロードします。
    • {% dynamic endif %}

    これらのリソースは、GCP Console でいつでも表示および管理できます。

    {% dynamic else %}{% dynamic if "no_text" not in setvar.task_params %}{% dynamic if setvar.api_names %}{% dynamic print setvar.api_names %}{% dynamic else %}必要な{% dynamic endif %}{% dynamic if "," in setvar.api_list %} API{% dynamic elif "API" in setvar.api_names %}{% dynamic else %} API{% dynamic endif %} を有効にします。 {% dynamic endif %}

    {% dynamic if "," in setvar.api_list %}API{% dynamic else %}API{% dynamic endif %}を有効にする

    {% dynamic endif %}{% dynamic endif %}{% dynamic if "no_steps" not in setvar.task_params %}
  6. {% dynamic endif %}{% dynamic endsetvar %}{% dynamic print setvar.console %}
  7. 認証情報の設定:
    1. GCP Console で [サービス アカウントキーの作成] ページに移動します。

      [サービス アカウントキーの作成] ページに移動
    2. [サービス アカウント] プルダウン リストから [新しいサービス アカウント] を選択します。
    3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。
    4. [役割] プルダウン リストで、[プロジェクト] > [オーナー] を選択します。

      : [役割] フィールドの設定により、リソースにアクセスするサービス アカウントが承認されます。後で GCP Console を使用して、このフィールドを表示したり変更したりできます。本番環境アプリケーションを開発している場合は、[プロジェクト] > [オーナー] よりも詳細な権限を指定します。詳しくはサービス アカウントへの役割の付与をご覧ください。
    5. [作成] をクリックします。キーが含まれている JSON ファイルがパソコンにダウンロードされます。
  8. 環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのファイルパスに設定します。この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定してください。

請求先アカウントのリストを取得する

すべての請求先アカウントを一覧表示する API メソッド(RESTRPC)には必須パラメータがありません。API で最もシンプルなメソッドであり、リクエストの送信を試してみるのにちょうどよいものとなっています。このメソッドは、表示する権限を持っているすべての請求先アカウントを返します。

プロトコル

GET https://cloudbilling.googleapis.com/v1/billingAccounts

Java

    ListBillingAccountsResponse result = service.billingAccounts().list().execute();

特定の請求先アカウントを取得する

特定の請求先アカウントを取得する(RESTRPC)には、請求先アカウントの ID が必要になります。この例では、サンプル ID 012345-567890-ABCDEF を使用します。

プロトコル

GET https://cloudbilling.googleapis.com/v1/billingAccounts/012345-567890-ABCDEF

Java

    BillingAccount result = service.billingAccounts()
        .get("billingAccounts/00C5EA-61187E-D842F2").execute();

プロジェクトに対する請求を有効にする

プロジェクトに対する請求を有効にするには、API を呼び出し、プロジェクトを既存の請求先アカウントと関連付ける必要があります(RESTRPC)。次のサンプルコードは、プロジェクト tokyo-rain-123 を請求先アカウント 012345-567890-ABCDEF に関連付けます。ちなみに、billingAccountName の設定を空にしておくことで、同じ API メソッドを使ってプロジェクトに対する請求を無効にできます。

プロトコル

PUT https://cloudbilling.googleapis.com/v1/projects/tokyo-rain-123/billingInfo

{
  "billingAccountName": "billingAccounts/012345-567890-ABCDEF"
}

Java

    service.projects().updateBillingInfo(
            "projects/tokyo-rain-123",
            new ProjectBillingInfo().setBillingAccountName("billingAccounts/012345-567890-ABCDEF"))
        .execute();

クリーンアップ

  1. GCP Console で [プロジェクト] ページに移動します。

    プロジェクト ページに移動

  2. プロジェクト リストで、削除するプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。
  3. ダイアログでプロジェクト ID を入力し、[シャットダウン] をクリックしてプロジェクトを削除します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。