Google Cloud India TDS 証明書

この記事は、Google Cloud India のお客様を対象としています。

源泉徴収税について

インドの源泉徴収税(TDS)規則では、所得源泉から所得税を徴収する必要があります。つまり、Google に課税対象の支払いを行う場合は、支払いから既定の税率の税金を差し引いて中央インド政府に税金を送金する必要があります。

TDS について詳しくは、インド政府 Income Tax Department のウェブサイト Tax Deducted at Source(TDS)をご覧ください。

差し引かれた金額のクレジットをお受け取りになるには、Google に TDS 証明書をお送りいただく必要があります。TDS 証明書は、該当するインド税法に規定されたタイムラインに従って四半期ごとにお送りいただく必要があります。6 月、9 月、12 月、3 月に終了する四半期の証明書は、それぞれ 7 月 30 日、10 月 30 日、1 月 30 日、5 月 15 日までに発行される必要があります。

前会計年度の TDS 証明書は、現会計年度の 6 月 1 日以降にお送りいただいた場合、お受けできません。たとえば、2017 会計年度の証明書はすべて 2018 年 5 月 31 日までにお送りいただく必要があります。

TDS クレジットの対象のお客様

TDS クレジットは、利用規約に基づいて Google Cloud India のお客様のみが対象となります。

Google に TDS 証明書を送信する

これは、毎月の請求書発行と自動(クレジット カード)支払いの両方に適用されます。

インド政府からデジタル署名された TDS 証明書(電子署名または署名済み証明書の PDF スキャン)をお持ちの場合は、課金に関するサポートを開いて Google に直接お送りください。証明書の有効性が確認され、クレジット金額が承認されると、7 営業日以内にクレジットがアカウントに追加されます。

TDS 証明書がインド政府から電子署名されていない場合は、TDS 証明書のコピーを、16 桁のお支払い口座番号が記載されたカバーレターとともに以下の住所にお送りください。

Google Cloud India Pvt Ltd
9th Floor, Building 8, Tower C
DLF Cyber City, DLF Phase 2
Gurgaon, Haryana
122002 India

書類をお送りいただいた後、課金に関するサポートを開いて宅配便の領収明細を Google にお知らせください。この情報の受領後、Google ではすべての書類が有効であることを確認し、お客様のアカウントにクレジットを適用します。

Google Cloud India に TDS 証明書が配送されてから、処理が完了するまで 7 営業日お待ちください。

源泉徴収税の払い戻し

TDS の払い戻しは、Google Cloud Platform アカウントのご使用がなくなり、アカウントが取り消された場合にのみ発行されます。払い戻しについては、課金に関するサポートを開いて直接お問い合わせください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。