請求レポート: プロジェクト階層ごとの費用の分析

プロジェクト階層ごとに費用を表示すると、フォルダまたは組織ごとに費用を分析するのに役立ちます。たとえば、組織内のフォルダを使用してコストセンターを表している場合、これらのコストセンターですべての費用をグループ化して効率的にレポートを構成できます。

組織ごとの費用やフォルダごとの費用など、プロジェクト階層ごとの費用を分析するには、レポートの [グループ条件] オプションを [プロジェクト階層] に設定します。また、レポートのフォルダと組織フィルタを使用して、特定のフォルダまたは組織を選択し、レポートに返されるデータに焦点を合わせることもできます。

プロジェクト階層でグループ化するように構成されたレポートを表示します。

プロジェクトとリソース階層について

プロジェクトは、すべての Google Cloud サービスの作成、有効化、使用の基礎となります。フォルダは、リソース階層組織ノード配下のプロジェクトをグループ化する場合に使用します。フォルダ内には、プロジェクトや他のフォルダが存在します。各リソースの親は 1 つだけです。

Google Cloud のリソース階層は、エンティティを階層的に編成して管理している点では、従来のオペレーティング システムのファイル システムに類似しています。コスト管理の観点では、組織内のフォルダを使用してコストセンター(DevopsFinance など)を表すことができます。プロジェクト階層ごとに費用を表示して、フォルダごとに費用を分析できます。

[プロジェクト階層] は、プロジェクトの祖先を表すもので、プロジェクトのリソース階層をマッピング([組織] > [フォルダ] > [プロジェクト])したものです。プロジェクトは単独(つまり、フォルダまたは組織に関連付けられていない)か、組織またはフォルダの子になります。プロジェクト階層は、現在と過去のプロジェクトの祖先を追跡します。たとえば、プロジェクト名の変更や、別のフォルダや組織へのプロジェクトの移動は、過去プロジェクトの祖先に影響します。

リソース階層と Cloud Billing をより深く理解するには、Cloud Billing のコンセプト、リソース階層をご覧ください。

プロジェクト階層を表示するようにレポートを構成する

プロジェクト階層(組織 > フォルダ > プロジェクト)ごとに費用を表示するには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud Console で、分析する Cloud 請求先アカウントのレポートページを開きます
  2. レポートの [フィルタ] で、期間を設定して 2022 年 1 月 1 日以降の開始日を使用します。
  3. [グループ条件] セレクタで、[プロジェクト階層] を選択します。

    レポートは、[組織] > [フォルダ] > [プロジェクト] の組み合わせごとに 1 行を返します(テーブルには、[プロジェクト]、[プロジェクト ID]、[プロジェクト番号]、[プロジェクト階層] 列が含まれます)。

    [プロジェクト階層] 列の値は、[組織名] > [フォルダ名] を示します。

プロジェクト階層でグループ化してレポートを分析する

  • さまざまな列でテーブルデータを並べ替え、プロジェクト階層の費用を異なる方法で表示できます。

    • 同じプロジェクト階層を持つすべてのプロジェクトを可視化するには、テーブルを [プロジェクト階層] 列で並べ替えます。
    • 複数の祖先に関連付けられている同じプロジェクトがある場合に可視化するには、テーブルを [プロジェクト ID] 列で並べ替えます。
  • [フォルダと組織] フィルタを使用して、レポートのプロジェクト階層の結果を絞り込むことができます。

  • [プロジェクト階層] でグループ化されているレポートを表示しているときに、レポートの期間を変更して 2022 年 1 月 1 日より前の日付を開始日に含めると、[グループ条件] の選択は自動更新され、[プロジェクト] でグループ化されます。

  • フィルタでフォルダまたは組織を選択し、2022 年 1 月 1 日より前の開始日を含むように期間を更新した場合、フォルダまたは組織の選択が削除されます。

プロジェクト祖先の変化を把握して分析する

分析対象の期間では、同じプロジェクトがレポート テーブルの複数の行に表示される可能性があります。このような状況は、プロジェクトの祖先に関連するものが変更された場合に発生します。プロジェクトの祖先に影響する変更は次のとおりです。

  • プロジェクト名を変更する
  • プロジェクトを別の組織またはフォルダに移動する
  • 親フォルダの名前を変更する
  • 親フォルダを別のフォルダや組織に移動する

複数の祖先に関連付けられたプロジェクトがある場合に可視化するには、[プロジェクト ID] 列でテーブルデータを並べ替えます

プロジェクト階層の変更例

以下の例は、プロジェクトの祖先に関連する何かが変更され、その変更がレポートの結果にどのように影響するかを、結果をどのようにグループ化したのかに応じて示しています。

いずれの例も、2022 年 1 月 1 日より後に、プロジェクトの祖先に影響する変更が発生したことを前提としています。

例 1: プロジェクト名の変更

プロジェクトの表示名は編集できますが、プロジェクト ID とプロジェクト番号は不変で固定です。

プロジェクトによるグループ化

プロジェクト(名) プロジェクト ID プロジェクト番号
現在のプロジェクト名 my-project-1 123456

プロジェクト階層によるグループ化

プロジェクト(名) プロジェクト ID プロジェクト番号 プロジェクト階層
古いプロジェクト名 my-project-1 123456 Org1.net > folder1
現在のプロジェクト名 my-project-1 123456 Org1.net > folder1

プロジェクト階層でグループ化する場合のプロジェクト名の変更に関する注意事項

  • レポート期間について、プロジェクト名の変更後にプロジェクトが使用されていない場合、プロジェクトは古いプロジェクト名で 1 行だけ表示されます。
  • レポート期間について、選択した期間がプロジェクト名の変更日より後に開始される場合、プロジェクトは現在のプロジェクト名で 1 行だけ表示されます。
  • プロジェクト フィルタを使用してプロジェクトを選択した場合、オプションのリストに表示されるプロジェクト名は常に現在のプロジェクト名です。プロジェクト ID は編集できず、プロジェクト名が編集されても同じままです。

例 2: プロジェクトを別の親フォルダに移動する

この例では、My test project は folder1 から folder2 に移動しています。移動後、My test project は folder2 の子になります。フォルダは常に親組織の子になります。

プロジェクトによるグループ化

プロジェクト(名) プロジェクト ID プロジェクト番号
My test project my-project-1 123456

プロジェクト階層によるグループ化

プロジェクト(名) プロジェクト ID プロジェクト番号 プロジェクト階層
My test project my-project-1 123456 Org1.net > folder1
My test project my-project-1 123456 Org1.net > folder2

例 3: 親フォルダを別のフォルダに移動する

この例では、folder1 をテストフォルダに移動します。移動後、folder1 は親テストフォルダの子(サブフォルダ)になります。フォルダは常に親組織の子になります。

プロジェクトによるグループ化

プロジェクト(名) プロジェクト ID プロジェクト番号
My test project my-project-1 123456

プロジェクト階層によるグループ化

プロジェクト(名) プロジェクト ID プロジェクト番号 プロジェクト階層
My test project my-project-1 123456 Org1.net > folder1
My test project my-project-1 123456 Org1.net > test folder > folder1

例 4: 親フォルダの名前変更

フォルダの表示名は編集できますが、フォルダ ID は不変で固定です。

プロジェクトによるグループ化

プロジェクト(名) プロジェクト ID プロジェクト番号
My test project my-project-1 123456

プロジェクト階層によるグループ化

プロジェクト(名) プロジェクト ID プロジェクト番号 プロジェクト階層
My test project my-project-1 123456 Org1.net > 古いフォルダ名
My test project my-project-1 123456 Org1.net > 新しいフォルダ名

プロジェクト階層でグループ化する場合のフォルダ名の変更に関する注意事項

  • レポート期間について、フォルダ名の変更後にフォルダ内のプロジェクトが使用されていない場合、フォルダは Org > 古いフォルダ名で 1 行だけ表示されます。
  • レポート期間について、選択した期間がフォルダ名の変更日より後に開始される場合、フォルダは現在のフォルダ名で 1 行だけ表示されます。
  • また、フォルダと組織フィルタを使用してフォルダを選択する場合、オプションのリストに表示されるフォルダ名は常に現在のフォルダ名になります。フォルダ ID(フォルダ名の下に表示されます)は編集できず、フォルダ名の編集後も同じままです。

例 5: プロジェクトを別の組織に移動する

この例では、My test project は Org1.net から Org2.com に移動され、プロジェクトはどのフォルダ内にもありません。移動後、My test project は Org2.com の子になります。

プロジェクトによるグループ化

プロジェクト(名) プロジェクト ID プロジェクト番号
My test project my-project-1 123456

プロジェクト階層によるグループ化

プロジェクト(名) プロジェクト ID プロジェクト番号 プロジェクト階層
My test project my-project-1 123456 Org1.net
My test project my-project-1 123456 Org2.com

例 6: プロジェクトを別の請求先アカウントに移動する

Cloud 請求先アカウントが、プロジェクトのリソース階層外に存在しています。プロジェクトを別の請求先アカウントに移動しても、プロジェクト階層はプロジェクトに接続したままになります。

プロジェクト階層によりグループ化

古い請求先アカウントのレポートを表示

プロジェクト(名) プロジェクト ID プロジェクト番号 プロジェクト階層
My test project my-project-1 123456 Org1.net > Folder1

新しい請求先アカウントのレポートを表示

プロジェクト(名) プロジェクト ID プロジェクト番号 プロジェクト階層
My test project my-project-1 123456 Org1.net > Folder1