ScoredDocument クラス

ScoredDocument クラスは、検索から返されるスコア ドキュメントを表します。このクラスは明示的に作成するものではなく、Index.search() の結果として返されます。

ScoredDocumentgoogle.appengine.api.search モジュールで定義されます。

コンストラクタ

MatchScorer クラスのコンストラクタは、次のように定義されます。

class ScoredDocument(doc_id=None, fields=None, language='en', sort_scores=None, expressions=None, cursor=None, rank=None)

検索から返されるスコア ドキュメントを表します。

引数

doc_id

表示された印刷可能な ASCII 文字列で、ドキュメントを識別します。先頭に「!」は使用できません。空白は ID から除外されます。ID を指定しない場合、検索サービスにより提供されます。

fields

ドキュメントのコンテンツを表す、反復可能な Field インスタンス。

language

フィールドの値で使用される言語を表す、2 文字の ISO 639.2 言語コード

sort_scores

並べ替えの評価で割り当てられるスコアのリスト。並べ替えの各次元が含まれます。プラスのスコアは昇順の並べ替えに使用され、マイナスのスコアは降順の並べ替えに使用されます。

expressions

要求された式の結果である計算済みフィールドのリスト。

cursor

ドキュメントに関連付けられたカーソル。

rank

ドキュメントのランクは、0 <= rank <= sys.maxint の場合に検索結果でドキュメントが返される順序を指定するのに使用します。指定しない場合、2011 年 1 月 1 日以降経過した秒数が使用されます。ドキュメントは 順序 ID の降順で返されます。

結果値

ScoredDocument クラスの新しいインスタンス。

例外

TypeError

いずれかのパラメータが無効なタイプであるか、不明な属性が渡されました。

ValueError

いずれかのパラメータの値が無効です。

プロパティ

ScoredDocument クラスのインスタンスには次のプロパティがあります:

sort_scores

API が検索の結果を並べ替える際に割り当てられるスコアのリストを返します。並べ替えの各次元が含まれます。プラスのスコアは昇順の並べ替えに使用され、マイナスのスコアは降順の並べ替えに使用されます。

expressions

式の評価の結果である計算済みフィールドのリスト。たとえば、次のフィールド式は、content フィールドの 'good story' というクエリに一致する結果から抽出された HTML スニペットを含むスニペット フィールドを計算するものです。

FieldExpression(name='snippet', 'snippet("good story", content)')
このクエリを指定すると、API は次の ScoredDocument.expression を返します。
HtmlField(name='snippet', value='that was a good story to finish')

cursor

次の検索結果セットを返す際の開始点として使用される結果に関連付けられたカーソル。Index.cursor_typeIndex.RESULT_CURSOR に設定しない限り、このプロパティは値を返しません。それ以外の場合は None を返します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python 2 の App Engine スタンダード環境