開発用サーバーでの push キューのテスト

このページでは、ローカル開発用サーバー(dev_appserver)を使用してアプリケーションの push キューをテストする際の制限事項について説明します。キューとタスクの設定は App Engine 本番環境で実行する場合の設定とほとんど同じですが、いくつか異なる点があります。

  • 開発用サーバーでは、キューの rate 属性と bucket-size 属性が無視されます。したがって、タスクは可能な限りその ETA に近くなるように実行されます。レートを 0 に設定しても、タスクが自動的に実行されなくなることはありません。
  • 開発用サーバーでは、再起動するとキューの状態は失われます。

開発用サーバーで push タスクが実行されないようにするには、サーバーの起動時に次の JVM フラグを使用します。

dev_appserver.sh --jvm_flag=-Dtask_queue.disable_auto_task_execution=true
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java 8 の App Engine スタンダード環境