開発環境に名前を付ける

クラウドベースのソフトウェア プロジェクトには複数の環境が必要です。これらの環境には、一般に devqastagingprod などの名前を付けます。これらの環境を互いに完全に分離することが重要です。通常、これらの環境には、まったく異なるオペレータ アクセス権限を付与します。たとえば、開発チームに dev 環境に対する完全アクセス権を付与する一方で、prod 環境に対しては限定的なアクセス権だけを付与し、prod 環境へのコードデプロイがすべて自動スクリプトのみで行われるようにします。また、環境ごとにデータを分離することも極めて重要になります。

上記の要件を満たす最適な方法は、複数の GCP プロジェクトを使用することです。複数の GCP プロジェクトを使用してコードとデータを完全に分離すれば、オペレータ権限をプロジェクトごとに管理できるためです。App Engine は稼働インスタンスを自動的にスケーリングするため、使用した分にのみ課金されます。たとえば、4 週間のうち 1 週間だけステージング環境が必要な場合に、残りの 3 週間分のインスタンス稼働費をお支払いいただく必要はありません。ただし、そのプロジェクトで保管されているデータについては費用が発生する点にご注意ください。

環境に名前を付ける

複数のサービスだけを使用してマイクロサービス アプリケーションを作成する場合は、各環境に GCP プロジェクトを 1 つずつ作成し、web-app-devweb-app-qaweb-app-prod などの環境に応じた名前を付けることができます。

また、複数のプロジェクトを使用してマイクロサービス アプリケーションを作成する場合でも、同じように環境を分離できます。ただし、web-app-devweb-app-produser-service-devuser-service-prod などのように、使用するプロジェクト数が多くなります。dev プロジェクトは他の dev プロジェクトだけを呼び出し、prod プロジェクトは他の prod プロジェクトだけを呼び出すようにするには、コードパターンを使用する必要があります。

複数の GCP プロジェクトを使用すると開発環境と本番環境を分離できます。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java 8 の App Engine スタンダード環境