App Engine 用の Google Cloud プロジェクトの設定

Google Cloud プロジェクトには、App Engine アプリケーションとその他の Google Cloud リソースが含まれています。

このトピックで説明する一般的なタスクを含め、すべての管理タスクは Google Cloud Console、Cloud SDKApp Engine Admin API で行うことができます。

App Engine スタンダード環境にアプリをデプロイする前に、一般的には以下を作成または設定する必要があります。

  1. Cloud プロジェクト
  2. App Engine アプリケーション
  3. 請求先アカウント

プロジェクトとアプリケーションの作成

新しい Google Cloud プロジェクトと App Engine アプリケーションを選択または作成することで、設定、認証情報、アプリのメタデータのコレクションの作成と管理を行えるようになります。App Engine ではすべてのプロジェクトで課金を有効にする必要がありますが、請求されるのは、プロジェクトで無料の割り当てを超過した場合のみです。

Cloud プロジェクトに App Engine アプリケーションを作成する権限を持つのはオーナーのロールのみです。オーナー以外のアカウントがアプリケーションでタスクを実行するには、そのアプリケーションがすでに存在する必要があります。たとえば、App Engine デプロイ担当者のロールを持つアカウントでサービス アカウントを使用してアプリをデプロイするには、App Engine アプリケーションを作成しておく必要があります。

gcloud

Cloud SDK をインストールした後、Cloud プロジェクトのオーナーのロールを持つアカウントで以下の gcloud コマンドを実行して Cloud プロジェクトと App Engine アプリケーションを作成します。

  1. 次のコマンドを実行して、Cloud プロジェクトを作成します。

    gcloud projects create
  2. 次のコマンドを実行して、リージョンを選択し、App Engine アプリケーションを作成します。

    gcloud app create
  3. Cloud Console の [お支払い] ページで課金を有効にします。詳細については、課金の有効化をご覧ください。

API

プログラムで Cloud プロジェクトと App Engine アプリケーションを作成するには、Resource Manager API と App Engine Admin API の両方を使用します。

  1. Cloud プロジェクトを作成するには、新しいプロジェクトの作成をご覧ください。

  2. App Engine アプリケーションを作成するには、App Engine アプリケーションの作成をご覧ください。

  3. Cloud Console の [お支払い] ページで課金を有効にします。詳細については、課金の有効化をご覧ください。

Console

課金を有効にして Cloud プロジェクトと App Engine アプリケーションを作成するには:

  1. [App Engine] ページに移動します。

    [App Engine] ページに移動

  2. Cloud プロジェクトを選択または作成します。

  3. [Java 8 を使用する最初のアプリ] ページでリージョンを選択し、課金を有効にします。

    1. App Engine アプリケーションを配置する場所を指定するためにリージョンを選択します。
      App Engine のロケーションの詳細

    2. 請求先アカウントを選択または作成して、プロジェクト内で課金を有効にします。

プロジェクト内に App Engine アプリケーションが作成されると、[ダッシュボード] ページが開きます。

課金の有効化

アプリをデプロイするには、課金を有効にする必要があります。無料の割り当て範囲内である場合は、アカウントには課金されません。無料の割り当てを越えるリソースがアプリケーションに必要な場合には、追加の使用分について課金されます。

Cloud プロジェクトの作成時に請求先アカウントが存在する場合は、そのプロジェクトで課金が自動的に有効になります。

Cloud プロジェクトで課金を有効にするには:

  1. Cloud Console で [お支払い] ページに移動します。

    [お支払い] ページに移動

  2. Cloud プロジェクトを選択または作成します。

  3. 請求先アカウントが存在するか、選択した Cloud プロジェクトがアカウントに関連付けられているかにより、[お支払い] ページに次のいずれかが表示されます。

    • 選択した Cloud プロジェクトで課金がすでに有効になっている場合は、プロジェクトの請求先アカウントの詳細が一覧表示されます。

    • 請求先アカウントが存在しない場合は、請求先アカウントを作成し、選択した Cloud プロジェクトに関連付けるように求めるプロンプトが表示されます。

    • 請求先アカウントが存在しても、選択した Cloud プロジェクトと関連付けられていない場合は、課金を有効にするように求めるプロンプトが表示されます。[キャンセル]、[アカウントを作成] の順にクリックし、新しい請求先アカウントを作成して関連付けることもできます。

課金を有効にした後は、課金額の上限がなくなります。アプリケーションの費用を細かく管理するために、予算を作成してアラートを設定できるようになっています。

使用量上限の変更または削除

使用量上限を使用すると、1 日にスタンダード環境で使用する App Engine リソースの課金に対しておおよその上限を指定できます。

使用量上限の変更

既存の使用量上限を変更するには:

  1. Cloud Console で [アプリケーションの設定] ページに移動します。

    [アプリケーションの設定] ページに移動

  2. [編集] をクリックして、新しい使用量上限を指定します。1 日の費用の上限を増やすと、新しい上限がすぐに有効になります。

  3. [保存] をクリックして、この Cloud プロジェクトに対する使用量上限を設定します。複数の Cloud プロジェクトがある場合は、プロジェクトごとに使用量上限を個別に設定する必要があります。

使用量上限は、App Engine リソースの消費にのみ適用されます。他の Google Cloud リソースへは適用されず、それぞれの使用量に応じて課金されます。また、アプリケーションが無効になっている間に、費用制限を少し超過することがあります。

使用量上限の削除

プロジェクトから使用量上限を削除すると、以降、そのプロジェクトでは使用量上限を作成できなくなります。

使用量上限を削除するには、Google Cloud サポートにお問い合わせください。App Engine 管理者のロールを持つユーザーは、Google Cloud Console の [サポート] ページからサポートに問い合わせることができます。

[サポート] ページに移動

課金管理

[お支払い] ページで請求先アカウントを管理するには:

  1. Cloud Console の [お支払い] ページに移動します。

    [お支払い] ページに移動

  2. 管理するアカウントを選択し、対応するページに移動して、以下の管理タスクを行います。

    • [概要] ページで、請求先アカウントの概要の確認、お支払い、請求先アカウント管理者の追加を行います。
    • [予算とアラート] ページで、予算とアラートを作成します。
    • [料金の履歴] ページで、取引履歴の表示や請求書のダウンロードを行います。
    • [課金データのエクスポート] ページで、課金データを BigQuery データセットにエクスポートします。
    • [お支払い設定] ページで、お支払いアカウントと連絡先を構成します。
    • [お支払い方法] ページで、お支払いの方法を設定します。

課金の詳細については、料金ページをご覧ください。

予算の作成とアラートの設定

Cloud プロジェクトの予算を作成することで、想定外の請求を回避し、すべての Google Cloud の料金を 1 か所でモニタリングできます。予算に対しては、料金が一定の額を超えたときに課金管理者に通知するアラートを設定できます。

Cloud プロジェクトの予算を作成してアラートを設定するには:

  1. Cloud Console で [お支払い] ページに移動します。

    [お支払い] ページに移動

  2. 予算を作成する請求先アカウントをクリックします。

  3. [予算とアラート]、[予算を作成] の順にクリックして、Cloud プロジェクトの予算の作成を開始します。

  4. [予算の設定] セクションで予算を策定します。続いて、次の [予算アラートの設定] セクションで、メール通知アラートを受け取るための予算の割合を指定します。

  5. [保存] をクリックすると、Cloud プロジェクトに対して予算が設定され、アラートが有効になります。複数の Cloud プロジェクトがある場合は、それぞれのプロジェクトで予算とアラートを個別に設定する必要があります。

アプリケーションの無効化

App Engine アプリケーションを無効にすると、アプリケーションによるインスタンスの実行とリクエストの処理が停止されます。アプリを無効にしても、データが失われたり、構成が変更されたりすることはありません。App Engine アプリケーションを再度有効にすれば、インスタンスが起動され、アプリに対するトラフィックの提供が再開されます。

アプリのリソースは、スタンダード環境とフレキシブル環境の両方で無効になるため、課金が発生することはありません。ただし、Cloud プロジェクトの他のサービスについては、引き続き、料金の請求が発生することがあります。たとえば、保存しているデータに対してストレージ料金が継続的に発生する場合などです。

リクエストの処理を頻繁に行っているアプリの場合は、完了するまでその作業を続行するので、完全に無効になるまでに最長で 1 時間かかることがあります。

App Engine アプリケーションを無効にするには:

  1. [アプリケーションの設定] ページに移動します。

    [アプリケーションの設定] ページに移動

  2. [アプリケーションを無効にする] をクリックし、表示されるプロンプトに従います。

アプリケーションによるリクエストの処理を続行する場合は、上記と同じ [アプリケーションの設定] ページに戻り、[アプリケーションを有効にする] をクリックして App Engine アプリケーションを有効にします。

アプリケーションを無効にすると、処理中のすべてのリクエストが停止しますが、データと状態は保持されます。ただし、すでに発生している料金またはプロジェクトで実行中の他のサービス(Cloud SQL など)の料金は請求されます。プロジェクト内で使用されているすべてのリソースを解放するには、プロジェクトをシャットダウンします。

プロジェクトのシャットダウン

課金を無効にし、Cloud プロジェクトで使用されているすべての Google Cloud リソースを解放するには、プロジェクトをシャットダウンします。

gcloud

Google Cloud SDK をインストールした後、次の gcloud コマンドを実行して Cloud プロジェクトをシャットダウンします。

gcloud projects delete

API

プログラムで Cloud プロジェクトをシャットダウンする方法については、Resource Manager API のプロジェクトのシャットダウンをご覧ください。

Console

Cloud Console を使用して Cloud プロジェクトをシャットダウンするには:

  1. プロジェクト ページに移動します。

    プロジェクト ページに移動

  2. シャットダウンする Cloud プロジェクトを選択し、 をクリックします。

Cloud プロジェクトの管理の詳細については、Cloud Resource Manager: プロジェクトの作成、シャットダウン、復元をご覧ください。