コネクタを理解する

ワークフローは、ワークフロー内の他の Google Cloud プロダクトに簡単にアクセスできるように、コネクタを公開します。使用可能なコネクタの詳細については、コネクタのリファレンスをご覧ください。

コネクタは、ワークフロー内の他の Google Cloud API に接続できるため、ワークフローをそれらの Google Cloud プロダクトと統合できます。たとえば、コネクタを使用して Pub/Sub メッセージをパブリッシュすることや、Firestore データベースに対してデータを読み書きする、Secret Manager から認証キーを取得することが可能です。

コネクタは、リクエストのフォーマットを処理するため、呼び出し側のサービスが簡素化されます。コネクタは、Google Cloud API の詳細を認識する必要がないメソッドと引数を提供します。

コネクタには、再試行長時間実行オペレーションを処理する組み込みの動作があります。

認証

コネクタは、組み込みの Identity and Access Management 認証を使用して、他の Google Cloud プロダクトとやり取りします。なお、コネクタを使用するワークフローで特定の API に対する適切な認証を行うには、サービス アカウントに適切な権限が割り当てられている必要があります。たとえば、Pub/Sub にメッセージを公開するには、ワークフローに関連付けられたサービス アカウントに roles/pubsub.publisher ロールが付与されている必要があります。他の Google Cloud プロダクトに対する認証の詳細については、ワークフロー内から行う認証済みリクエストをご覧ください。

再試行数

すべてのコネクタは、次の再試行ポリシーとエラー処理設定を適用します。

  • ワークフローは、GET リクエストにべき等再試行ポリシーを使用します。

  • ワークフローは、他のすべての HTTP メソッドに非べき等再試行ポリシーを使用します。

  • デフォルトでは、リクエストは 30 分後にタイムアウトします。長時間実行オペレーションの場合、これは長時間実行オペレーション内の個々のリクエスト(オペレーションの開始やステータスの確認など)に適用されます。オペレーション全体のタイムアウトは、connector_params フィールドを使用して構成できます。コネクタ リファレンスをご覧ください。

長時間実行オペレーション

長時間実行オペレーションを実行する呼び出しの場合、次の動作が適用されます。

  • ワークフローは、オペレーションが正常に完了するか失敗するまでワークフローの実行をブロックします。

  • デフォルトでは、呼び出しは 30 分後にタイムアウトします。呼び出しのタイムアウトは connector_params フィールドを使用して変更できます(最大 1 年)。コネクタ リファレンスをご覧ください。

  • コネクタは、長時間実行オペレーションを定期的にポーリングします。デフォルトでは、ワークフローはポーリング時に 1.25 の指数バックオフを使用します。ポーリングの間隔は 1 秒から始まり、60 秒まで長くなります。各ポーリングは課金対象のステップとしてカウントされます。ポーリング パラメータは、connector_params フィールドを使用して変更できます。コネクタ リファレンスをご覧ください。

  • 上記の再試行メカニズムは、失敗したポーリングに適用されます。

  • 長時間実行オペレーション中にエラーが発生した場合、ワークフローは OperationError エラーを出します。エラーには追加の属性 error が含まれます。この属性にはオペレーション固有の詳細情報が含まれます。

長時間実行オペレーションが失敗すると、コネクタ呼び出しは以下の属性で例外をスローします。

  • message: 人が読めるエラー メッセージ。
  • tags: タグのリスト。長時間実行オペレーション コネクタの呼び出しの場合、このリストには OperationError が含まれます。
  • operation: 失敗した長時間実行オペレーション オブジェクト。

サポートされている長時間実行オペレーション タイプの詳細なリストについては、コネクタのリファレンスをご覧ください。