割り当てと上限

このドキュメントでは、AutoML Vision の使用に関する現在の上限と使用量割り当てについて説明します。 これらの上限や使用量割り当てに変更があったときは、このページにもその変更が反映されます。

これらの割り当ては、AutoML Vision の各プロジェクトに適用され、特定のプロジェクトを使用するすべてのアプリケーションと IP アドレスで共有されます。

Google Cloud Platform ダッシュボードの [割り当て] ページで [割り当てを編集] を選択すると、割り当てを編集して最大値まで増やすことができます。Cloud AutoML API の割り当てを編集します。 割り当ての上限引き上げをリクエストするには、割り当てを編集して必要な上限とその理由を設定し、更新内容を送信します。 リクエストが受信されると、通知が届きます。リクエストの詳細について確認をさせていただく場合もあります。リクエストの審査が完了すると、承認または却下の結果が通知されます。

AutoML Vision では、モデルの作成とモデルへのリクエストに割り当てが関連付けられています。

モデル作成の割り当て

作業内容 デフォルトの割り当て
1 分あたりのモデル作成リクエスト数 10
同時実行可能なモデル トレーニング リクエストの数 5

リクエストの割り当て

AutoML Vision の現在の使用量割り当ては、予測リクエスト以外についてプロジェクトごとに 1 分あたり 600 件です。この使用量割り当ては、デプロイするすべてのモデルの合算に対して適用されます。

オンライン予測リクエスト

ベータ版の更新後にデプロイされたモデルの場合、AutoML Vision の 1 分あたりのオンライン予測数は、デプロイされたノードの数に基づきます。ノードの数は、モデルをデプロイするときに調整できます。ただし、プロジェクトでデプロイされるすべてのモデルにわたるノードの総数には、次の割り当てが適用されます。

アクティビティ デフォルトの割り当て
デプロイされるモデルのノードの数 10

オフライン バッチ予測リクエスト

AutoML Vision の現在の使用量割り当ては、同時バッチ予測リクエストについてプロジェクトごとに 1 分あたり 5 件です。この割り当ては、すべてのモデルの合算に対して適用されます。

上限

上限の対象
画像ファイルサイズ 最大: 30 MB
データセット 1 つあたりの画像数 最大: 1,000,000
データセット 1 つあたりのラベル数 最小: 2
最大: 5,000
ラベル 1 つあたりの画像数 最小: 10
推奨: 1,000
バッチ入力 CSV ファイルサイズ 最大: 100 MB
バッチ入力内の画像数 最大: 1,000,000