Cloud Logging をキューで使用する

Cloud Logging を Cloud Tasks キューで使用できます。

ロギングをオンにする

Console

  1. Cloud Tasks コンソール ページにアクセスします。

    Cloud Tasks

  2. ロギングを有効にするキューを見つけて、名前をクリックします。

  3. [キューの詳細] ページで、[ログ] タブを選択します。

  4. [ログを有効化] をクリックして確定します。

    スクリーンショット

gcloud

Cloud Logging は、gcloud createまたはupdateでフラグを使用して有効にできます。

gcloud tasks queues create QUEUE_ID --log-sampling-ratio=1.0

or

gcloud tasks queues update QUEUE_ID --log-sampling-ratio=1.0

log-sampling-ratio 値は、キューのオペレーションのうち、ログに記録される割合を指定します。1.0 から 0.0 の範囲の値を設定することによって、その割合のオペレーションがログに記録されます。1.0 ではすべてのオペレーションが記録され、0.0 ではオペレーションが記録されません。0.0 がデフォルトの設定です。

ロギングをオフにする

Console

  1. Cloud Tasks コンソール ページにアクセスします。

    Cloud Tasks

  2. ロギングを無効にするキューを見つけて、名前をクリックします。

  3. [キューの詳細] ページで、[ログ] タブを選択します。

  4. その他アイコンをクリックし、[ログを無効化] をクリックします。確定します。

    スクリーンショット

gcloud

フラグを 0.0 に設定してロギングをオフにします。

gcloud tasks queues update QUEUE_ID --log-sampling-ratio=0.0

ログに記録されるオペレーション

次のオペレーションがログに記録されます。

  • タスクに関するオペレーション
    • CreateTask
    • DeleteTask
  • 試行に関するオペレーション
    • AttemptDispatch
    • AttemptResponse

ログの表示

ログを表示するには、Cloud Console の [Logging] > [ログ エクスプローラ]ページに移動します。

[ログ エクスプローラ] ページに移動

ログ エクスプローラでログを表示する方法については、ログ エクスプローラの使用をご覧ください。