Cloud Tasks と Cloud Scheduler の比較

イミディエイト コンテキスト以外でアクションを開始するには、Cloud TasksCloud Scheduler のどちらも使用できます。ただし、機能や使用方法が大きく異なります。このページでは、両者の違いについて説明します。

主な違い

Cloud Scheduler と Cloud Tasks には主に 4 つの違いがあります。

機能 Cloud Scheduler CloudTasks
トリガー 一定の間隔でアクションをトリガーします。cron ジョブを作成するときに間隔を設定します。ジョブの存続期間中、レートは変更されません。 個々のタスク オブジェクトの構成方法に基づいてアクションをトリガーします。「scheduleTime」フィールドが設定された場合、アクションはその時点でトリガーされます。このフィールドが設定されない場合、キューはタスクを一定ではない順序で処理します。
レートの設定 一定間隔のスケジュールでアクションを開始します。1 分間に 1 回が、最も細分化された間隔です。 キューを通過するトラフィックの量に基づいてアクションを開始します。スロットルまたはトラフィックのスムージングを目的として、キューの作成時に最大レート(1 秒あたり最大 500 件のディスパッチ)を設定できます。
命名 実行時間を除いて、各 cron ジョブはその他の cron ジョブとまったく同じように実行されます。 各タスクには一意の名前があり、キュー内で個別に識別して管理できます。
失敗の処理 cron ジョブの実行が失敗すると、失敗がログに記録されます。そのジョブは、次回のスケジュール間隔まで再実行されません。 タスクの実行に失敗すると、そのタスクは成功するまで再試行されます。タスクの試行回数や経過時間に基づく再試行の制限や、キューの構成での試行間隔の制御ができます。