フィールド マスクを使用した求人情報の更新(v3)

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

フィールド マスクを使用して求人を更新します。

コードサンプル

Ruby

# job_name     = "The name of the job you want to update"
# field_mask   = "The field mask you want to update"
# job_updated  = "The new job object to be updated"

require "google/apis/jobs_v3"

jobs = Google::Apis::JobsV3

talent_solution_client = jobs::CloudTalentSolutionService.new
talent_solution_client.authorization = Google::Auth.get_application_default(
  "https://www.googleapis.com/auth/jobs"
)

begin
  update_job_request = jobs::UpdateJobRequest.new job:         job_to_be_updated,
                                                  update_mask: field_mask
  job_updated = talent_solution_client.patch_project_job job_name, update_job_request
  puts "Job updated with filedMask #{update_job_request.update_mask}. "
  puts "Updated job: #{job_updated.to_json}"
  job_updated
rescue StandardError => e
  puts "Exception occurred while updating job with field mask: #{e}"
end

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。