Cloud SQL ストアド プロシージャ

このセクションでは、Cloud SQL インスタンスのストアド プロシージャについて説明します。

ストアド プロシージャは、再利用できる SQL コードです。

ストアド プロシージャを実行するには、CALL コマンドを使用し、次の変数を置き換えます。

  • procedure_name は、ストアド プロシージャの名前です。
CALL procedure_name(parameters);
詳細については、CALL リファレンス ページをご覧ください。

独自のストアド プロシージャを作成するには、CREATE PROCEDURE をご覧ください。