Cloud SQL とは

このページでは、Cloud SQL の基本的なコンセプトと用語について説明します。主なコンセプトの詳細については、主な用語機能のページをご覧ください。Cloud SQL データベースの比較については、データベース エンジンによる Cloud SQL の機能サポートをご覧ください。

Cloud SQL はデータベース インスタンスを管理し、ユーザーはデータを管理します。

Cloud SQL のユースケース

Cloud SQL は、ローカル MySQL、PostgreSQL、SQL Server データベースの代替となるクラウドベースのサービスです。Cloud SQL を使用することで、データベースの管理にかかる時間を減らし、データベースを使用する時間を増やすことができます。

Compute Engine、App Engine、Google Cloud の他のサービスで実行されている多くのアプリケーションは、データベース ストレージに Cloud SQL を使用します。

Cloud SQL が提供するもの

Cloud SQL には多数のサービスが用意されているため、そうしたサービスを自分で構築して管理する必要はありません。ユーザーはデータそのものに集中し、次のようなオペレーションを Cloud SQL に任せることができます。

Cloud SQL インスタンスの概要

Cloud SQL を使ってデータベースとデータベース ユーザーを作成、削除することもできますが、Cloud SQL はデータベース管理ツールではありません。データベース エンジンに応じて、次のようなさまざまなデータベース管理ツールを選択できます。

課金の対象

Cloud SQL の料金は構成の設定や以下の要素によって異なります。

  • プロビジョニングしたストレージの量(GiB/月)
  • Cloud SQL インスタンスに選択する CPU の数
  • Cloud SQL インスタンスに選択したメモリ量
  • データのホストとして選択した場所
  • インスタンスから出るネットワーク トラフィックの量
  • 割り当てて使用する IP アドレスの数

Cloud SQL の料金の例を確認してください。詳細については、料金のページをご覧ください。

Cloud SQL マネージド データベースへの接続

Cloud SQL マネージド データベースへの接続は、セルフマネージド データベースに接続する場合と同様です。Cloud SQL インスタンスは、構成方法に応じて、パブリック IP アドレス(Google Cloud 外部からインターネット経由でアクセス可能)またはプライベート IP アドレス(Virtual Private Cloud(VPC)ネットワーク経由でのみアクセス可能)を使用します。さらに、Cloud SQL には、Cloud SQL Auth Proxy など、インスタンスへ接続できるユーザーを制御するためのさまざまな認可オプションが用意されています。

Cloud SQL インスタンスに接続して承認する方法については、接続の概要ページをご覧ください。

次のステップ

以下のクイックスタートをお試しください。