Cloud SQL とは

このページでは、Cloud SQL の基本的なコンセプトと用語について説明します。主なコンセプトの詳細については、主な用語機能のページをご覧ください。Cloud SQL データベースの比較については、データベース エンジンによる Cloud SQL の機能サポートをご覧ください。

Cloud SQL はデータベース インスタンスを管理し、ユーザーはデータを管理します。

Cloud SQL のユースケース

Cloud SQL は、ローカル MySQL、PostgreSQL、SQL Server データベースの代替となるクラウドベースのサービスです。Cloud SQL を使用することで、データベースの管理にかかる時間を減らし、データベースを使用する時間を増やすことができます。

Compute Engine、App Engine、Google Cloud の他のサービスで実行されている多くのアプリケーションは、データベース ストレージに Cloud SQL を使用します。

Cloud SQL が提供するもの

Cloud SQL には多数のサービスが用意されているため、そうしたサービスを自分で構築して管理する必要はありません。ユーザーはデータそのものに集中し、次のようなオペレーションを Cloud SQL に任せることができます。

Cloud SQL インスタンスとは

各 Cloud SQL インスタンスは、ホストである Google Cloud サーバー上で実行されている仮想マシン(VM)を利用しています。各 VM は、MySQL サーバー、PostgreSQL、SQL Server などのデータベース プログラムと、ロギングやモニタリングなどのサポート サービスを提供するサービス エージェントを運用します。また、高可用性オプションでは、別のゾーンにプライマリ VM と同一の構成を持つスタンバイ VM も用意されています。

データベースは、スケーラビリティと耐久性に優れたネットワーク ストレージ デバイスに保存されます。このデバイスは persistent disk と呼ばれ、VM にアタッチされます。静的 IP アドレスは各 VM に割り当てられ、アプリケーションの接続先の IP アドレスが Cloud SQL インスタンスの全存続期間を通して持続するようにします。

Cloud SQL インスタンスの概要

データベース管理

Cloud SQL を使ってデータベースとデータベース ユーザーを作成、削除することもできますが、Cloud SQL はデータベース管理ツールではありません。データベース エンジンに応じて、次のようなさまざまなデータベース管理ツールを選択できます。

Cloud SQL の料金

Cloud SQL の料金は構成の設定や以下の要素によって異なります。

  • プロビジョニングしたストレージの量(GiB/月)
  • Cloud SQL インスタンスに選択する CPU の数
  • Cloud SQL インスタンスに選択したメモリ量
  • データのホストとして選択した場所
  • インスタンスから出るネットワーク トラフィックの量
  • 割り当てて使用する IP アドレスの数

Cloud SQL の料金の例を確認してください。詳細については、料金のページをご覧ください。

Cloud SQL マネージド データベースへの接続

Cloud SQL マネージド データベースへの接続は、セルフマネージド データベースに接続する場合と同様です。Cloud SQL インスタンスは、構成方法に応じて、パブリック IP アドレス(Google Cloud 外部からインターネット経由でアクセス可能)またはプライベート IP アドレス(Virtual Private Cloud(VPC)ネットワーク経由でのみアクセス可能)を使用します。さらに、Cloud SQL には、Cloud SQL Auth Proxy など、インスタンスへ接続できるユーザーを制御するためのさまざまな認可オプションが用意されています。

Cloud SQL インスタンスに接続して、認証と認可を行う方法については、接続の概要ページをご覧ください。

Cloud SQL の更新

Cloud SQL インスタンスの利用期間中は、次の 2 種類の更新が発生する可能性があります。

  • 構成の更新。ユーザーが行った更新。
  • Cloud SQL で実行されるシステム更新

構成の更新

データベースの使用量が増加し、新しいワークロードが追加されるのに応じ、ユーザー側でデータベースの構成を更新できます。構成の更新には、次のようなものがあります。

  • コンピューティング リソースの増加
  • データベース フラグの変更
  • 高可用性の有効化

こうした更新は、Cloud SQL を使用すればボタンをクリックするだけで可能ですが、構成を更新するとなるとダウンタイムが必要な場合があります。

システムの更新

データベース インスタンスの稼働状態を維持するには、構成の更新以外にも運用上の多くの作業が求められます。サーバーやディスクの交換およびアップグレードが必要ですし、新しい脆弱性が発見された場合には、オペレーティング システムにパッチを適用しなければなりません。データベース ソフトウェア プロバイダが新機能をリリースし、新しい問題を修正するたびに、データベース プログラムをアップグレードする必要も生じます。データベース管理者は通常、システムの信頼性と安全性を保ち、最新の状態に保つために、これらの更新を定期的に実行します。Cloud SQL は、こうした定期的なシステム更新に対応するため、データベースの管理に費やす時間を削減し、優れたアプリケーションを開発するための時間を確保できます。

Cloud SQL がシステム更新を実行するプロセスは、更新されるシステムの部分によって異なります。一般に、Cloud SQL のシステム更新は、ハードウェアの更新、オンラインの更新、メンテナンスの 3 つのカテゴリに分類されます。

ハードウェア更新は、欠陥のあるマシンホストの交換や古いディスクの交換など、物理インフラストラクチャの改善を行います。Google Cloud では、ユーザーのアプリケーションを中断することなくハードウェアの更新が行われます。たとえば、データベース サーバーを更新する場合、Google Cloud はライブ マイグレーションを使用します。これは、VM を実行中のまま、元のホストから新しいホストに確実に移行する高度なテクノロジーです。

オンラインの更新により、VM のデータベース プログラムに隣接するサポート サービス エージェントのソフトウェアが強化されます。この更新は、データベースが稼働してトラフィックを処理している間に実行されます。オンラインの更新によってアプリケーションのダウンタイムが発生することはありません。

メンテナンスにより、オペレーティング システムとデータベース プログラムがアップグレードされます。これらの更新ではインスタンスの再起動が必要になるため、ダウンタイムが発生します。このため、Cloud SQL では、アプリケーションへの影響を最小限に抑えながら、メンテナンスのスケジュールを設定できます。

次のステップ

以下のクイックスタートをお試しください。