Cloud Source Repositories から App Engine へのデプロイ

このトピックでは、Cloud Source Repositories と App Engine を統合する方法について説明します。

App Engine は、Google Cloud Platform を使用してウェブ アプリケーションを開発してホスティングするためのウェブ フレームワークとクラウド コンピューティング プラットフォームです。

ローカル ファイルを使用するのと同じ方法で、Cloud Source Repositories から App Engine にコードをデプロイできます。このトピックの手順では、その方法について説明します。

リポジトリのクローンを作成する

まだクローンを作成していない場合は、gcloud source repos clone コマンドを使用して、ローカルの Git リポジトリに GCP リポジトリの内容のクローンを作成します。

gcloud source repos clone hello-world

アプリケーションをデプロイする

  1. ターミナル ウィンドウから、リポジトリに移動します。

    cd [PATH_TO_REPOSITORY]
    
  2. アプリケーションをデプロイします。

    gcloud app deploy app.yaml
    
  3. プロンプトに従って、アプリケーションをデプロイしてテストします。

    更新をリポジトリに push するときなど、新しい変更をピックアップするには、gcloud app deploy app.yaml コマンドを再実行します。

  4. アプリケーションが実行中であることを確認します。

    gcloud app browse
    
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Source Repositories