環境設定

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Cloud Scheduler を設定するには、次の手順を使用します。一部のツールがすでにインストールされている場合があります。

gcloud CLI をインストールして構成する

  1. gcloud CLI をインストールして初期化する

  2. サービスのgcloudコンポーネントを追加します。

    gcloud components install
    
  3. すべてのコンポーネントを更新します。

    gcloud components update
    

gcloud を使用してプロジェクトを作成する

既存のプロジェクトがあれば、そのプロジェクトを使うこともできます。

  1. gcloud CLI をインストールしたマシンでターミナルを開き、Cloud プロジェクトを作成します。

    gcloud projects create PROJECT_ID
    

    PROJECT_ID は、作成するプロジェクトの ID です。 プロジェクト ID は小文字で始まる必要があり、小文字の ASCII 文字、数字、ハイフンを使用できます。6〜30 文字でなければなりません。

  2. 選択したプロジェクトを使用するように gcloud を構成します。

    gcloud config set project PROJECT_ID
    

    PROJECT_ID は前のステップで設定した ID です。

必要に応じて gcloud を使用して App Engine アプリを作成する

App Engine HTTP ターゲットを使用する場合は、プロジェクトに App Engine アプリが必要です。このアプリは、Cloud Scheduler サービスとハンドラ自体の両方のロケーションとして機能します。プロジェクトにない App Engine ハンドラを使用する場合は、代わりに HTTP ターゲットを選択する必要があります。この場合、プロジェクトに App Engine アプリは必要ありません。

  1. アプリを作成するには:

    gcloud app create [--region=REGION]
    

    ここで、REGION は、アプリが実行されるロケーションです。App Engine コマンドで europe-west および us-central と呼ばれる 2 つのロケーションは、Cloud Scheduler コマンドではそれぞれ europe-west1 および us-central1 と呼ばれます。

    次のコマンドで既存のアプリのリージョンを確認できます。

    gcloud app describe
    

    リージョンはlocationIdでリストされています。ロケーションはlocationId: us-centralのように表示されます。

    App Engine アプリのリージョンは、一度設定すると変更できません。

Google Cloud Console を使用して次の機能を有効にします。

  1. プロジェクトに対する課金を有効にします

  2. Cloud Scheduler API を有効にします

これで、プロジェクトで Cloud Scheduler がサポートされるようになりました。