プロジェクトの削除のトラブルシューティング

次のセクションでは、プロジェクトの削除をブロックする可能性のある一般的なエラーと、それらの解決方法について説明します。問題が発生した場合は、gcloud コマンドライン ツールを使用してプロジェクトをシャットダウンし、表示されるエラー メッセージをメモしてください。

リーエン

プロジェクトにリーエンがある場合、リーエンが削除されるまでそのプロジェクトは削除できません。プロジェクトに対する resourcemanager.projects.get 権限がある場合、liens list gcloud ツールコマンドを使用して、プロジェクトに適用されたリーエンを一覧表示できます。

リーエンの詳細については、リーエンによるプロジェクトの保護をご覧ください。

Cloud Endpoints

Cloud Endpoints は、プロジェクトの子リソースと認識される特別なリソースです。これにより、エンドポイントが存在するプロジェクトの削除がブロックされる可能性があります。

次の例では、gcloud コマンドライン ツールを使用してプロジェクトを削除しようとしても、プロジェクトにエンドポイントが存在するために削除に失敗したことを示しています。

@cloudshell:~ ($project)$ gcloud projects delete $project
Your project will be deleted.

Do you want to continue (Y/n)?  Y

ERROR: (gcloud.projects.delete) FAILED_PRECONDITION: active child resource
- '@type':type.googleapis.com/google.rpc.PreconditionFailure
 violations:
 - description: active child resource
   subject: services/$service
- '@type':type.googleapis.com/google.rpc.ResourceInfo
 resourceName: projects/$project
 resourceType: PROJECT

この問題を解決するには、プロジェクトを削除する前にエンドポイントを削除してください。

Endpoints の詳細については、Cloud Endpoints のドキュメントをご覧ください。

共有 Virtual Private Cloud

プロジェクトで共有 Virtual Private Cloud(VPC)が有効になっているか、サービス プロジェクトが接続されている場合、リーエンはプロジェクトの削除をブロックします。

サービス プロジェクトを切断して共有 VPC を無効にする方法の詳細と手順については、共有 VPC のデプロビジョニングをご覧ください。