バージョン 4.11

Cloud Extension の起動と停止

Cloud Extension の停止

Cloud Extension を停止すると、次のコンポーネントが停止します。

  • Cloud Extension エッジノード A
  • Cloud Extension エッジノード B

クラウドで実行中の VM が Cloud Extension を使用している場合、Cloud Extension は停止できません。電源をオフにするか、VM を移行して Cloud Extension から離します。

Cloud Extension は、60 分間アイドル状態になると自動的に停止します。対象の仮想マシンでクラウド上で実行されているものがなくなると、アイドル状態と見なされます。

Cloud Extension は、Migrate for Compute Engine Manager または vCenter から停止できます。

移行マネージャー

Migrate for Compute Engine Manager にログインした後:

  1. [Target Cloud] アイコンをクリックします。
  2. 実行中の Cloud Extension を選択します。
  3. [Stop] をクリックします。
  4. プロンプトが表示されたら、[Yes] をクリックして続行します。もしくは [No] をクリックしてキャンセルします。

vSphere vCenter

vSphere Web Client で、次の手順を実施します。

  1. [Datacenter] > [Migrate for Google Compute Engine Operations] > [Stop Cloud Extension] を選択します。
  2. Cloud Extension を選択し、[Stop] をクリックします。
  3. [Yes] をクリックして、選択した Cloud Extension を停止します。

Cloud Extension の起動

停止された Cloud Extension は、仮想マシンが Google Cloud に移行されると自動的に開始されます。

Migrate for Compute Engine Manager または vCenter から Cloud Extension を手動で開始することもできます。

移行マネージャー

Migrate for Compute Engine Manager にログインした後:

  1. [Target Cloud] アイコンをクリックします。
  2. 実行されていない Cloud Extension を選択します。
  3. [Start] をクリックします。
  4. プロンプトが表示されたら、[Yes] をクリックして続行します。もしくは [No] をクリックしてキャンセルします。

vSphere vCenter

  1. vSphere Web Client で、[Datacenter] > [Migrate for Google Compute Engine Operations] > [Start Cloud Extension] を選択します。
  2. Cloud Extension を選択し、[Start] をクリックします。

Cloud Extension の再構成

必要に応じて、認証情報、エッジ ネットワーク タグ、ワークロードのデフォルトのネットワーク タグなどの Cloud Extension を再構成できます。

移行環境でのネットワーク タグのロールの詳細については、ネットワーク アクセスの要件をご覧ください。

vSphere vCenter

  1. vSphere vCenter で、[Datacenter] > [Migrate for Google Compute Engine Operations] > [Reconfigure Cloud Extension] を選択します。
  2. [Cloud Extension] を選択します。
  3. Cloud Extension の作成の指示に従います。