入力エンドポイントを削除する

ライブ ストリームの入力エンドポイント リソースを削除します。

もっと見る

このコードサンプルを含む詳細なドキュメントについては、以下をご覧ください。

コードサンプル

C#

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の C# API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using Google.Cloud.Video.LiveStream.V1;
using Google.LongRunning;
using Google.Protobuf.WellKnownTypes;
using System.Threading.Tasks;

public class DeleteInputSample
{
    public async Task DeleteInputAsync(
         string projectId, string locationId, string inputId)
    {
        // Create the client.
        LivestreamServiceClient client = LivestreamServiceClient.Create();

        DeleteInputRequest request = new DeleteInputRequest
        {
            InputName = InputName.FromProjectLocationInput(projectId, locationId, inputId)
        };

        // Make the request.
        Operation<Empty, OperationMetadata> response = await client.DeleteInputAsync(request);

        // Poll until the returned long-running operation is complete.
        await response.PollUntilCompletedAsync();
    }
}

Go

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Go API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	livestream "cloud.google.com/go/video/livestream/apiv1"
	"cloud.google.com/go/video/livestream/apiv1/livestreampb"
)

// deleteInput deletes a previously-created input endpoint.
func deleteInput(w io.Writer, projectID, location, inputID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// location := "us-central1"
	// inputID := "my-input"
	ctx := context.Background()
	client, err := livestream.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("NewClient: %w", err)
	}
	defer client.Close()

	req := &livestreampb.DeleteInputRequest{
		Name: fmt.Sprintf("projects/%s/locations/%s/inputs/%s", projectID, location, inputID),
	}

	op, err := client.DeleteInput(ctx, req)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("DeleteInput: %w", err)
	}
	err = op.Wait(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("Wait: %w", err)
	}

	fmt.Fprintf(w, "Deleted input")
	return nil
}

Java

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Java API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import com.google.cloud.video.livestream.v1.DeleteInputRequest;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.InputName;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.LivestreamServiceClient;
import java.io.IOException;
import java.util.concurrent.ExecutionException;
import java.util.concurrent.TimeUnit;
import java.util.concurrent.TimeoutException;

public class DeleteInput {

  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "my-project-id";
    String location = "us-central1";
    String inputId = "my-input-id";

    deleteInput(projectId, location, inputId);
  }

  public static void deleteInput(String projectId, String location, String inputId)
      throws InterruptedException, ExecutionException, TimeoutException, IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    LivestreamServiceClient livestreamServiceClient = LivestreamServiceClient.create();
    var deleteInputRequest =
        DeleteInputRequest.newBuilder()
            .setName(InputName.of(projectId, location, inputId).toString())
            .build();
    // First API call in a project can take up to 10 minutes.
    livestreamServiceClient.deleteInputAsync(deleteInputRequest).get(10, TimeUnit.MINUTES);
    System.out.println("Deleted input");
    livestreamServiceClient.close();
  }
}

Node.js

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Node.js API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
 */
// projectId = 'my-project-id';
// location = 'us-central1';
// inputId = 'my-input';

// Imports the Livestream library
const {LivestreamServiceClient} = require('@google-cloud/livestream').v1;

// Instantiates a client
const livestreamServiceClient = new LivestreamServiceClient();

async function deleteInput() {
  // Construct request
  const request = {
    name: livestreamServiceClient.inputPath(projectId, location, inputId),
  };

  // Run request
  const [operation] = await livestreamServiceClient.deleteInput(request);
  await operation.promise();
  console.log('Deleted input');
}

deleteInput();

PHP

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の PHP API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Video\LiveStream\V1\Client\LivestreamServiceClient;
use Google\Cloud\Video\LiveStream\V1\DeleteInputRequest;

/**
 * Deletes an input.
 *
 * @param string  $callingProjectId   The project ID to run the API call under
 * @param string  $location           The location of the input
 * @param string  $inputId            The ID of the input to be deleted
 */
function delete_input(
    string $callingProjectId,
    string $location,
    string $inputId
): void {
    // Instantiate a client.
    $livestreamClient = new LivestreamServiceClient();
    $formattedName = $livestreamClient->inputName($callingProjectId, $location, $inputId);

    // Run the input deletion request. The response is a long-running operation ID.
    $request = (new DeleteInputRequest())
        ->setName($formattedName);
    $operationResponse = $livestreamClient->deleteInput($request);
    $operationResponse->pollUntilComplete();
    if ($operationResponse->operationSucceeded()) {
        // Print status
        printf('Deleted input %s' . PHP_EOL, $inputId);
    } else {
        $error = $operationResponse->getError();
        // handleError($error)
    }
}

Python

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Python API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import argparse

from google.cloud.video.live_stream_v1.services.livestream_service import (
    LivestreamServiceClient,
)
from google.protobuf import empty_pb2 as empty

def delete_input(project_id: str, location: str, input_id: str) -> empty.Empty:
    """Deletes an input.
    Args:
        project_id: The GCP project ID.
        location: The location of the input.
        input_id: The user-defined input ID."""

    client = LivestreamServiceClient()

    name = f"projects/{project_id}/locations/{location}/inputs/{input_id}"
    operation = client.delete_input(name=name)
    response = operation.result(600)
    print("Deleted input")

    return response

Ruby

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Ruby API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

require "google/cloud/video/live_stream"

##
# Delete an input endpoint
#
# @param project_id [String] Your Google Cloud project (e.g. "my-project")
# @param location [String] The location (e.g. "us-central1")
# @param input_id [String] Your input name (e.g. "my-input")
#
def delete_input project_id:, location:, input_id:
  # Create a Live Stream client.
  client = Google::Cloud::Video::LiveStream.livestream_service

  # Build the resource name of the input.
  name = client.input_path project: project_id, location: location, input: input_id

  # Delete the input.
  operation = client.delete_input name: name

  # The returned object is of type Gapic::Operation. You can use this
  # object to check the status of an operation, cancel it, or wait
  # for results. Here is how to block until completion:
  operation.wait_until_done!

  # Print a success message.
  puts "Deleted input"
end

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。