ライブ配信をモニタリングする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Cloud Monitoring の一部として Live Stream API によって収集された指標を表示する方法について説明します。Live Stream API の指標のリストは Google Cloud の指標で確認できます。

Cloud Monitoring の指標を表示する

Metrics Explorer を使用してモニタリング対象リソースの指標を表示する手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud Console で、Monitoring の [Metrics Explorer] ページに移動します。
  2. Metrics Explorer に移動

  3. ツールバーで [エクスプローラ] タブを選択します。
  4. [CONFIGURATION] タブを選択します。
  5. [指標を選択] メニューを開き、フィルタバーに「Live Stream API Channel」と入力し、サブメニューを使用して特定のリソースタイプと指標を選択します。
    1. [ACTIVE RESOURCES] メニューで、[Live Stream API Channel] を選択します。
    2. 指標を選択するには、[ACTIVE METRIC CATEGORIES] メニューと [ACTIVE METRICS] メニューを使用します。
    3. [適用] をクリックします。
  6. 省略可: データの表示方法を構成するには、フィルタを追加し、[Group By]、[Aggregator]、グラフタイプの各メニューを使用します。たとえば、特定のチャネルのグラフをプロットするには、[フィルタ] フィールドに「channel_id = my-channel」と入力します。詳細については、Metrics Explorer 使用時の指標の選択をご覧ください。
  7. 省略可: グラフの設定を変更します。
    • 割り当てと、1 日に 1 つのサンプルを報告するその他の指標については、期間を 1 週間以上に設定し、プロットタイプを [積み上げ棒グラフ] に設定します。
    • 分布値の指標の場合、プロットタイプをヒートマップ グラフに設定します。

入力ストリームのビットレート単位を変換する

channel/received_bytes_count 指標を使用して、入力ストリームのビットレートをモニタリングできます。デフォルトでは、他の Google Cloud 指標に合わせて、channel/received_bytes_count の単位は 1 秒あたりのバイト数です。

ユニットを別のビットレート単位(mbps など)に変更する手順は以下のとおりです。

  1. Metrics Explorer の [Configuration] タブで、[Resource Type] フィールドを [Live Stream API Channel] に設定し、[Metric] フィールドを [Received bytes count] に設定します。

  2. [MQL] タブを選択します。

  3. 現在のクエリの末尾にスケール関数をアタッチします。

    fetch livestream.googleapis.com/Channel
    | metric 'livestream.googleapis.com/channel/received_bytes_count'
    | align rate(1m)
    | every 1m
    | scale("Mbit/s")
    
  4. [クエリを実行] をクリックして、mbps ユニットを使ってグラフを再プロットします。

MQL の詳細については、クエリエディタの使用をご覧ください。