アセットの作成と管理

このページでは、Live Stream API アセットを作成、管理する方法について説明します。アセットは、Live Stream API で使用できる動画または画像です。アセットを使用して、ライブ ストリームにスレートを挿入できます。

サポートされているメディア形式

Live Stream API では、アセットに対して次のメディア コーデックと形式がサポートされます。

入力メディアサポートされているファイル形式
動画ファイル形式MP4、MPEG-TS、FLV
動画コーデックH.264
オーディオ コーデックAAC、AC3、MP2、MP3
画像ファイル 形式JPG
最大サイズ250 MB
最大解像度1920×1080

Google Cloud プロジェクトと認証の設定

Google Cloud プロジェクトと認証情報を作成していない場合は、始める前にをご覧ください。

アセットを作成する

アセットを作成するには、projects.locations.assets.create メソッドを使用します。次のサンプルでは、動画アセットを作成します。

REST

リクエストのデータを使用する前に、次のように置き換えます。

  • PROJECT_NUMBER: IAM 設定ページの [プロジェクト番号] フィールドにある Google Cloud プロジェクト番号
  • LOCATION: アセットを作成するロケーション。以下に示すサポートされているリージョンのいずれかを使用します。
    • us-central1
    • us-east1
    • us-east4
    • us-west1
    • us-west2
    • northamerica-northeast1
    • southamerica-east1
    • asia-east1
    • asia-east2
    • asia-northeast1
    • asia-southeast1
    • australia-southeast1
    • europe-west1
    • europe-west2
    • europe-west3
    • europe-west4
  • ASSET_ID: 作成する新しいアセットのユーザー定義の識別子。この値は 1~63 文字で、先頭と末尾は [a-z0-9] で、文字の間にダッシュ(-)を含めることができます。例: my-asset
  • ASSET_URI: Cloud Storage バケットで使用する動画の URI(例: gs://my-bucket/my-video.mp4サポートされているメディア形式をご覧ください)。

リクエストを送信するには、次のいずれかのオプションを展開します。

次のような JSON レスポンスが返されます。

{
  "name": "projects/PROJECT_NUMBER/locations/LOCATION/operations/OPERATION_ID",
  "metadata": {
    "@type": "type.googleapis.com/google.cloud.video.livestream.v1.OperationMetadata",
    "createTime": CREATE_TIME,
    "target": "projects/PROJECT_NUMBER/locations/LOCATION/assets/ASSET_ID",
    "verb": "create",
    "requestedCancellation": false,
    "apiVersion": "v1"
  },
  "done": false
}
このコマンドは、リクエストの進行状況を追跡するために使用できる長時間実行オペレーション(LRO)を作成します。詳しくは、長時間実行オペレーションの管理をご覧ください。

C#

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の C# API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using Google.Api.Gax.ResourceNames;
using Google.Cloud.Video.LiveStream.V1;
using Google.LongRunning;
using System.Threading.Tasks;

public class CreateAssetSample
{
    public async Task<Asset> CreateAssetAsync(
         string projectId, string locationId, string assetId, string assetUri)
    {
        // Create the client.
        LivestreamServiceClient client = LivestreamServiceClient.Create();

        CreateAssetRequest request = new CreateAssetRequest
        {
            ParentAsLocationName = LocationName.FromProjectLocation(projectId, locationId),
            AssetId = assetId,
            Asset = new Asset
            {
                Video = new Asset.Types.VideoAsset
                {
                    Uri = assetUri
                }
            }
        };

        // Make the request.
        Operation<Asset, OperationMetadata> response = await client.CreateAssetAsync(request);

        // Poll until the returned long-running operation is complete.
        Operation<Asset, OperationMetadata> completedResponse = await response.PollUntilCompletedAsync();

        // Retrieve the operation result.
        return completedResponse.Result;
    }
}

Go

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Go API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	livestream "cloud.google.com/go/video/livestream/apiv1"
	"cloud.google.com/go/video/livestream/apiv1/livestreampb"
)

// createAsset creates an asset. This asset references a video file
// in Cloud Storage.
func createAsset(w io.Writer, projectID, location, assetID, assetURI string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// location := "us-central1"
	// assetID := "my-asset"
	// assetURI := "gs://my-bucket/my-video.mp4"
	ctx := context.Background()
	client, err := livestream.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("NewClient: %w", err)
	}
	defer client.Close()

	req := &livestreampb.CreateAssetRequest{
		Parent:  fmt.Sprintf("projects/%s/locations/%s", projectID, location),
		AssetId: assetID,
		Asset: &livestreampb.Asset{
			Resource: &livestreampb.Asset_Video{
				Video: &livestreampb.Asset_VideoAsset{
					Uri: assetURI,
				},
			},
		},
	}
	// Creates the asset.
	op, err := client.CreateAsset(ctx, req)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("CreateAsset: %w", err)
	}
	response, err := op.Wait(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("Wait: %w", err)
	}

	fmt.Fprintf(w, "Asset: %v", response.Name)
	return nil
}

Java

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Java API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import com.google.cloud.video.livestream.v1.Asset;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.Asset.VideoAsset;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.CreateAssetRequest;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.LivestreamServiceClient;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.LocationName;
import java.io.IOException;
import java.util.concurrent.ExecutionException;
import java.util.concurrent.TimeUnit;
import java.util.concurrent.TimeoutException;

public class CreateAsset {

  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "my-project-id";
    String location = "us-central1";
    String assetId = "my-asset-id";
    String assetUri = "gs://my-bucket/my-video.mp4";

    createAsset(projectId, location, assetId, assetUri);
  }

  public static void createAsset(String projectId, String location, String assetId, String assetUri)
      throws InterruptedException, ExecutionException, TimeoutException, IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    LivestreamServiceClient livestreamServiceClient = LivestreamServiceClient.create();
    var createAssetRequest =
        CreateAssetRequest.newBuilder()
            .setParent(LocationName.of(projectId, location).toString())
            .setAssetId(assetId)
            .setAsset(
                Asset.newBuilder()
                    .setVideo(
                        VideoAsset.newBuilder()
                            .setUri(assetUri)
                            .build())
                    .build())
            .build();
    // First API call in a project can take up to 15 minutes.
    Asset result =
        livestreamServiceClient.createAssetAsync(createAssetRequest).get(15, TimeUnit.MINUTES);
    System.out.println("Asset: " + result.getName());
    livestreamServiceClient.close();
  }
}

Node.js

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Node.js API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
 */
// projectId = 'my-project-id';
// location = 'us-central1';
// assetId = 'my-asset';
// assetUri = 'gs://my-bucket/my-video.mp4';

// Imports the Livestream library
const {LivestreamServiceClient} = require('@google-cloud/livestream').v1;

// Instantiates a client
const livestreamServiceClient = new LivestreamServiceClient();

async function createAsset() {
  // Construct request
  const request = {
    parent: livestreamServiceClient.locationPath(projectId, location),
    assetId: assetId,
    asset: {
      video: {
        uri: assetUri,
      },
    },
  };

  // Run request
  const [operation] = await livestreamServiceClient.createAsset(request);
  const response = await operation.promise();
  const [asset] = response;
  console.log(`Asset: ${asset.name}`);
}

createAsset();

PHP

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の PHP API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Video\LiveStream\V1\Asset;
use Google\Cloud\Video\LiveStream\V1\Client\LivestreamServiceClient;
use Google\Cloud\Video\LiveStream\V1\CreateAssetRequest;

/**
 * Creates an asset. You can use an asset to create a slate.
 *
 * @param string  $callingProjectId   The project ID to run the API call under
 * @param string  $location           The location of the asset
 * @param string  $assetId            The ID of the asset to be created
 * @param string  $assetUri           The Cloud Storage URI of the asset
 */
function create_asset(
    string $callingProjectId,
    string $location,
    string $assetId,
    string $assetUri
): void {
    // Instantiate a client.
    $livestreamClient = new LivestreamServiceClient();

    $parent = $livestreamClient->locationName($callingProjectId, $location);
    $asset = (new Asset())
        ->setVideo(
            (new Asset\VideoAsset())
                ->setUri($assetUri));

    // Run the asset creation request. The response is a long-running operation ID.
    $request = (new CreateAssetRequest())
        ->setParent($parent)
        ->setAsset($asset)
        ->setAssetId($assetId);
    $operationResponse = $livestreamClient->createAsset($request);
    $operationResponse->pollUntilComplete();
    if ($operationResponse->operationSucceeded()) {
        $result = $operationResponse->getResult();
        // Print results
        printf('Asset: %s' . PHP_EOL, $result->getName());
    } else {
        $error = $operationResponse->getError();
        // handleError($error)
    }
}

Python

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Python API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import argparse

from google.cloud.video import live_stream_v1
from google.cloud.video.live_stream_v1.services.livestream_service import (
    LivestreamServiceClient,
)

def create_asset(
    project_id: str, location: str, asset_id: str, asset_uri: str
) -> live_stream_v1.types.Asset:
    """Creates an asset.
    Args:
        project_id: The GCP project ID.
        location: The location in which to create the asset.
        asset_id: The user-defined asset ID.
        asset_uri: The asset URI (e.g., 'gs://my-bucket/my-video.mp4')."""

    client = LivestreamServiceClient()

    parent = f"projects/{project_id}/locations/{location}"

    asset = live_stream_v1.types.Asset(
        video=live_stream_v1.types.Asset.VideoAsset(
            uri=asset_uri,
        )
    )
    operation = client.create_asset(parent=parent, asset=asset, asset_id=asset_id)
    response = operation.result(600)
    print(f"Asset: {response.name}")

    return response

Ruby

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Ruby API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

require "google/cloud/video/live_stream"

##
# Create an asset
#
# @param project_id [String] Your Google Cloud project (e.g. "my-project")
# @param location [String] The location (e.g. "us-central1")
# @param asset_id [String] Your asset name (e.g. "my-asset")
# @param asset_uri [String] Your asset URI (e.g. "gs://my-bucket/my-video.mp4")
#
def create_asset project_id:, location:, asset_id:, asset_uri:
  # Create a Live Stream client.
  client = Google::Cloud::Video::LiveStream.livestream_service

  # Build the resource name of the parent.
  parent = client.location_path project: project_id, location: location

  # Set the asset fields.
  new_asset = {
    video: {
      uri: asset_uri
    }
  }

  operation = client.create_asset parent: parent, asset: new_asset, asset_id: asset_id

  # The returned object is of type Gapic::Operation. You can use this
  # object to check the status of an operation, cancel it, or wait
  # for results. Here is how to block until completion:
  operation.wait_until_done!

  # Print the asset name.
  puts "Asset: #{operation.response.name}"
end

アセットの詳細を取得する

アセットの詳細を取得するには、projects.locations.assets.get メソッドを使用します。

REST

リクエストのデータを使用する前に、次のように置き換えます。

  • PROJECT_NUMBER: IAM 設定ページの [プロジェクト番号] フィールドにある Google Cloud プロジェクト番号
  • LOCATION: アセットのロケーション。次に示すサポートされているリージョンのいずれかを使用します。
    • us-central1
    • us-east1
    • us-east4
    • us-west1
    • us-west2
    • northamerica-northeast1
    • southamerica-east1
    • asia-east1
    • asia-east2
    • asia-northeast1
    • asia-southeast1
    • australia-southeast1
    • europe-west1
    • europe-west2
    • europe-west3
    • europe-west4
  • ASSET_ID: アセットのユーザー定義の識別子。

リクエストを送信するには、次のいずれかのオプションを展開します。

次のような JSON レスポンスが返されます。

{
  "name": "projects/PROJECT_NUMBER/locations/LOCATION/assets/ASSET_ID",
  "createTime": CREATE_TIME,
  "updateTime": UPDATE_TIME,
  "video": {
    "uri": "ASSET_URI"
  },
  "crc32c": "pKNslg==",
  "state": "ACTIVE"
}

C#

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の C# API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using Google.Cloud.Video.LiveStream.V1;

public class GetAssetSample
{
    public Asset GetAsset(
         string projectId, string locationId, string assetId)
    {
        // Create the client.
        LivestreamServiceClient client = LivestreamServiceClient.Create();

        GetAssetRequest request = new GetAssetRequest
        {
            AssetName = AssetName.FromProjectLocationAsset(projectId, locationId, assetId)
        };

        // Make the request.
        Asset response = client.GetAsset(request);
        return response;
    }
}

Go

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Go API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	livestream "cloud.google.com/go/video/livestream/apiv1"
	"cloud.google.com/go/video/livestream/apiv1/livestreampb"
)

// getAsset gets a previously-created asset.
func getAsset(w io.Writer, projectID, location, assetID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// location := "us-central1"
	// assetID := "my-asset-id"
	ctx := context.Background()
	client, err := livestream.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("NewClient: %w", err)
	}
	defer client.Close()

	req := &livestreampb.GetAssetRequest{
		Name: fmt.Sprintf("projects/%s/locations/%s/assets/%s", projectID, location, assetID),
	}

	response, err := client.GetAsset(ctx, req)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("GetAsset: %w", err)
	}

	fmt.Fprintf(w, "Asset: %v", response.Name)
	return nil
}

Java

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Java API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import com.google.cloud.video.livestream.v1.Asset;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.AssetName;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.LivestreamServiceClient;
import java.io.IOException;

public class GetAsset {

  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "my-project-id";
    String location = "us-central1";
    String assetId = "my-asset-id";

    getAsset(projectId, location, assetId);
  }

  public static void getAsset(String projectId, String location, String assetId)
      throws IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. In this example, try-with-resources is used
    // which automatically calls close() on the client to clean up resources.
    try (LivestreamServiceClient livestreamServiceClient = LivestreamServiceClient.create()) {
      AssetName name = AssetName.of(projectId, location, assetId);
      Asset response = livestreamServiceClient.getAsset(name);
      System.out.println("Asset: " + response.getName());
    }
  }
}

Node.js

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Node.js API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
 */
// projectId = 'my-project-id';
// location = 'us-central1';
// assetId = 'my-asset';

// Imports the Livestream library
const {LivestreamServiceClient} = require('@google-cloud/livestream').v1;

// Instantiates a client
const livestreamServiceClient = new LivestreamServiceClient();

async function getAsset() {
  // Construct request
  const request = {
    name: livestreamServiceClient.assetPath(projectId, location, assetId),
  };
  const [asset] = await livestreamServiceClient.getAsset(request);
  console.log(`Asset: ${asset.name}`);
}

getAsset();

PHP

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の PHP API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Video\LiveStream\V1\Client\LivestreamServiceClient;
use Google\Cloud\Video\LiveStream\V1\GetAssetRequest;

/**
 * Gets an asset.
 *
 * @param string  $callingProjectId   The project ID to run the API call under
 * @param string  $location           The location of the asset
 * @param string  $assetId            The ID of the asset
 */
function get_asset(
    string $callingProjectId,
    string $location,
    string $assetId
): void {
    // Instantiate a client.
    $livestreamClient = new LivestreamServiceClient();
    $formattedName = $livestreamClient->assetName($callingProjectId, $location, $assetId);

    // Get the asset.
    $request = (new GetAssetRequest())
        ->setName($formattedName);
    $response = $livestreamClient->getAsset($request);
    // Print results
    printf('Asset: %s' . PHP_EOL, $response->getName());
}

Python

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Python API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import argparse

from google.cloud.video import live_stream_v1
from google.cloud.video.live_stream_v1.services.livestream_service import (
    LivestreamServiceClient,
)

def get_asset(
    project_id: str, location: str, asset_id: str
) -> live_stream_v1.types.Asset:
    """Gets an asset.
    Args:
        project_id: The GCP project ID.
        location: The location of the asset.
        asset_id: The user-defined asset ID."""

    client = LivestreamServiceClient()

    name = f"projects/{project_id}/locations/{location}/assets/{asset_id}"
    response = client.get_asset(name=name)
    print(f"Asset: {response.name}")

    return response

Ruby

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Ruby API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

require "google/cloud/video/live_stream"

##
# Get an asset
#
# @param project_id [String] Your Google Cloud project (e.g. "my-project")
# @param location [String] The location (e.g. "us-central1")
# @param asset_id [String] Your asset name (e.g. "my-asset")
#
def get_asset project_id:, location:, asset_id:
  # Create a Live Stream client.
  client = Google::Cloud::Video::LiveStream.livestream_service

  # Build the resource name of the asset.
  name = client.asset_path project: project_id, location: location, asset: asset_id

  # Get the asset.
  asset = client.get_asset name: name

  # Print the asset name.
  puts "Asset: #{asset.name}"
end

アセットの一覧表示

あるロケーションで作成したすべてのアセットを一覧表示するには、projects.locations.assets.list メソッドを使用します。

REST

リクエストのデータを使用する前に、次のように置き換えます。

  • PROJECT_NUMBER: IAM 設定ページの [プロジェクト番号] フィールドにある Google Cloud プロジェクト番号
  • LOCATION: アセットのロケーション。次に示すサポートされているリージョンのいずれかを使用します。
    • us-central1
    • us-east1
    • us-east4
    • us-west1
    • us-west2
    • northamerica-northeast1
    • southamerica-east1
    • asia-east1
    • asia-east2
    • asia-northeast1
    • asia-southeast1
    • australia-southeast1
    • europe-west1
    • europe-west2
    • europe-west3
    • europe-west4

リクエストを送信するには、次のいずれかのオプションを展開します。

次のような JSON レスポンスが返されます。

{
  "assets": [
    {
      "name": "projects/PROJECT_NUMBER/locations/LOCATION/assets/ASSET_ID",
      "createTime": CREATE_TIME,
      "updateTime": UPDATE_TIME,
      "video": {
        "uri": "ASSET_URI"
      },
      "crc32c": "pKNslg==",
      "state": "ACTIVE"
    },
    {
      "name": "projects/PROJECT_NUMBER/locations/LOCATION/assets/my-other-asset",
      "createTime": CREATE_TIME,
      "updateTime": UPDATE_TIME,
      "video": {
        "uri": "my-other-asset-uri"
      },
      "crc32c": "pLNslg==",
      "state": "ACTIVE"
    }
  ]
}

C#

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の C# API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using Google.Api.Gax;
using Google.Api.Gax.ResourceNames;
using Google.Cloud.Video.LiveStream.V1;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;

public class ListAssetsSample
{
    public IList<Asset> ListAssets(
        string projectId, string regionId)
    {
        // Create the client.
        LivestreamServiceClient client = LivestreamServiceClient.Create();

        ListAssetsRequest request = new ListAssetsRequest
        {
            ParentAsLocationName = LocationName.FromProjectLocation(projectId, regionId)
        };

        // Make the request.
        PagedEnumerable<ListAssetsResponse, Asset> response = client.ListAssets(request);

        // The returned sequence will lazily perform RPCs as it's being iterated over.
        return response.ToList();
    }
}

Go

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Go API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"google.golang.org/api/iterator"

	livestream "cloud.google.com/go/video/livestream/apiv1"
	"cloud.google.com/go/video/livestream/apiv1/livestreampb"
)

// listAssets lists all assets for a given location.
func listAssets(w io.Writer, projectID, location string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// location := "us-central1"
	ctx := context.Background()
	client, err := livestream.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("NewClient: %w", err)
	}
	defer client.Close()

	req := &livestreampb.ListAssetsRequest{
		Parent: fmt.Sprintf("projects/%s/locations/%s", projectID, location),
	}

	it := client.ListAssets(ctx, req)
	fmt.Fprintln(w, "Assets:")

	for {
		response, err := it.Next()
		if err == iterator.Done {
			break
		}
		if err != nil {
			return fmt.Errorf("ListAssets: %w", err)
		}
		fmt.Fprintln(w, response.GetName())
	}
	return nil
}

Java

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Java API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import com.google.cloud.video.livestream.v1.Asset;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.ListAssetsRequest;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.LivestreamServiceClient;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.LocationName;
import java.io.IOException;

public class ListAssets {

  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "my-project-id";
    String location = "us-central1";

    listAssets(projectId, location);
  }

  public static void listAssets(String projectId, String location) throws IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. In this example, try-with-resources is used
    // which automatically calls close() on the client to clean up resources.
    try (LivestreamServiceClient livestreamServiceClient = LivestreamServiceClient.create()) {
      var listAssetsRequest =
          ListAssetsRequest.newBuilder()
              .setParent(LocationName.of(projectId, location).toString())
              .build();

      LivestreamServiceClient.ListAssetsPagedResponse response =
          livestreamServiceClient.listAssets(listAssetsRequest);
      System.out.println("Assets:");

      for (Asset asset : response.iterateAll()) {
        System.out.println(asset.getName());
      }
    }
  }
}

Node.js

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Node.js API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
 */
// projectId = 'my-project-id';
// location = 'us-central1';

// Imports the Livestream library
const {LivestreamServiceClient} = require('@google-cloud/livestream').v1;

// Instantiates a client
const livestreamServiceClient = new LivestreamServiceClient();

async function listAssets() {
  const iterable = await livestreamServiceClient.listAssetsAsync({
    parent: livestreamServiceClient.locationPath(projectId, location),
  });
  console.info('Assets:');
  for await (const response of iterable) {
    console.log(response.name);
  }
}

listAssets();

PHP

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の PHP API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Video\LiveStream\V1\Client\LivestreamServiceClient;
use Google\Cloud\Video\LiveStream\V1\ListAssetsRequest;

/**
 * Lists the assets for a given location.
 *
 * @param string  $callingProjectId   The project ID to run the API call under
 * @param string  $location           The location of the assets
 */
function list_assets(
    string $callingProjectId,
    string $location
): void {
    // Instantiate a client.
    $livestreamClient = new LivestreamServiceClient();
    $parent = $livestreamClient->locationName($callingProjectId, $location);
    $request = (new ListAssetsRequest())
        ->setParent($parent);

    $response = $livestreamClient->listAssets($request);
    // Print the asset list.
    $assets = $response->iterateAllElements();
    print('Assets:' . PHP_EOL);
    foreach ($assets as $asset) {
        printf('%s' . PHP_EOL, $asset->getName());
    }
}

Python

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Python API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import argparse

from google.cloud.video.live_stream_v1.services.livestream_service import (
    LivestreamServiceClient,
    pagers,
)

def list_assets(project_id: str, location: str) -> pagers.ListAssetsPager:
    """Lists all assets in a location.
    Args:
        project_id: The GCP project ID.
        location: The location of the assets."""

    client = LivestreamServiceClient()

    parent = f"projects/{project_id}/locations/{location}"
    page_result = client.list_assets(parent=parent)
    print("Assets:")

    responses = []
    for response in page_result:
        print(response.name)
        responses.append(response)

    return responses

Ruby

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Ruby API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

require "google/cloud/video/live_stream"

##
# List the assets
#
# @param project_id [String] Your Google Cloud project (e.g. "my-project")
# @param location [String] The location (e.g. "us-central1")
#
def list_assets project_id:, location:
  # Create a Live Stream client.
  client = Google::Cloud::Video::LiveStream.livestream_service

  # Build the resource name of the parent.
  parent = client.location_path project: project_id, location: location

  # Get the list of assets.
  response = client.list_assets parent: parent

  puts "Assets:"
  # Print out all assets.
  response.each do |asset|
    puts asset.name
  end
end

アセットの削除

アセットを削除するには、projects.locations.assets.delete メソッドを使用します。

REST

リクエストのデータを使用する前に、次のように置き換えます。

  • PROJECT_NUMBER: IAM 設定ページの [プロジェクト番号] フィールドにある Google Cloud プロジェクト番号
  • LOCATION: アセットのロケーション。次に示すサポートされているリージョンのいずれかを使用します。
    • us-central1
    • us-east1
    • us-east4
    • us-west1
    • us-west2
    • northamerica-northeast1
    • southamerica-east1
    • asia-east1
    • asia-east2
    • asia-northeast1
    • asia-southeast1
    • australia-southeast1
    • europe-west1
    • europe-west2
    • europe-west3
    • europe-west4
  • ASSET_ID: アセットのユーザー定義の識別子。

リクエストを送信するには、次のいずれかのオプションを展開します。

次のような JSON レスポンスが返されます。

{
  "name": "projects/PROJECT_NUMBER/locations/LOCATION/operations/OPERATION_ID",
  "metadata": {
    "@type": "type.googleapis.com/google.cloud.video.livestream.v1.OperationMetadata",
    "createTime": CREATE_TIME,
    "target": "projects/PROJECT_NUMBER/locations/LOCATION/assets/ASSET_ID",
    "verb": "delete",
    "requestedCancellation": false,
    "apiVersion": "v1"
  },
  "done": false
}
このコマンドは、リクエストの進行状況を追跡するために使用できる長時間実行オペレーション(LRO)を作成します。詳しくは、長時間実行オペレーションの管理をご覧ください。

C#

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の C# API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using Google.Cloud.Video.LiveStream.V1;
using Google.LongRunning;
using Google.Protobuf.WellKnownTypes;
using System.Threading.Tasks;

public class DeleteAssetSample
{
    public async Task DeleteAssetAsync(
         string projectId, string locationId, string assetId)
    {
        // Create the client.
        LivestreamServiceClient client = LivestreamServiceClient.Create();

        DeleteAssetRequest request = new DeleteAssetRequest
        {
            AssetName = AssetName.FromProjectLocationAsset(projectId, locationId, assetId)
        };

        // Make the request.
        Operation<Empty, OperationMetadata> response = await client.DeleteAssetAsync(request);

        // Poll until the returned long-running operation is complete.
        await response.PollUntilCompletedAsync();
    }
}

Go

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Go API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	livestream "cloud.google.com/go/video/livestream/apiv1"
	"cloud.google.com/go/video/livestream/apiv1/livestreampb"
)

// deleteAsset deletes a previously-created asset.
func deleteAsset(w io.Writer, projectID, location, assetID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// location := "us-central1"
	// assetID := "my-asset"
	ctx := context.Background()
	client, err := livestream.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("NewClient: %w", err)
	}
	defer client.Close()

	req := &livestreampb.DeleteAssetRequest{
		Name: fmt.Sprintf("projects/%s/locations/%s/assets/%s", projectID, location, assetID),
	}

	op, err := client.DeleteAsset(ctx, req)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("DeleteAsset: %w", err)
	}
	err = op.Wait(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("Wait: %w", err)
	}

	fmt.Fprintf(w, "Deleted asset")
	return nil
}

Java

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Java API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import com.google.cloud.video.livestream.v1.AssetName;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.DeleteAssetRequest;
import com.google.cloud.video.livestream.v1.LivestreamServiceClient;
import java.io.IOException;
import java.util.concurrent.ExecutionException;
import java.util.concurrent.TimeUnit;
import java.util.concurrent.TimeoutException;

public class DeleteAsset {

  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "my-project-id";
    String location = "us-central1";
    String assetId = "my-asset-id";

    deleteAsset(projectId, location, assetId);
  }

  public static void deleteAsset(String projectId, String location, String assetId)
      throws InterruptedException, ExecutionException, TimeoutException, IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    LivestreamServiceClient livestreamServiceClient = LivestreamServiceClient.create();
    var deleteAssetRequest =
        DeleteAssetRequest.newBuilder()
            .setName(AssetName.of(projectId, location, assetId).toString())
            .build();
    // First API call in a project can take up to 10 minutes.
    livestreamServiceClient.deleteAssetAsync(deleteAssetRequest).get(10, TimeUnit.MINUTES);
    System.out.println("Deleted asset");
    livestreamServiceClient.close();
  }
}

Node.js

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Node.js API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
 */
// projectId = 'my-project-id';
// location = 'us-central1';
// assetId = 'my-asset';

// Imports the Livestream library
const {LivestreamServiceClient} = require('@google-cloud/livestream').v1;

// Instantiates a client
const livestreamServiceClient = new LivestreamServiceClient();

async function deleteAsset() {
  // Construct request
  const request = {
    name: livestreamServiceClient.assetPath(projectId, location, assetId),
  };

  // Run request
  const [operation] = await livestreamServiceClient.deleteAsset(request);
  await operation.promise();
  console.log('Deleted asset');
}

deleteAsset();

PHP

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の PHP API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Video\LiveStream\V1\Client\LivestreamServiceClient;
use Google\Cloud\Video\LiveStream\V1\DeleteAssetRequest;

/**
 * Deletes an asset.
 *
 * @param string  $callingProjectId   The project ID to run the API call under
 * @param string  $location           The location of the asset
 * @param string  $assetId            The ID of the asset to be deleted
 */
function delete_asset(
    string $callingProjectId,
    string $location,
    string $assetId
): void {
    // Instantiate a client.
    $livestreamClient = new LivestreamServiceClient();
    $formattedName = $livestreamClient->assetName($callingProjectId, $location, $assetId);

    // Run the asset deletion request. The response is a long-running operation ID.
    $request = (new DeleteAssetRequest())
        ->setName($formattedName);
    $operationResponse = $livestreamClient->deleteAsset($request);
    $operationResponse->pollUntilComplete();
    if ($operationResponse->operationSucceeded()) {
        // Print status
        printf('Deleted asset %s' . PHP_EOL, $assetId);
    } else {
        $error = $operationResponse->getError();
        // handleError($error)
    }
}

Python

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Python API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import argparse

from google.cloud.video.live_stream_v1.services.livestream_service import (
    LivestreamServiceClient,
)
from google.protobuf import empty_pb2 as empty

def delete_asset(project_id: str, location: str, asset_id: str) -> empty.Empty:
    """Deletes an asset.
    Args:
        project_id: The GCP project ID.
        location: The location of the asset.
        asset_id: The user-defined asset ID."""

    client = LivestreamServiceClient()

    name = f"projects/{project_id}/locations/{location}/assets/{asset_id}"
    operation = client.delete_asset(name=name)
    response = operation.result(600)
    print("Deleted asset")

    return response

Ruby

Live Stream API のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Live Stream API クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Live Stream API の Ruby API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Live Stream API への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

require "google/cloud/video/live_stream"

##
# Delete an asset
#
# @param project_id [String] Your Google Cloud project (e.g. "my-project")
# @param location [String] The location (e.g. "us-central1")
# @param asset_id [String] Your asset name (e.g. "my-asset")
#
def delete_asset project_id:, location:, asset_id:
  # Create a Live Stream client.
  client = Google::Cloud::Video::LiveStream.livestream_service

  # Build the resource name of the asset.
  name = client.asset_path project: project_id, location: location, asset: asset_id

  # Delete the asset.
  operation = client.delete_asset name: name

  # The returned object is of type Gapic::Operation. You can use this
  # object to check the status of an operation, cancel it, or wait
  # for results. Here is how to block until completion:
  operation.wait_until_done!

  # Print a success message.
  puts "Deleted asset"
end