NFS ポートの設定

マウントされた Filestore ファイル共有で使用する予定のアプリケーションで NFS ファイルロックが必要であり、設定が未変更であるデフォルトの VPC ネットワーク以外のネットワークが Filestore インスタンスで使用されている場合、ファイアウォール構成をより容易に行うために、クライアント VM インスタンスに statd デーモンと nlockmgr デーモン用のポートを設定する必要が生じることがあります。VPC ネットワークに対してファイアウォール ルールを構成する必要があるかどうかを判別する方法の詳細については、ファイアウォール ルールの構成をご覧ください。

ファイアウォール ルールを構成する必要がある場合、または、いずれかの時点で構成が必要になると考えられる場合、statd ポートと nlockmgr ポートを設定し、これらのポートがすべてのクライアント VM インスタンスで整合性を持つようにすることを強くおすすめします。

ポート設定の確認

クライアント VM インスタンスで次のコマンドを実行し、statd ポートと nlockmgr ポートの現在の設定を確認します。ファイルが存在しない場合、またはオプションに値が設定されていない場合、ポートは設定されていません。その場合、デーモンは使用可能な任意のポートに動的に割り当てられます。

Debian、Ubuntu

  1. 次のコマンドを実行し、STATDOPTS の値を調べて、statd ポートを確認します。

    cat /etc/default/nfs-common
  2. 次のコマンドを実行し、nlm_tcpportnlm_udpport の値を調べて、nlockmgr ポートを確認します。

    cat /etc/modprobe.d/lock.conf

RHEL / CentOS

  1. 次のコマンドを実行し、STATD_PORT の値を調べて、statd ポートを確認します。

    cat /etc/sysconfig/nfs
  2. 次のコマンドを実行し、nlm_tcpportnlm_udpport の値を調べて、nlockmgr ポートを確認します。

    cat /etc/modprobe.d/lock.conf

SUSE

次のコマンドを実行し、STATD_PORT の値を調べて statd ポートを確認し、LOCKD_TCPPORTLOCKD_UDPPORT の値を調べて nlockmgr ポートを確認します。

cat /etc/sysconfig/nfs

ポートの設定

クライアント VM インスタンスで次のコマンドを実行し、statd ポートと nlockmgr ポートを設定します。これらの例では vim テキスト エディタを使用していますが、任意のテキスト エディタを使用できます。これらの例では一般的な選択という理由で、statd のポートとして 2046 を使用し、nlockmgr のポートとして 4045 を使用していますが、ネットワーク構成に応じて別のポートを使用することもできます。

Debian、Ubuntu

  • statd ポートを設定します。

    1. 編集する /etc/default/nfs-common ファイルを開きます。

      sudo vim /etc/default/nfs-common
    2. STATDOPTS オプションを設定します。

      STATDOPTS="-p 2046"
    3. ファイルを保存して終了します。
  • nlockmgr ポートを設定します。

    1. /etc/modprobe.d/lock.conf ファイルを作成します。

      sudo vim /etc/modprobe.d/lock.conf
    2. nlm_tcpportnlm_udpport、の各オプションを設定します。

      options lockd nlm_tcpport=4045
      options lockd nlm_udpport=4045
    3. ファイルを保存して終了します。

RHEL / CentOS

  • statd ポートを設定します。

    1. 編集する /etc/sysconfig/nfs ファイルを開きます。

      sudo vim /etc/sysconfig/nfs
    2. STATD_PORT オプションを設定します。

      STATD_PORT=2046
    3. ファイルを保存して終了します。
  • nlockmgr ポートを設定します。

    1. /etc/modprobe.d/lock.conf ファイルを作成します。

      sudo vim /etc/modprobe.d/lock.conf
    2. nlm_tcpportnlm_udpport、の各オプションを設定します。

      options lockd nlm_tcpport=4045
      options lockd nlm_udpport=4045
    3. ファイルを保存して終了します。

SUSE

statd ポートと nlockmgr ポートを設定します。

  1. 編集する /etc/sysconfig/nfs ファイルを開きます。

    sudo vim /etc/sysconfig/nfs
  2. STATD_PORTLOCKD_TCPPORTLOCKD_UDPPORT の各オプションを設定します。

    STATD_PORT=2046
    LOCKD_TCPPORT=4045
    LOCKD_UDPPORT=4045
  3. ファイルを保存して終了します。