Terraform 制約を作成する

始める前に

制約フレームワーク

gcloud beta terraform vet制約フレームワーク ポリシーを使用します。これは、制約と制約テンプレートで構成されます。この 2 つの違いは次のとおりです。

  • 制約テンプレートは関数の宣言に似ています。ルールを定義し、変数を入力として受け取ります。
  • 制約は制約テンプレートを参照するファイルで、使用する値を定義します。

制約テンプレートを作成する

1. サンプルデータを収集する

制約テンプレートを作成するには、サンプルデータが必要です。Terraform ベースの制約は、Terraform プラン JSONresource_changes キーから取得したリソース変更データを処理します。

たとえば、JSON は次のようになります。

// tfplan.json
{
  "format_version": "0.2",
  "terraform_version": "1.0.10",
  "resource_changes": [
    {
      "address": "google_compute_address.internal_with_subnet_and_address",
      "mode": "managed",
      "type": "google_compute_address",
      "name": "internal_with_subnet_and_address",
      "provider_name": "registry.terraform.io/hashicorp/google",
      "change": {
        "actions": [
          "create"
        ],
        "before": null,
        "after": {
          "address": "10.0.42.42",
          "address_type": "INTERNAL",
          "description": null,
          "name": "my-internal-address",
          "network": null,
          "prefix_length": null,
          "region": "us-central1",
          "timeouts": null
        },
        "after_unknown": {
          "creation_timestamp": true,
          "id": true,
          "network_tier": true,
          "project": true,
          "purpose": true,
          "self_link": true,
          "subnetwork": true,
          "users": true
        },
        "before_sensitive": false,
        "after_sensitive": {
          "users": []
        }
      }
    }
  ],
  // other data
}

2. Rego を作成する

サンプルデータを取得したら、制約テンプレートのロジックを Rego で作成できます。Rego には violations ルールが必要です。レビュー中のリソース変更は、input.review として利用できます。制約パラメータは input.parameters として使用できます。たとえば、google_compute_address リソースに address_type が許可されるようにするには、次のように記述します。

# validator/tf_compute_address_address_type_allowlist_constraint_v1.rego
package templates.gcp.TFComputeAddressAddressTypeAllowlistConstraintV1

violation[{
  "msg": message,
  "details": metadata,
}] {
  resource := input.review
  resource.type == "google_compute_address"

  allowed_address_types := input.parameters.allowed_address_types
  count({resource.after.address_type} & allowed_address_types) >= 1
  message := sprintf(
    "Compute address %s has a disallowed address_type: %s",
    [resource.address, resource.after.address_type]
  )
  metadata := {"resource": resource.name}
}

制約テンプレートの名前を指定する

上記の例では、TFComputeAddressAddressTypeAllowlistConstraintV1 という名前を使用しています。これは、各制約テンプレートの一意の識別子です。命名のガイドラインに従うことをおすすめします。

  • 一般的な形式: TF{resource}{feature}Constraint{version}キャメルケースを使用してください(つまり、各単語の先頭を大文字にします)。
  • 単一リソース制約の場合は、Terraform プロバイダの命名規則に従ってください。たとえば、google_tags_tag の場合、API 名が resourcemanager であっても、プロダクト名は tags です。
  • テンプレートが複数のタイプのリソースに適用される場合は、リソースの部分を省略し、機能のみを含めます(例: 「TFAddressTypeAllowlistConstraintV1」)。
  • バージョン番号が semver 形式に準拠していません。これは 1 個の数字です。これにより、テンプレートのすべてのバージョンを効率的に一意のテンプレートにすることができます。

制約テンプレート名と一致する Rego ファイルの名前を使用することをおすすめしますが、スネークケースを使用します。つまり、名前を _ を使って小文字の個別の単語に変換します。上記の例では、推奨されるファイル名は tf_compute_address_address_type_allowlist_constraint_v1.rego です。

3. Rego をテストする

Rego を手動でテストするには、Rego Playground を使用します。機密でないデータを使用してください。

自動テストを作成することをおすすめします。収集したサンプルデータを validator/test/fixtures/<constraint filename>/resource_changes/data.json に配置し、次のようにテストファイルで参照します。

# validator/tf_compute_address_address_type_allowlist_constraint_v1_test.rego
package templates.gcp.TFComputeAddressAddressTypeAllowlistConstraintV1

import data.test.fixtures.tf_compute_address_address_type_allowlist_constraint_v1_test.resource_changes as resource_changes

test_violation_with_disallowed_address_type {
  parameters := {
    "allowed_address_types": "EXTERNAL"
  }
  violations := violation with input.review as resource_changes[_]
    with input.parameters as parameters
  count(violations) == 1
}

Rego とテストをポリシー ライブラリの validator フォルダに配置します。

4. 制約テンプレートのスケルトンを設定する

作業中の Rego ルールのテストが完了したら、これを制約テンプレートとしてパッケージ化する必要があります。制約フレームワークでは、ポリシー Rego のコンテナとして Kubernetes カスタム リソース定義を使用します。

制約テンプレートは、OpenAPI V3 スキーマを使用して、制約からの入力として許可するパラメータも定義します。

Rego で使用したものと同じ名前をスケルトンに使用してください。具体的には次のとおりです。

  • REGO と同じファイル名を使用します。例: tf_compute_address_address_type_allowlist_constraint_v1.yaml
  • spec.crd.spec.names.kind はテンプレート名です
  • metadata.name にはテンプレート名を含めます。ただし、小文字で指定してください。

制約テンプレートのスケルトンを policies/templates に配置します。

上記の例では、次のようになります。

# policies/templates/tf_compute_address_address_type_allowlist_constraint_v1.yaml
apiVersion: templates.gatekeeper.sh/v1beta1
kind: ConstraintTemplate
metadata:
  name: tfcomputeaddressaddresstypeallowlistconstraintv1
spec:
  crd:
    spec:
      names:
        kind: TFComputeAddressAddressTypeAllowlistConstraintV1
      validation:
        openAPIV3Schema:
          properties:
            allowed_address_types:
              description: "A list of address_types allowed, for example: ['INTERNAL']"
              type: array
              items:
                type: string
  targets:
    - target: validation.resourcechange.terraform.cloud.google.com
      rego: |
            #INLINE("validator/tf_compute_address_address_type_allowlist_constraint_v1.rego")
            #ENDINLINE

5. Rego をインライン化する

この時点で、前の例のディレクトリ レイアウトは次のようになります。

| policy-library/
|- validator/
||- tf_compute_address_address_type_allowlist_constraint_v1.rego
||- tf_compute_address_address_type_allowlist_constraint_v1_test.rego
|- policies
||- templates
|||- tf_compute_address_address_type_allowlist_constraint_v1.yaml

Google 提供のポリシー ライブラリ リポジトリのクローンを作成した場合は、make build を実行して、validator で定義された Rego を使用して、policies/templates の制約テンプレートを自動的に更新します。

6. 制約を設定する

制約には、gcloud beta terraform vet が適切に適用され、違反を報告するために必要な 3 つの情報が含まれています。

  • severity: lowmedium、または high
  • match: 制約が特定のリソースに適用されるかどうかを判断するためのパラメータ。次の一致パラメータがサポートされています。
    • addresses: glob スタイルの一致を使用して含めるリソース アドレスのリスト
    • excludedAddresses: (省略可)glob スタイル マッチングを使用して除外するリソース アドレスのリスト。
  • parameters: 制約テンプレートの入力パラメータの値。

kind に制約テンプレート名が含まれていることを確認します。metadata.name には、説明的なスラッグを設定することをおすすめします。

たとえば、前述の制約テンプレートのサンプルを使用して INTERNAL アドレスタイプのみを許可するには、次のように入力します。

# policies/constraints/tf_compute_address_internal_only.yaml
apiVersion: constraints.gatekeeper.sh/v1beta1
kind: TFComputeAddressAddressTypeAllowlistConstraintV1
metadata:
  name: tf_compute_address_internal_only
spec:
  severity: high
  match:
    addresses:
    - "**"
  parameters:
    allowed_address_types:
    - "INTERNAL"

マッチングの例:

アドレス マッチャー 説明
`module.**` 任意のモジュール内のすべてのリソース
`module.my_module.**` モジュール「my_module」内のすべて
`**.google_compute_global_forwarding_rule.*` 任意のモジュール内のすべての google_compute_global_forwarding_rule リソース
`module.my_module.google_compute_global_forwarding_rule.*` my_module 内のすべての google_compute_global_forwarding_rule リソース

リソース アドレスが addressesexcludedAddresses の値と一致する場合、リソース アドレスは除外されます。

制限事項

Terraform プランデータは、適用後の実際の状態を可能な限り最も適切に表したものです。ただし、多くの場合、適用後の状態はサーバー側で計算されるため、不明になる場合があります。

サポートされているリソース

リソース変更の制約は、Terraform の google プロバイダと google-beta プロバイダから作成できます。