メソッド: projects.configs.variables.list

任意の設定内で、設定されたすべてのフィルタにマッチする変数を一覧表示します。これは変数名のみ一覧し、値は表示しません。

HTTP リクエスト

GET https://runtimeconfig.googleapis.com/v1beta1/{parent=projects/*/configs/*}/variables

この URL は Google API HTTP アノテーション構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
parent

string

変数を一覧表示したい RuntimeConfig リソースへのパス。設定はあらかじめ存在している必要があります。パスは次の形式となります。

projects/[PROJECT_ID]/configs/[CONFIG_NAME]

クエリ パラメータ

パラメータ
filter

string

指定したフィルタを照合することによって、変数をフィルタリングします。次に例を示します。

projects/example-project/config/[CONFIG_NAME]/variables/example-variable

pageSize

number

ページごとに返す結果の数を指定します。指定された数より要素が少ない場合、すべての要素が返されます。

pageToken

string

使用するページトークンを指定します。結果の次のページを取得するには、直前のリスト リクエストで返された pageTokennextPageToken を設定します。

リクエストの本文

リクエストの本文は空にする必要があります。

レスポンスの本文

成功すると、レスポンスの本文には次の構造のデータが含まれます。

variables.list() メソッドのレスポンス。

JSON 表現

{
  "variables": [
    {
      object(Variable)
    }
  ],
  "nextPageToken": string,
}
フィールド
variables[]

object(Variable)

変数とその値のリストです。返された変数オブジェクトの順序は任意です。

nextPageToken

string

このトークンで、リスト リクエストのために、結果の次のページを取得することができます。結果の数が pageSize より大きい場合、nextPageToken を次のリスト要求のクエリパラメータ pageToken の値として使用します。その後のリスト リクエストでは、独自の nextPageToken により、結果全体でページングを継続します。

承認

以下のいずれかの OAuth スコープを設定する必要があります。

  • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform
  • https://www.googleapis.com/auth/cloudruntimeconfig

詳細は、Auth ガイドを参照してください。

試してみましょう

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...