デプロイ: getIamPolicy

承認が必要

リソースのアクセス制御ポリシーを取得します。このようなポリシーまたはリソースが存在しない場合は空白になることがあります。

リクエスト

HTTP リクエスト

GET https://www.googleapis.com/deploymentmanager/v2/projects/project/global/deployments/resource/getIamPolicy

パラメータ

パラメータ名 説明
パスパラメータ
project string このリクエストのプロジェクト ID。
resource string このリクエストのリソースの名前。

承認

このリクエストには、次の 1 つ以上のスコープの承認が必要です(認証と承認についてはこちらをご覧ください)。

スコープ
https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform
https://www.googleapis.com/auth/ndev.cloudman

リクエストの本文

このメソッドにはリクエストの本文を指定しないでください。

レスポンス

成功すると、このメソッドによって次の構造を含むレスポンスの本文が返されます。

{
  "version": integer,
  "bindings": [
    {
      "role": string,
      "members": [
        string
      ]
    }
  ],
  "auditConfigs": [
    {
      "service": string,
      "exemptedMembers": [
        string
      ],
      "auditLogConfigs": [
        {
          "logType": string,
          "exemptedMembers": [
            string
          ]
        }
      ]
    }
  ],
  "rules": [
    {
      "description": string,
      "permissions": [
        string
      ],
      "action": string,
      "ins": [
        string
      ],
      "notIns": [
        string
      ],
      "conditions": [
        {
          "iam": string,
          "sys": string,
          "svc": string,
          "op": string,
          "value": string,
          "values": [
            string
          ]
        }
      ],
      "logConfigs": [
        {
          "counter": {
            "metric": string,
            "field": string
          }
        }
      ]
    }
  ],
  "etag": bytes,
  "iamOwned": boolean
}
プロパティ名 説明
version integer ポリシーのバージョン。デフォルトのバージョンは 0 です。

bindings[] list `members` のリストを `role` に関連付けます。 同じ `role` に複数の `bindings` を指定することはできません。メンバーがない `bindings` はエラーとなります。
bindings[].role string `members` に割り当てられたロール。例: `roles/viewer`、`roles/editor`、または `roles/owner`。
bindings[].members[] list Cloud Platform リソースにアクセスをリクエストする識別子を指定します。`members` には次の値を指定できます。

* `allUsers`: Google アカウントの有無を問わず、インターネット上の全員を表す特殊な識別子。

* `allAuthenticatedUsers`: Google アカウントまたはサービス アカウントで認証されたユーザー全員を表す特殊な識別子。

* `user:{emailid}`: 特定の Google アカウントを表すメールアドレス。例: `alice@gmail.com` または `joe@example.com`。



* `serviceAccount:{emailid}`: サービス アカウントを表すメールアドレス。例, `my-other-app@appspot.gserviceaccount.com`。

* `group:{emailid}`: Google グループを表すメールアドレス。例: `admins@example.com`。

* `domain:{domain}`: Google Apps ドメイン名。そのドメインのすべてのユーザーを表します。例: `google.com` または`example.com`。







auditConfigs[] list 「データアクセス」に関する監査ログの設定を指定します。「データアクセス」とは、一般に、データの読み取り / 書き込みと管理読み取りを指します。「管理アクティビティ」とは、一般に、管理書き込みを指します。

注: `AuditConfig` は「管理アクティビティ」には適用されません。「管理アクティビティ」では常に監査ログが有効にされます。
auditConfigs[].service string 監査ログに対して有効になるサービスを指定します。たとえば、`resourcemanager`、`storage`、`compute`、`allServices` は、すべてのサービスを網羅する特殊値です。
auditConfigs[].exemptedMembers[] list 上記の `service` に指定した「データアクセス」監査ログの適用が除外される識別子を指定します。Binding.members の同じ形式に従ってください。
auditConfigs[].auditLogConfigs[] list ログのタイプごとの設定
auditConfigs[].auditLogConfigs[].logType string この設定で有効になるログタイプ。
auditConfigs[].auditLogConfigs[].exemptedMembers[] list このタイプのログから除外される ID を指定します。Binding.members の同じ形式に従ってください。
rules[] list 複数のルールを指定した場合、次のように適用されます。- 一致するすべての LOG ルールは常に適用されます。- いずれかの DENY/DENY_WITH_LOG ルールが一致する場合は、権限が拒否されます。1 つ以上の一致ルールでログが必要な場合は、ログが適用されます。- それ以外の場合、ALLOW/ALLOW_WITH_LOG ルールのいずれかが一致すれば、権限が付与されます。ログが適用されるのは、1 つ以上の一致するルールがログを必要としている場合です。- そうでなくても、適用されるルールがなければ、権限は拒否されます。
rules[].description string 人が読める形式のルールの説明。
rules[].permissions[] list 権限は '..' 形式の文字列です(例: 'storage.buckets.list')。値 '*' はすべての権限に一致します。また、動詞部分の '*' (例: 'storage.buckets.*')はすべての動詞と一致します。

rules[].action string 必須
rules[].ins[] list 1 つ以上の 'in' 句が指定され、そのエントリの 1 つ以上に PRINCIPAL/AUTHORITY_SELECTOR がある場合、ルールが一致します。
rules[].notIns[] list 1 つ以上の 'not_in' 句が指定され、そのエントリのいずれにも PRINCIPAL/AUTHORITY_SELECTOR がない場合、ルールが一致します。
rules[].conditions[] list 満たされる必要がある追加の制限。
rules[].conditions[].iam string IAM システムにより提供される信頼できる属性。
rules[].conditions[].sys string リソースを所有し、アクセス制御に IAM システムを使用しているサービスにより提供される信頼できる属性。
rules[].conditions[].svc string サービスにより提供される信頼できる属性。
rules[].conditions[].op string 対象に適用する演算子。
rules[].conditions[].value string 非推奨。代わりに 'values' を使用してください。
rules[].conditions[].values[] list 条件のオブジェクト。これは、'value' と相互に排他的です。
rules[].logConfigs[] list LOG アクションに一致する任意のエントリの tech.iam.IAM.CheckPolicy の呼び出し元に返される設定。
rules[].logConfigs[].counter nested object カウンタ オプション。
rules[].logConfigs[].counter.metric string 更新する指標。
rules[].logConfigs[].counter.field string 該当するフィールド値。
etag bytes `etag` は、オプティミスティック同時実行制御でポリシーの同時更新による相互上書きを防ぐために使用されます。競合状態の発生を回避するため、システムのポリシー更新の読み込み・変更・書き込みサイクルで `etag` を活用することを強くお勧めします。`etag` は `getIamPolicy` へのレスポンスで返されます。その etag を `setIamPolicy` に対するリクエストに設定すれば、対応する変更が同じバージョンのポリシーに確実に適用されるようになります。

`setIamPolicy` の呼び出しで `etag` を指定しないと、既存のポリシーに変更がそのまま上書きされます。
iamOwned boolean

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Deployment Manager のドキュメント