Node.js 用 Stackdriver Debugger の設定

App Engine

  1. npm を使用してパッケージをインストールします。

    npm install --save @google-cloud/debug-agent
    
  2. アプリのメイン スクリプトまたはエントリ ポイントの先頭でエージェントを有効にします(@google/cloud-trace を使用している場合は、その後)。

    require('@google-cloud/debug-agent').start();
    

これで、アプリでデバッガを使用できるようになりました。

GCP Console の [デバッグ] ページにデプロイ済みアプリのソースコードを自動的に表示する方法については、ソースコードを自動的に選択するをご覧ください。

GKE

  1. クラスタが次のいずれかのアクセス スコープで作成されていることを確認します。

    • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform
    • https://www.googleapis.com/auth/cloud_debugger

    例:

    gcloud container clusters create EXAMPLE-CLUSTER-NAME \
        --scopes https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform
    
  2. Compute Engine の手順に従います。

Compute Engine

  1. Compute Engine インスタンスが [すべての Cloud API に完全アクセス権を許可] アクセス スコープ オプションで作成されていることを確認するか、次のいずれかのアクセス スコープを使用します。

    • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform
    • https://www.googleapis.com/auth/cloud_debugger
  2. npm を使用してパッケージをインストールします。

    npm install --save @google-cloud/debug-agent
    
  3. アプリのメイン スクリプトまたはエントリ ポイントの先頭でエージェントを有効にします(@google/cloud-trace を使用している場合は、その後)。

    require('@google-cloud/debug-agent').start({
      serviceContext: {
        service: 'SERVICE',
        version: 'VERSION'
      }
    });
    

    ここで:

    • SERVICE はアプリの名前です。例: MyAppBackendFrontend
    • VERSION はバージョンです。例: v1.0build_147v20170714

    これらの値を環境変数から設定することをおすすめします。この方法では、デプロイごとにソースコードを変更する必要はありません。

これで、アプリでデバッガを使用できるようになりました。

GCP Console の [デバッグ] ページにデプロイ済みアプリのソースコードを自動的に表示する方法については、ソースコードを自動的に選択するをご覧ください。

ローカルと他の場所

  1. npm を使用してパッケージをインストールします。

    npm install --save @google-cloud/debug-agent
    
  2. サービス アカウントの認証情報をダウンロードします。

    Google Cloud Platform でホストされていないマシンで Node.js 用 Stackdriver Debugger エージェントを使用するには、エージェントが GCP サービス アカウントの認証情報を使用して Stackdriver Debugger サービスの認証を行う必要があります。

    GCP Console の [サービス アカウント] ページで、既存または新しいサービス アカウントの認証情報ファイルを作成します。サービス アカウントには、少なくとも Stackdriver Debugger Agent 役割が必要です。

  3. ダウンロードした認証情報でエージェントを構成し、有効にします。

    require('@google-cloud/debug-agent').start({
      projectId: 'your-project-id',
      keyFilename: '/path/to/key.json',
      serviceContext: {
        service: 'SERVICE',
        version: 'VERSION'
      }
    });
    

    ここで:

    • SERVICE はアプリの名前です。例: MyAppBackendFrontend
    • VERSION はバージョンです。例: v1.0build_147v20170714

    これらの値を環境変数から設定することをおすすめします。この方法では、デプロイごとにソースコードを変更する必要はありません。

これで、アプリでデバッガを使用できるようになりました。

GCP Console の [デバッグ] ページには、ローカル環境のソースファイルをアップロードせずに表示できます。ソースコードを手動で選択するをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Stackdriver Debugger のドキュメント