Dataplex のビジネス用語集の作成と管理

このドキュメントでは、Dataplex のビジネス用語集でビジネス用語集のコンテンツを作成して使用する方法を説明します。

ビジネス用語集は、組織全体でビジネス関連の用語と定義を保持して一元管理する場所を提供します。これを使用すると、カタログ化されたデータエントリの列に用語をアタッチできます。

Dataplex のビジネス用語集は、次のことを行うために使用できます。

  • ビジネス用語集、カテゴリ、用語を作成、管理する。
  • カテゴリは、カテゴリと用語の階層構造を表します。
  • 用語間の類義語や関連する用語同士の関係を明らかにする。
  • 用語をデータエントリ列にアタッチする。
  • ビジネス用語集内の用語を閲覧、フィルタする。
  • 特定のキーワードに関連する用語とデータエントリを表示する。
  • 特定の用語でタグ付けされたデータエントリを検索する。
  • 特定のデータエントリに関連する用語を表示する。

用語

このドキュメントでは、以下の用語を使用します。

ビジネス用語集

ビジネス用語集は、適切な語彙を提供し、企業のビジネス用語を、関連する用語の定義と用語間の関係とともに管理するリポジトリです。ビジネス用語とその定義を保持して一元管理する場所を提供します。ビジネス用語集には、コンソールに表示される次のプロパティがあります。

  • 概要: ビジネス用語集の目的と内容を説明する自由形式のリッチテキスト。

Category

カテゴリは、ビジネス用語集内で定義されます。さまざまなカテゴリや用語を整理して構造化できます。カテゴリは 3 階層までネストできます。カテゴリのプロパティは次のとおりです。

  • カテゴリ: 現在のカテゴリのコンテナを確立するために使用する関係性(存在する場合)。
  • 説明: 自由形式リッチテキストによるビジネスにおけるカテゴリの定義。
  • データ スチュワード: そのカテゴリの管理を担当するユーザーを指定します。これは説明的なプロパティであり、そのカテゴリの権限には影響しません。

用語

用語は、用語集内のビジネス用語集で直接定義されるか、用語集のカテゴリ内で定義されます。企業の特定のビジネス部門で使用されるコンセプトを説明します。用語には、コンソールに表示される次のプロパティがあります。

  • カテゴリ: 現在の用語のコンテナを確立するために使用する関係性(存在する場合)。
  • 説明: 自由形式リッチテキストによるビジネスにおける用語の定義。
  • データ スチュワード: その用語の管理を担当するユーザーを指定します。これは説明的なプロパティであり、その用語の権限には影響しません。

用語は、データエントリ列にアタッチすることで、その列がそれぞれの用語で説明されることを示せます。

類義語

類義語とは、2 つの異なる用語間の意味上の類似性や同等性を示すために使用される関係です。2 つの類似する用語が、異なるチームによって異なる用語集に定義されている場合に使用します。たとえば、earningsincome です。

関連する用語は、2 つの用語が意味的に関連しているが、異なっていることを示すために使用される関係です。たとえば、profitincome です。

始める前に

制限事項

  • ビジネス用語集への用語の一括インポートはサポートされていません。
  • ビジネス用語集機能は、Google Cloud コンソールでのみサポートされています。
  • Dataplex の [検索] ページでデータエントリを検索すると、検索結果には、アタッチされた用語のいずれかが検索に使用された用語に一致するデータエントリが含まれます。ただし、一致した用語への参照は検索結果に表示されません。
  • BigQuery Omni のリージョンは、サポートされていません。これらのリージョンでは、ビジネス用語集のコンテンツの作成や、データエントリへの用語のアタッチはできません。

必要なロールと権限

用語集の作成と管理に必要な権限を取得するには、プロジェクトに対する次の IAM ロールの付与を管理者に依頼してください。

ロールの付与の詳細については、アクセスの管理をご覧ください。

これらの事前定義ロールには、用語集の作成と管理に必要な権限が含まれています。必要な権限を正確に確認するには、[必要な権限] セクションを開いてください。

必要な権限

用語集を作成および管理するには、次の権限が必要です。

  • 用語集、カテゴリ、用語に対する完全アクセス権:
    • datacatalog.entries.*
    • datacatalog.relationships.*
  • 用語集、カテゴリ、用語の読み取り、用語と用語のアタッチ、用語とデータエントリのアタッチ:
    • datacatalog.entries.get
    • datacatalog.entries.list
    • datacatalog.relationships.*
  • 用語集、カテゴリ、用語への読み取り専用アクセス権:
    • datacatalog.entries.get
    • datacatalog.entries.list
    • datacatalog.entryGroups.get
    • datacatalog.relationships.list
    • resourcemanager.projects.list
    • resourcemanager.projects.get
  • 用語集の作成や削除: datacatalog.entryGroups.create

カスタムロールや他の事前定義ロールを使用して、これらの権限を取得することもできます。

Data Catalog のロールと権限の詳細については、Data Catalog の事前定義ロールをご覧ください。

ビジネス用語集の作成と管理

ビジネス用語集を作成する

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. [ビジネス用語集を作成] をクリックします。

  3. [ビジネス用語集を作成] ページで、ビジネス用語集の名前、ロケーション、説明を指定します。

    名前とロケーションの入力は必須です。用語集の作成後はロケーションを変更できません。

  4. [作成] をクリックします。

    用語集が現在のプロジェクトの配下に作成され、用語集ページが表示されます。

使用可能な用語集のリストを表示する

  • Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

    [マイ用語集] パネルに、view 権限を持つ組織のすべての用語集が表示されます。用語集には、説明と最終更新日時が表示されます。

用語集を変更する

用語集の名前と説明は変更できます。

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. 変更する用語集をクリックします。

    • 名前を編集するには、[] をクリックし、新しい名前を入力して [保存] をクリックします。

    • 説明を編集するには、[説明を編集] をクリックし、新しい説明を入力して、[保存] をクリックします。

用語集を削除する

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. 削除する用語集をクリックします。

  3. [削除] をクリックします。

    操作を確定するには、用語集名を入力して [確定] をクリックします。

カテゴリを作成、管理する

用語集の下にカテゴリを作成する

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. カテゴリを作成する用語集を選択し、[カテゴリを作成] をクリックします。

  3. [カテゴリを作成] ページで、カテゴリの名前と説明を入力します。

  4. [作成] をクリックします。

    カテゴリの詳細ページが開きます。

カテゴリの下にカテゴリを作成する

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. カテゴリを作成する用語集を展開します。

  3. 別のカテゴリを作成する親カテゴリを選択し、[カテゴリを作成] をクリックします。カテゴリは 3 階層までネストできます。

  4. [カテゴリを作成] ページで、カテゴリの名前と説明を入力します。

  5. [作成] をクリックします。

    カテゴリの詳細ページが開きます。

利用可能なカテゴリのリストを表示する

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. 用語集を開いて、使用可能なカテゴリの一覧を表示します。

  3. カテゴリを展開して、使用可能なネストされたカテゴリのリストを表示します。

カテゴリを更新する

現在のカテゴリの名前、説明、データ スチュワード、親カテゴリを変更できます。

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. 用語集を開いて、変更するカテゴリをクリックします。

    1. 名前を編集するには、[] をクリックして、新しい名前を入力します。

    2. 説明を編集するには、[説明を編集] をクリックして、新しい説明を入力します。

    3. データ スチュワードのリストを編集するには、[Steward] の横にある [] をクリックし、データ スチュワードのメールのリストを入力して、[保存] をクリックします。

    4. カテゴリを編集するには、[カテゴリ] の横にある をクリックします。

      • 親カテゴリを変更するには、[カテゴリを選択] フィールドに、現在の用語集から新しい親カテゴリの名前を入力し、選択します。

      • 現在のカテゴリを削除するには、[カテゴリを選択] フィールドで [---None---] を選択します。

      [保存] をクリックします。

カテゴリを削除する

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. 用語集を開き、完全に削除するカテゴリをクリックします。

    削除が元に戻せないという警告が表示され、現在のカテゴリ下にあるすべての用語とカテゴリが次の階層に移動します。

    削除を確定するには、カテゴリ名を入力して [確定] をクリックします。

用語の作成と管理

用語を作成する

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. 用語を作成する用語集を選択し、[用語を作成] をクリックします。

  3. [用語を作成] ページで、用語の名前と説明を入力します。

  4. [作成] をクリックします。

    用語の詳細ページが開きます。

利用可能な用語の一覧を表示する

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. 用語集を開いて、使用可能な用語の一覧を表示します。

用語の詳細にアクセスする

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. 用語集を開いて利用可能な用語の一覧を表示します。

  3. 用語をクリックします。

    用語の詳細ページには、用語名、説明、関連する用語、類義語、関連エントリが表示されます。

用語を更新する

用語の名前、説明、データ スチュワードは変更できます。

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. 用語集を開いて、変更する用語をクリックします。

    1. 名前を編集するには、[] をクリックして、新しい名前を入力します。

    2. 説明を編集するには、[説明を編集] をクリックして、新しい説明を入力します。

    3. データ スチュワードのリストを編集するには、[Steward] の横にある [] をクリックし、データ スチュワードのメールのリストを入力して、[保存] をクリックします。

    4. カテゴリを編集するには、[カテゴリ] の横にある をクリックします。

      • 親カテゴリを変更するには、[カテゴリを選択] フィールドに、現在の用語集から新しい親カテゴリの名前を入力し、選択します。

      • 現在のカテゴリを削除するには、[カテゴリ フィールドを選択] で [---None---] を選択します。

      [保存] をクリックします。

用語を削除する

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. 用語集を開き、完全に削除する用語をクリックします。

    削除が元に戻せず、そのキーワードに関連するすべての関係が削除されることを示す警告が表示されます。

    削除を確認するには、用語名を入力して [確認] をクリックします。

用語間に関係を追加するには、関連する用語または類義語としてマークします。関連する用語と類義語の一覧が用語の詳細ページに表示されます。

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. 用語集を開いて、類義語や関連する用語をアタッチする用語をクリックします。

  3. [関連する用語] または [類義語] で [] をクリックします。

  4. [用語集を検索する] フィールドに、アタッチする用語を入力し、検索結果から用語を選択します。

    用語を選択すると、すぐにアタッチされます。

  5. [完了] をクリックします。

  1. Google Cloud コンソールで、[Dataplex 用語集] ページに移動します。

    [用語集] に移動

  2. 用語集を開いて、類義語または関連する用語を削除する用語をクリックします。

  3. 関連する用語を削除するには、次の手順を行います。

    1. [関連する用語] の横にある [] をクリックします。

    2. 削除する関連する用語の [] をクリックします。アタッチされている用語はすぐに削除されます。

    3. [完了] をクリックします。

  4. 類義語を削除するには、次の手順を行います。

    1. [Synonyms] の横にある [] をクリックします。

    2. 削除する類義語の [] をクリックします。アタッチされている用語はすぐに削除されます。

    3. [完了] をクリックします。

列レベルの用語を管理する

スキーマを含むカタログ エントリの列(テーブルやファイルセットなど)に用語をアタッチして、列データに関するコンテキストを増やせます。

用語を列に付け加える

  1. スキーマがあるカタログ エントリに移動します。

  2. [スキーマ] タブをクリックします。

  3. [ビジネス用語] 列で、用語をアタッチするフィールドの [] をクリックします。

  4. [キーワード検索] フィールドに用語名を入力し、検索結果から選択します。複数の用語を選択できます。

  5. [用語をアタッチ] をクリックします。

列に付け加えられた用語の詳細を表示する

  1. スキーマがあるカタログ エントリに移動します。

  2. [スキーマ] タブをクリックします。

  3. [ビジネス用語] 列で、用語をクリックして用語の説明を表示します。このウィンドウのオプションを使用して、用語を削除することや、用語の詳細ページに移動することもできます。

列に付け加えられた用語を削除する

  1. スキーマがあるカタログ エントリに移動します。

  2. [スキーマ] タブをクリックします。

  3. [ビジネス用語] 列で、削除する用語の [] をクリックします。

    検索キーワードをクリックしてから、[ビジネス用語を削除する] > [確認] をクリックして、アタッチされている用語を削除することもできます。

用語集と用語を見つける

ビジネス用語集のコンテンツを移動するには、Dataplex 用語集ページの用語集と用語ツリーを使用します。

Dataplex の [用語集] ページのフィルタバーを使用すると、条件に基づいて表示名または用語でカテゴリを見つけることができます。フィルタでは、フィルタクエリに一致する属性を持つ項目が返されます。次の修飾子を使用することもできます。

  • parent:VALUE

    親用語集の名前や説明が VALUE に一致する用語を強調表示します。

    たとえば、parent:Finance は、フレーズ Finance を含む親用語集の名前や説明にアタッチされた用語を強調表示します。

  • contact:VALUE

    データ スチュワードが VALUE である条件を強調表示します。

    たとえば、contact:johndoe@company.org は、データ スチュワードが johndoe@company.org と一致する用語に接続されたエントリを強調表示します。

  • synonym:VALUE

    VALUE に一致する名前または説明を持つ類義語が 1 つ以上ある用語を強調表示します。

    たとえば、synonym:interest は、フレーズ interest を含む名前や説明に関連する用語を含む用語を強調表示します。

  • related_to:VALUE

    VALUE に一致する名前や説明を持つ用語が 1 つ以上含まれている用語を強調表示します。

    たとえば、related_to:discounting は、フレーズ discounting を含む名前や説明に関連する用語を含む用語を強調表示します。

用語を使用してデータエントリを検索する

Dataplex のビジネス用語集のコンテンツは、Dataplex の [検索] ページでエントリを検索する際に活用できます。

次の検索シナリオがサポートされています。

  • シンプル検索: 検索クエリは、用語の名前や説明をキャプチャする自由形式のテキストとして指定します。検索結果には、検索クエリに一致する名前や説明を持つ用語に関連付けられたエントリが含まれます。これらの結果は、ビジネス用語集のコンテンツとは無関係の他のマッチング方法から取得した結果と一緒に表示されます。

  • 修飾子を使用した検索: 検索クエリは term:VALUE として指定されます。検索結果には、名前、説明、またはデータ スチュワードの部分文字列が VALUE と一致する用語に関連したエントリが含まれます。

次のステップ