リソースのモニタリング

リソースに関する情報を取得するには、kubectl を使用します。

始める前に

これらの手順を完了するには、既存の Config Connector リソースが必要です。サンプル リソースについては、Config Connector のスタートガイドをご覧ください。

すべてのリソースの一覧表示

次のコマンドを実行すると、Config Connector が管理するリソースを一覧表示できます。

kubectl get gcp

リソースのステータスの確認

リソースが準備できているかどうかは、その status.condition で確認できます。Config Connector は、リソースの現在の状態を反映するようステータスを更新します。

kubectl wait --for=condition=READY KIND NAME

以下を置き換えます。

  • KIND: リソースの種類例: PubSubTopic
  • NAME: リソースの名前

イベントの表示

Config Connector は、リソースの管理に関する情報とエラーで Kubernetes イベントを作成します。特定のリソースのイベント、または Config Connector 環境のすべてのイベントを表示できます。

1 つのリソースのイベントを表示する

次のコマンドの出力で Events フィールドを調べることで、単一のリソースのイベントを表示できます。

kubectl describe KIND NAME

以下を置き換えます。

  • KIND: リソースの種類
  • NAME: リソースの名前

たとえば、spannerinstance-sample という名前の Config Connector SpannerInstance リソースがある場合は、次のコマンドを使用してリソースのイベントを表示します。

kubectl describe spannerinstance spannerinstance-sample

名前空間のイベントを表示する

Config Connector リソースなど、特定の名前空間内のすべての Kubernetes リソースのイベントを表示するには、次のコマンドを実行します。

kubectl --namespace CC_NAMESPACE get events

CC_NAMESPACE は、リソースを管理するNamespace Config Connector に置き換えます。

Config Connector 固有のイベント

Config Connector は、次のイベントタイプを作成できます。

更新中
Config Connector リソースの基盤となる Google Cloud リソースが更新されている場合に発生します。
UpToDate
Config Connector リソースの調整に成功した場合に発生します。このイベントタイプは、基盤となる Google Cloud リソースが Config Connector リソースで指定されている望ましい状態と一致することを示します。
UpdateFailed
Config Connector リソースの調整に失敗した場合に発生します。
DependencyNotReady
参照先の Config Connector リソースの準備が完了していない場合に発生します。リソースの準備が完了しているかどうかは、ステータスを確認することで判別できます。
DependencyNotFound
参照先の Config Connector リソースまたは Kubernetes Secret が見つからない場合に発生します。
DependencyInvalid
参照が無効な場合に発生します。たとえば、Kubernetes Secret を参照する Config Connector リソースがあるとします。Secret が存在していても、参照されているキーが含まれていない場合、参照は無効とみなされます。
削除中
Config Connector リソースが Kubernetes API サーバーから削除されている場合に発生します。
削除
Config Connector リソースが Kubernetes API サーバーから正常に削除された場合に発生します。
DeleteFailed
Config Connector リソースが Kubernetes API サーバーから削除されなかった場合に発生します。
ManagementConflict
Config Connector リソースが基盤となる Google Cloud リソースのオーナー権限を取得できなかった場合に発生します。これが発生した場合、通常は別の Config Connector リソースがすでに Google Cloud リソースのオーナー権限を付与されていることが原因です。Config Connector が複数の Config Connector リソース間の競合を処理する方法で詳細をご確認ください。
PreActuationTransformFailed
Config Connector リソースが作動前の変換の実行に失敗した場合に発生します。このイベントタイプでは、リソース構成が無効である可能性があります。
PostActuationTransformFailed
Config Connector リソースが作動後の変換の実行に失敗した場合に発生します。

次のステップ