Namespace と Google Cloud プロジェクト

Config Connector は、Kubernetes の構成を使用して Google Cloud リソースを作成します。これらのリソースは、Kubernetes Namespaceにまとめられます。

Config Connector が Namespace を使用する方法

Config Connector は、リソースの Namespace のアノテーションを使用して、リソースを作成するプロジェクト、フォルダ、組織を決定します。Namespace のアノテーションは、リソース構成でリソースの作成場所がまだ指定されていない場合にのみ適用されます。詳細については、プロジェクトとフォルダを使用したリソースの編成をご覧ください。

たとえば、プロジェクト ID が myProjectmySpanner という名前の Cloud Spanner インスタンスを作成する場合は、次のコマンドを実行して名前空間にアノテーションを付けます。

kubectl annotate namespace \
 NAMESPACE_NAME cnrm.cloud.google.com/project-id="myProject"

NAMESPACE_NAME を実際の Namespace 名に置き換えます。

次に、Namespace の mySpanner という名前で Config Connector SpannerInstance を作成します。Config Connector により、構成された名前空間アノテーションに基づいて、指定した Google Cloud プロジェクトに、対応する Cloud Spanner が作成されます。

プロジェクト、フォルダ、組織での Namespace の使用

Google Cloud は、プロジェクト、フォルダ、組織レベルでのリソースの編成をサポートしています。アノテーションを Config Connector の Namespace に追加して、リソースをプロジェクトフォルダまたは組織にマッピングできます。

詳細については、プロジェクト、フォルダ、組織を使用したリソースの編成をご覧ください。