アプリケーションのローカルでの開発

開発用のアプリの構成

アプリケーションをローカルで実行するには、最初に構成を指定する必要があります。

  1. Cloud Code ステータスバーで [Run on Cloud Run Emulator] を選択します。
  2. これにより、[Run/Debug on Cloud Run Emulator] ダイアログが開き、ダイアログに構成の仕様を設定できます。

    Cloud Run: Run/Debug Locally UI

オプション: 構成のカスタマイズ

上記の設定に加えて、[詳細設定] セクションを使用して、サービス アカウントや環境変数などの詳細設定を指定できます。

環境変数:

次の環境変数が実行中のコンテナに自動的に追加されます。

名前 説明
PORT HTTP サーバーでリッスンする必要があるポート。 8080
K_SERVICE 実行されている Cloud Run サービスの名前。 hello-world
K_REVISION 実行されている Cloud Run リビジョンの名前。 hello-world.1
K_CONFIGURATION リビジョンを作成した Cloud Run 構成の名前。 hello-world

アプリのローカルでの実行

  1. 必要な設定を入力後、[実行] をクリックします。
  2. 出力ウィンドウでデプロイのステータスをモニタリングします。

    完了したら、出力ウィンドウに表示される URL を使用して、実行中のアプリを表示できます。

    出力ウィンドウ内で Cloud Run の詳細ビューに切り替えて、詳細ログを表示することもできます。

既存の launch.json 構成のカスタマイズ

アプリケーションの実行方法を構成するには、skaffold.yaml をカスタマイズし、.vscode/launch.json で次のフィールドを指定します。

  • watch: 「Run」モードでワークスペースの変更を監視し、アプリケーションを再実行します。明示的に false に設定されていない限り、デフォルトでは true です。
  • build: イメージをビルドするビルダー(Dockerbuildpacks)を指定します。
  • image: 使用するイメージの名前を指定します。
  • service: 使用する Cloud Run サービスを指定します。
  • debug: リモートパスのマッピングなどの優先デバッグ設定を指定して、ローカルパスをリモート コンテナのパスにマッピングします。

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。