アプリケーションのデバッグ

Cloud Run アプリケーションのデバッグ

アプリケーションをデバッグするには、次の手順に沿って操作します。

  1. Cloud Code のステータスバーを使用して [Debug on Cloud Run Emulator] を選択し、アプリケーションを実行してデバッガ セッションをアプリケーションにアタッチします。
  2. これにより、[Run/Debug on Cloud Run Emulator] ダイアログが開き、ダイアログに構成の仕様を設定できます。Cloud Run エミュレータ UI での実行 / デバッグ
  3. 必要に応じて、環境変数を指定し、直接 launch.json でフィールドを定義することにより、アプリケーションの実行方法をさらにカスタマイズできます。
  4. [デバッグ] をクリックして、アプリケーションのデバッグを開始します。
  5. アプリケーション内のデバッグ可能なコンテナごとに、デバッグするプログラムが存在するリモート コンテナのディレクトリを確認または入力するよう求められます。

    または、Esc キーを押すと、コンテナのデバッグをスキップできます。

    Remote Root プロンプト

    Cloud Code は、アプリケーションのデバッグ可能なコンテナごとにデバッグ セッションをアタッチします。

  6. デバッグするファイルの余白をクリックしてブレークポイントを追加します。

    赤い塗りつぶしの円はアクティブなブレークポイントを示し、灰色で白抜きの円は無効なブレークポイントを示します。ブレークポイントを細かく制御するには、VS Code のデバッグビューの [BREAKPOINTS] セクションを使用します。

    デバッグビューの左側のパネルにある [BREAKPOINTS] セクションでブレークポイントの追加、削除、無効化を行う

    アプリケーションに新しいリクエストを送信すると、指定した行でコードが一時停止します。

  7. (省略可)変数とスタック情報を調べるには、デバッグ サイドバーを使用します。デバッグ セッションをインタラクティブに操作するには、下部ペインのデバッガにあるデバッグ コンソールを使用します。

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。