Cloud Shell for Cloud Shell のスタートガイド

Cloud Code for Cloud Shell には、ブラウザでクラウドベースのアプリケーションを開発するためのツールが用意されています。Cloud Code は Cloud Shell エディタに組み込まれており、設定は不要です。Cloud Shell エディタは、すべての Cloud Shell インスタンスで使用できる Theia に基づくコードエディタです。

Cloud Shell エディタの起動

Cloud Shell エディタ セッションを開始するには、ide.cloud.google.com を開きます。

Cloud Shell と Cloud Shell エディタの切り替え

Cloud Shell と Cloud Shell エディタを切り替えるには、Cloud Shell ウィンドウのツールバーにあるコードエディタ ボタンエディタを開くまたはエディタを閉じるをクリックします。

Cloud Code ビュー

Cloud Shell エディタのインターフェース

左側のアクティビティ バーには、ソース コントロール ビューとデバッグビュー、Cloud APIs Manager、Cloud Run Explorer、Kubernetes Explorer などの Cloud Code 固有のビューがあります。

ステータスバーには、Cloud Code のステータスバーと Minikube ステータスバーがあります。Cloud Code のステータスバーをクリックすると、使用可能な Cloud Code アクションが表示されます。Miniikube ステータスバーをクリックすると、ローカル クラスタを起動、停止、一時停止できます。

コマンド パレットを使用して Cloud Code コマンドを実行するには、Cmd/Ctrl + Shift + P を押します。