Cloud Shell for Cloud Shell のスタートガイド

Cloud Shell エディタの起動

Cloud Shell セッションを開始して Cloud Code の使用を開始する最も簡単な方法は、ide.cloud.google.com で Cloud Shell エディタ セッションを直接起動することです。

Cloud Shell エディタのインターフェース

Cloud Shell エディタには Cloud Code が事前に構成されており、Cloud Shell に引き続きアクセスできます。このコードエディタは、すべての Cloud Shell インスタンスでデフォルトで使用でき、Theia に基づいています。

コードエディタを切り替えるには、Cloud Shell ウィンドウのツールバーにある鉛筆アイコン コードエディタ ボタン をクリックします。

Cloud Code ビュー

Cloud Shell エディタのインターフェース

左側のアクティビティ バーには、ソース コントロール ビューとデバッグビューのほか、Cloud APIs Manager、Cloud Run Explorer、Kubernetes Explorer などの Cloud Code 固有のビューがあります。

下部のステータスバーには、Cloud Code のステータスバーが表示されます。これをクリックすると、使用可能なすべての Cloud Code アクションと、ローカル クラスタの起動、停止、一時停止に使用できる Minikube のステータスバーが表示されます。

コマンド パレットにアクセスして、代わりに Cloud Code コマンドを使用するには、Cmd/Ctrl+Shift+P キーを押して、使用可能なコマンドを表示します。