Cloud Run Explorer の使用

Cloud Code には Cloud Run Explorer が付属しています。Cloud Run Explorer を使用すると、IDE を終了せずに、既存の Cloud Run サービスとリビジョンを簡単にモニタリングできます。

Cloud Run Explorer でのサービス ステータスの表示

Cloud Run Explorer を使用して、Cloud Run のサービスとリビジョンのステータスを表示できます。

  1. Cloud Run Explorer に移動します。右側のサイドパネルからアクセスできます。

    エクスプローラのアイコンからアクセス可能な Cloud Run Explorer の一般的なアクションは次のとおりです。

    • サンプル サンプル アイコンから新しい Cloud Run アプリにアクセスする から新しい Cloud Run アプリケーションを作成する
    • エクスプローラの更新 エクスプローラ アイコンを更新する
    • ウェブブラウザで Cloud Code Cloud Run のドキュメントを開く ドキュメント アイコンを開く

    右側のパネルでハイライト表示された Cloud Run Explorer タブ

  2. エクスプローラでサービスまたはリビジョンをクリックすると、そのプロパティが表示されます。

    Cloud Run Explorer が開き、サービスが選択され、そのプロパティが下に表示される

  3. サービス内では、割り当てられたトラフィックがあるアクティブなリビジョンがリビジョン名の横に表示されます。非アクティブなリビジョンは個別にグループ化されます。

    サービスの下にアクティブなリビジョンと非アクティブなリビジョンがある Cloud Run Explorer

  4. また、Cloud Run Explorer 内でアクティブなリソースを右クリックして、次のことを選択できます。

    • 対応する URL を開く(サービス用)

      サービスを右クリックして、対応するライブサービスの URL を開く

    • ログの表示(リビジョン用)

      リビジョンを右クリックしてログを表示する

サポートの利用

IntelliJ IDE でフィードバックを送信するか、問題を報告するには、[Tools] > [Cloud Code] > [Help / About] > [Submit feedback or report an issue] を選択します。ここから、GitHub で問題を報告したり、Stack Overflow で質問したりできます。

また、Google Cloud Slack コミュニティの 1 つである、#cloud-code チャンネルにも参加できます。