ビルドトリガーを使用したビルドの自動化

は、

ビルドトリガーは、ビルドソースに変更が push されるたびに自動的にイメージをビルドするように Cloud Build に指示します。ソース リポジトリの変更があった場合にイメージを再ビルドする、特定の条件に一致する変更があった場合にのみイメージを再ビルドするといったように、ビルドトリガーを設定できます。

ビルドトリガーは、コンテナ イメージを常に最新バージョンのソースコードに基づいている状態で維持するために役立ちます。また、リリース前に機能ブランチをビルドしてテストしたり、コンテナ イメージを生成するワークフローを自動化したりするためにも役立ちます。

このページでは、ビルドトリガーの作成方法について説明します。

始める前に

ビルドトリガーの作成

新しいビルドトリガーを作成するには:

  1. Google Cloud Platform Console で [ビルドトリガー] ページを開きます。

    [ビルドトリガー] ページを開く

  2. プロジェクトを選択し、[開く] をクリックします。

  3. [トリガーを追加] をクリックします。

  4. ビルドソースに次のいずれかのホスト リポジトリを選択します。

    • Cloud Source Repositories
    • Bitbucket
    • GitHub

    Git リポジトリでソースをビルドするために、Cloud Build はリポジトリのシャロー クローンを実行します。つまり、ビルドをトリガーした単一の commit だけが、ビルドするワークスペースにチェックアウトされます。Cloud Build は他のブランチや履歴をチェックアウトしません。これは効率と高めるために行われるため、ビルドで単一の commit をビルドするためにリポジトリ全体と履歴のフェッチを待機する必要はありません。

    リポジトリの履歴を追加してビルドに含める場合は、ビルド構成ファイルにビルドステップを追加して、クローンの「シャローを解除」できます。次に例を示します。

        steps:
        - name: gcr.io/cloud-builders/git
          args: ['fetch', '--unshallow']
        ...
    

    git fetch について詳しくは、git のリファレンスをご覧ください。ビルド構成ファイルの作成方法については、ビルド構成の概要をご覧ください。

  5. [続行] をクリックします。

  6. 使用可能なリポジトリのリストから目的のリポジトリを選択して、[続行] をクリックします。

  7. 次のトリガー設定を入力します。

    • 名前: トリガーの名前。

    • トリガーのタイプ: 特定のブランチに対する commit と同時に、または特定のタグを含む commit と同時にビルドを開始するトリガーを設定できます。いずれの場合でも、照合するブランチまたはタグの値に正規表現を指定できます。有効な正規表現の構文については、RE2 構文をご覧ください。

    • [含まれているファイル](省略可): これらのファイルを変更すると、ビルドがトリガーされます。glob 文字列で、ワイルドカード文字を使用して複数のファイルを指定できます。使用できるワイルドカード文字は、Go Match でサポートされる文字、**オルタネイションなどです。

    • [無視されるファイル](省略可): これらのファイルを変更しても、ビルドはトリガーされません。glob 文字列で、ワイルドカード文字を使用して複数のファイルを指定できます。使用できるワイルドカード文字は、Go Match でサポートされる文字、**オルタネイションなどです。

      変更をソースに push するたびに、Cloud Build は変更されたファイルについて、含まれているファイルと無視されるファイルを検索し、ビルドをトリガーするかどうかを決定します。

      • 既存のブランチのリポジトリに変更を push した場合、Cloud Build は push したばかりの commit と以前にそのブランチが指していた commit の間で、変更されたファイルを調べます。

      • 新しく作成したブランチまたはタグに変更を puch した場合、Cloud Build はリポジトリ内のすべてのファイルを変更されたファイルとして扱います。

      • ブランチまたはタグを削除した場合、Cloud Build はビルドをトリガーしません。

    • ビルド構成: トリガーが開始する各ビルドに使用する Dockerfile またはビルド構成ファイル(リモート リポジトリにあります)。

      ビルド構成に Dockerfile を使用するには、Dockerfile ディレクトリを指定し、結果的に生じるイメージの名前を指定する必要があります。

      Dockerfile とイメージ名を入力すると、ビルドで実行される docker build コマンドのプレビューと、トリガー構成の概要が表示されます。[トリガーを作成] をクリックしてビルドトリガーを保存します。

      ビルド構成にビルド構成ファイルを使用するには、ビルド構成ファイルの場所を指定する必要があります。

      ロケーションを設定すると、トリガーの概要が表示されます。[トリガーを作成] をクリックしてビルドトリガーを保存します。

ビルドトリガーのテスト

ビルドトリガーを手動でテストするには、トリガーリストのトリガーのエントリで [トリガーを実行] をクリックします。

ビルドトリガーのスキップ

ビルドをトリガーせずに、ソースコードを変更したい場合があります。たとえば、ドキュメントや構成ファイルを更新するときにビルドをトリガーしたくない場合があります。

このようなシナリオでは、[skip ci] または [ci skip] を commit メッセージに含めることができ、ビルドはトリガーされません。

後でその commit でビルドを実行する場合は、[トリガーを実行] ボタンを使用します。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...