組み込みサードパーティ ライブラリ

このページでは、Google App Engine Python 2.7 ランタイムで使用できる組み込みのサードパーティ ライブラリを紹介します。

App Engine Python ランタイムでは、アプリケーションで次のサードパーティ ライブラリを使用できます。

 
名前デフォルトのバージョンサポートされるバージョン説明
django (なし) "1.2"
"1.3"
"1.4"
"1.5"
"1.9"
"1.11"
さまざまな機能を備えた、Python 用のウェブ アプリケーション フレームワーク。
enum (なし) "0.9.23" Python 3.4 で導入された enum モジュールのバックポート。
endpoints (なし) "1.0" App Engine アプリケーションでの API のビルド用のライブラリ。
flask (なし) "0.12" Werkzeug、Jinja 2 と善意に基づく Python 向けマイクロフレームワークである Flask。
futures (なし) "3.0.5" Python 3.2 Future のバックポート。
grpcio (なし) "1.0.0"(アルファ版) ハイ パフォーマンスな汎用 RPC フレームワーク。
jinja2 (なし) "2.6" 最先端でデザイナーも扱いやすい Python 用テンプレート言語。
lxml (なし) "2.3"
"2.3.5" (アルファ版)
"3.7.3"
C の libxml2 および libxslt ライブラリ用の Python バインド。
markupsafe (なし) "0.15"
"0.23"
Python 用の XML/HTML/XHTML マークアップに安全な文字列。
matplotlib (なし) "1.2.0" 出版品質の図表を生成する 2D プロット ライブラリ。
MySQLdb (なし) "1.2.4b4" (アルファ版)
"1.2.4" (アルファ版)
"1.2.5" (アルファ版)
MySQL に対する Python DB API v2.0 互換インターフェース。
numpy (なし) "1.6.1" 配列処理用の汎用ライブラリ。
PIL (なし) "1.1.7" 画像の作成および変換用のライブラリ。
protorpc "1.0" "1.0" HTTP ベースのリモート プロシージャ コール(RPC)サービスを実装するためのフレームワーク。
pytz "2017.2" "2016.4"
"2017.2"
"2017.3"
クロスプラットフォームのタイムゾーン計算用のライブラリ。
crcmod (なし) "1.7" 巡回冗長検査(CRC)の生成用のライブラリ。
protobuf (なし) "3.0.0"(アルファ版) 構造化データをシリアル化するためのライブラリ
PyAMF (なし) "0.6.1"
"0.7.2" (アルファ版)
Action Message Format(AMF)機能を提供するライブラリ。
pycrypto (なし) "2.3"
"2.6"
"2.6.1"
乱数の生成など、暗号化機能のライブラリ。
setuptools (なし) "0.6c11"
"36.6.0"
パッケージとモジュールの検索機能を提供するライブラリ。
six (なし) "1.9.0" py2.x と py3 の差異を抽象化。
ssl (なし) "2.7"(廃止予定)
"2.7.11"
SSL ソケット ラッパーの組み込みモジュール。
ujson (なし) "1.35" 純粋な C 言語で記述された超高速 JSON エンコーダおよびデコーダである UltraJSON。
webapp2 "2.3" "2.3"(廃止予定)
"2.5.1"
"2.5.2"
Python 用の軽量ウェブ フレームワーク。
webob 「1.1.1」 "1.1.1"
"1.2.3"
WSGI リクエスト環境に関連したラッパーを提供するライブラリ。
werkzeug "0.11.10" "0.11.10" WSGI ユーティリティのライブラリ。
yaml "3.10" "3.10" YAML のシリアル化と非シリアル化用のライブラリ。

これらのライブラリの使用方法については、Python 2.7 での組み込みライブラリの使用をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境