math.floor の計算

HTTP リクエストを受け取ると、JSON 本文から入力を抽出し、その math.floor を計算して、結果を返します。

このコードサンプルが含まれるドキュメント ページ

コンテキストで使用されているコードサンプルを見るには、次のドキュメントをご覧ください。

コードサンプル

Python

このサンプルを試す前に、Workflows クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の手順に従って設定を行ってください。詳細については、Workflows Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import json
import logging
import os
import math

from flask import Flask, request

app = Flask(__name__)

@app.route('/', methods=['POST'])
def handle_post():
    content = json.loads(request.data)
    input = float(content['input'])
    return f"{math.floor(input)}", 200

if __name__ != '__main__':
    # Redirect Flask logs to Gunicorn logs
    gunicorn_logger = logging.getLogger('gunicorn.error')
    app.logger.handlers = gunicorn_logger.handlers
    app.logger.setLevel(gunicorn_logger.level)
    app.logger.info('Service started...')
else:
    app.run(debug=True, host='0.0.0.0', port=int(os.environ.get('PORT', 8080)))

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。