ワークフローで引数を使用する

実行リクエストの一部としてワークフローに渡されたランタイム引数に、メイン ワークフローのパラメータとして宣言されます。

このコードサンプルが含まれるドキュメント ページ

コンテキストで使用されているコードサンプルを見るには、次のドキュメントをご覧ください。

コードサンプル

YAML

main:
  params: [args]
  steps:
  - step1:
      assign:
        - outputVar: ${"Hello " + args.firstName + " " + args.lastName}
  - step2:
      return: ${outputVar}

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。