割り当てと上限

このドキュメントでは、VPC Service Controls のコンテンツに関する現在の上限とリクエストの割り当てについて説明します。これらの制約事項や使用量上限に変更があったときは、このページにもその変更が反映されます。

割り当て

VPC Service Controls に直接適用される割り当てはありません。サービス境界で 1 つ以上のアクセスレベルが使用されている場合は、Access Context Manager の割り当てが適用されることがあります。

上限

VPC Service Controls を使用してサービス境界を作成する場合、次の上限が適用されます。

  • 境界あたりのプロジェクト数: 10,000

  • 境界あたりのサービス数: 50

  • 境界あたりのアクセスレベルの数: 30

さらに、VPC Service Controls には次の上限があります。

  • 組織ごとのアクセス ポリシーの数: 1

  • ポリシーあたりの境界数(境界ブリッジを含む): 100

  • ポリシーあたりのプロジェクト数(全境界の合計): 10,000

境界にアクセスレベルを作成する場合、Access Context Manager で次の上限が適用されます。

  • アクセス ポリシーごとに設定可能なアクセスレベルの数: 500

  • レベルあたりの条件数: 40

  • 属性ごとのリスト項目数(設定可能な CIDR 範囲の数など): 100