コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

最新のサービスに関するお知らせ

アップグレード、下位互換性のない API の変更、プロダクトまたは機能の非推奨、必須の移行、中断を伴う可能性があるメンテナンスなど、Google Cloud VMware Engine の変更を確認できます。

過去のお知らせについては、サービスに関するお知らせ(アーカイブ)をご覧ください。

2022 年 5 月 20 日

2022 年 5 月 30 日、VMware Engine 運用チームは 2022 年 2 月 15 日のサービスに関するお知らせで発表された重要なネットワーク インフラストラクチャのメンテナンスを実施します。このメンテナンスで、機器の堅牢性を強化し、セキュリティ パッチが適用されます。

予定されているネットワーク メンテナンスは、Google Cloud VMware Engine ネットワーク ファブリックに限定されます。このメンテナンスで、プライベート クラウドの VMware コンポーネントは更新またはアップグレードされません。

このメンテナンスは、特定のリージョンのすべてのプライベート クラウドをサポートする共通のネットワーク インフラストラクチャで行われます。メンテナンス スケジュールをプライベート クラウド単位でカスタマイズすることはできません。

メンテナンス スケジュールとお知らせ

メンテナンスはすべてのゾーンとリージョンで実行されますが、スケジュールは VMware Engine プレースメント グループごとに異なります。メンテナンスは営業時間外にロールアウトされ、該当地域のローカル タイムゾーンの午前 12 時から午前 6 時までの間、毎日 6 時間継続されます。

通知

VMware Engine は、このメンテナンスに関する次の通知を、VMware Engine ポータルのすべてのユーザーと、メールアラートの受信が構成されているすべてのメールアドレスに送信します。

  • プライベート クラウドごとに、少なくとも 7 日前に一般通知を行います。これにより、メンテナンス スケジュールが設定されている週を確認できます。
  • メンテナンス イベントが始まる 24 時間前と 1 時間前に事前通知。
  • メンテナンス完了時の最終通知。

メンテナンスの対象範囲と影響

このメンテナンスの範囲と影響は次のとおりです。

  • 範囲: プライベート クラウドのノードに直接接続されている VMware Engine ネットワーク ファブリック。
  • 影響: 各ノードで軽微な中断が最大 2 回発生することがあります。VMware Engine ノードには、NSX-T Edge と分散仮想スイッチ(DVS)の冗長アップリンク構成があります。想定される影響は次の 3 種類です。

    • ESXi ノードの DVS リンクに対するネットワーク トラフィックの影響ESXi ノード上のアクティブな DVS リンクのフェイルオーバーでは、最大 2 秒間、ネットワーク トラフィックへの影響が発生する可能性があります。
    • ネットワーク トラフィックが NSX-T Edge に与える影響接続されたスイッチがアップグレードされると、フェイルオーバー イベントが発生します。NSX-T Edge では、スタンバイ エンティティへのフェイルオーバーに最大 7 秒かかります。このようなフェイルオーバーは、冗長ラックスイッチの両方のメンテナンス中に最大 4 回行われる可能性があります。ただし、場合によっては、プライベート クラウドでフェイルオーバーを一度だけ行う必要があります。
    • ネットワーク トラフィックが HCX サービス サブネットに与える影響メンテナンス中、HCX アンダーレイ サブネット(HcxManagementHcxVMotionHcxWanUplink)では、Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP)と IPv6 のトラフィックが無効になります。IPv6 トラフィックは、すべての NSX-T オーバーレイ サブネットで引き続き機能し、HCX オペレーションには影響しません。ただし、VRRP または IPv6 を利用するサービス アプライアンスにこれらのサービス サブネットを使用すると、それらのパケットはメンテナンスの時間枠で一定期間ドロップされます。HCX サブネット上の HA に VRRP を使用する場合は、アクティブ / アクティブのシナリオを回避するために、セカンダリ デバイスをシャットダウンまたは無効にすることをおすすめします。
  • 必要な対応: お客様側で必要な対応はありません。Google Cloud VMware Engine は、サービスの復元をモニタリングし、確実に行います。

  • 推奨アクション: チームがメンテナンスを認識し、メンテナンス プロセス中およびプロセスの完了後に重要なアプリケーションを検証できるようにします。ワークロードが上記のネットワークの停止の影響を受けやすい場合は特に注意してください。

メンテナンスに関するよくある質問

なぜアップグレードするのですか?
Google の技術パートナーが提供する新しいソフトウェア バージョンでは、重要なインフラストラクチャ コンポーネントの堅牢性、セキュリティ、冗長性が高くなっています。
このメンテナンスにより、Google Cloud VMware Engine のエクスペリエンスはどのように改善されますか?
ネットワーク ファブリックを最新の状態に保つことにより、本番環境のアプリケーションは常に利用可能になり、Google のエンジニアは新しい機能を引き続き提供できるようになります。
本番環境のアプリケーションにサービスの影響はありますか?
接続で短いギャップを許容できない場合、メンテナンスによりワークロード VM に影響が生じる可能性があります。
VMware コンポーネントに対するソフトウェア変更はありますか?
いいえ。このネットワーク インフラストラクチャのメンテナンスは、プライベート クラウド内の VMware コンポーネントのソフトウェア バージョンには影響しません。
メンテナンスの完了を確認するにはどうすればよいですか?
VMware Engine オペレーション チームは、メンテナンスの開始時と完了時にメール通知を送信します。
アップグレード後に必要な操作はありますか?
アップグレード後、お客様に行っていただく操作はございません。メンテナンス中とメンテナンスの完了後に、アプリケーションが期待どおりに動作していることを確認します。
サポートが必要な場合
アップグレードについてご質問がある場合や、メンテナンス後にサポートが必要な場合は、Cloud カスタマーケアにお問い合わせください