割り当てと上限

このドキュメントでは、Vision API のコンテンツに関する現在の上限と割り当てについて説明します。これらの上限や使用制限に変更があったときは、このページにもその変更が反映されます。

割り当て

割り当てには次の 3 種類があります。

  1. リクエストの割り当て
    • Vision API エンドポイントに送信されるリクエストごとに割り当てがカウントされます。
  2. 機能の割り当て
    • Vision API エンドポイントに送信される画像 / ファイルごとに割り当てがカウントされます。
    • 明示的に指定しない限り、接頭辞として機能名が含まれる割り当ては、通常は機能の割り当てです。
  3. 処理中の割り当て
    • 明示的に指定しない限り、Vision API によって処理される画像 / ファイルごとに割り当てがカウントされます。
    • 割り当て名の「in processing」(処理中)により、処理中の割り当てであることが推測できます。

Vision API の現在の API 使用量の割り当ては次のとおりです(変更される場合があります)。

Vision API の割り当て 割り当てのタイプ
1 分あたりのリクエスト数(以下のリクエスト タイプを除く) リクエスト割り当て 1,800
1 分あたりの Celebrity Recognition リクエスト リクエスト割り当て 0(ゼロ)
1 分あたりのラベル検出リクエスト 機能の割り当て 1,800
1 分あたりのテキスト検出リクエスト 機能の割り当て 1,800
非同期画像アノテーション* における処理中の画像数 処理中の割り当て 8,000
非同期ドキュメント テキスト検出 における処理中のページ数 処理中の割り当て 10,000
Product Search の割り当て
1 分あたりのリクエスト数(以下のリクエスト タイプを除く) 1,800
1 日あたりの一括リクエスト数 300
1 分あたりのリソース管理の書き込みリクエスト数 1,200
1 分あたりのリソース管理リクエスト数 2,400

この上限値は、Google Cloud Console プロジェクトごとに適用され、そのプロジェクトを使用するすべてのアプリケーションと IP アドレスで共有されます。

Google Cloud Console で、ユーザーごとにより低い割り当てを設定できます。

割り当ての増加

Google Cloud Console ページの [割り当て] ページで [割り当てを編集] を選択すると、割り当てを編集して最大値まで引き上げることができます。割り当ての上限引き上げをリクエストするには、割り当てを編集して必要な上限とその理由を設定し、更新内容を送信します。リクエストが受信されると、通知が届きます。リクエストの詳細について確認をさせていただく場合もあります。リクエストの審査が完了すると、承認または却下の結果が通知されます。

通常、各割り当てには「1 ユーザー、1 プロジェクトあたり」と「1 プロジェクトあたり」のバリアントがあるため、設定に応じてそれぞれを変更してください。

機能の割り当ての増加をリクエストするときは、全般的なリクエストの割り当てと目的のバッチサイズを考慮して、次の点を確認してください。

  • 全般的なリクエストの割り当て(1 分あたりのリクエスト数)* バッチサイズ >= 増加後の機能の割り当て

この要件が満たされない場合でも、全般的なリクエストの割り当てによるスロットリングを受けます。

このドキュメントでは、Vision API のコンテンツに関する現在の上限とリクエストの割り当てについて説明します。これらの上限や使用制限に変更があったときは、このページにもその変更が反映されます。

上限

Vision API では、次の使用量上限が適用されます。

コンテンツの上限 上限
画像ファイルサイズ 20 MB
JSON リクエスト オブジェクト サイズ 10 MB
リクエストあたりの画像数 16 枚

Base64 でエンコードされた画像は、画像ファイルのサイズ上限内であっても、JSON のサイズ上限を超えることがあります。サイズの大きい画像は Cloud Storage または一般公開されている URL でホストする必要があります。Base64 でエンコードされた画像は、元の画像ファイルよりもファイルサイズが大きくなる可能性があります(通常は約 37% 大きくなります)。