クイックスタート

このページでは、curl を使用して Cloud Video Intelligence API リクエストを行う方法について説明します。

このページの手順に従うことも、このクイックスタートを Google Cloud トレーニング ラボとして試すこともできます。

ラボで試す

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    [リソースの管理] ページに移動

  3. プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。

    課金を有効にする方法について

  4. Cloud Video Intelligence API を有効にします。

    APIを有効にする

  5. 認証情報の設定:
    1. GCP Console で [サービス アカウントキーの作成] ページに移動します。

      [サービス アカウントキーの作成] ページに移動
    2. [サービス アカウント] プルダウン リストから [新しいサービス アカウント] を選択します。
    3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。
    4. [役割] プルダウン リストから値を選択しないでください。このサービスにアクセスするために必要な役割はありません。
    5. [作成] をクリックします。このサービス アカウントには役割がないという警告メッセージが表示されます。
    6. [役割なしで作成] をクリックします。キーが含まれている JSON ファイルがパソコンにダウンロードされます。
  6. 環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのファイルパスに設定します。

  7. Cloud SDK をインストールして初期化します。

アノテーション付き動画のリクエストを行う

gcloud コマンド

gcloud コマンドライン ツールを使用して、分析する動画のパスで detect-labels コマンドを呼び出します。

gcloud ml video detect-labels gs://cloud-ml-sandbox/video/chicago.mp4

コマンドライン

  1. curl を使用して videos:annotate メソッドへの POST リクエストを発行します。その際に、gcloud auth application-default print-access-token コマンドを使用して、サービス アカウントへのアクセス トークンを貼り付けます。

    curl -X POST \
      -H "Authorization: Bearer "$(gcloud auth application-default print-access-token) \
      -H "Content-Type: application/json; charset=utf-8" \      --data "{
         'inputUri':'gs://cloud-ml-sandbox/video/chicago.mp4',
         'features': [
           'LABEL_DETECTION'
        ]
      }" "https://videointelligence.googleapis.com/v1/videos:annotate"
    
  2. リクエストを処理するオペレーションが作成され、オペレーション名を含むレスポンスが返されます。

    {
      "name": "us-west1.18358601230245040268"
    }
    
  3. オペレーションの情報をリクエストするには、v1.operations エンドポイントを呼び出し、次のサンプルの operation-name を前の手順で返された名前に置き換えます。

     curl -X GET \
       -H "Authorization: Bearer "$(gcloud auth application-default print-access-token) \
       https://videointelligence.googleapis.com/v1/operations/operation-name
    
  4. オペレーションに関連する情報が表示されます。オペレーションが完了すると、done フィールドが true に設定されます。

    {
      "name": "us-west1.104032612573769453",
      "metadata": {
      "@type": "type.googleapis.com/google.cloud.videointelligence.v1.AnnotateVideoProgress",
        "annotationProgress": [
          {
            "inputUri": "/cloud-ml-sandbox/video/chicago.mp4",
            "progressPercent": 100,
            "startTime": "2018-11-01T22:13:17.978847Z",
            "updateTime": "2018-11-01T22:13:29.576004Z"
          }
        ]
      },
      "done": true,
     ...
    }
    

リクエストを送信して 1 分ほど待つと、アノテーションの結果が返されます。

{
  "name": "us-west1.104032612573769453",
  "metadata": {
    "@type": "type.googleapis.com/google.cloud.videointelligence.v1.AnnotateVideoProgress",
    "annotationProgress": [
      {
        "inputUri": "/cloud-ml-sandbox/video/chicago.mp4",
        "progressPercent": 100,
        "startTime": "2018-11-01T22:13:17.978847Z",
        "updateTime": "2018-11-01T22:13:29.576004Z"
      }
    ]
  },
  "done": true,
  "response": {
    "@type": "type.googleapis.com/google.cloud.videointelligence.v1.AnnotateVideoResponse",
    "annotationResults": [
      {
        "inputUri": "/cloud-ml-sandbox/video/chicago.mp4",
        "segmentLabelAnnotations": [
          {
            "entity": {
              "entityId": "/m/07bsy",
              "description": "transport",
              "languageCode": "en-US"
            },
            "segments": [
              {
                "segment": {
                  "startTimeOffset": "0s",
                  "endTimeOffset": "38.757872s"
                },
                "confidence": 0.81231534
              }
            ]
          },
         {
          "entity": {
              "entityId": "/m/01n32",
              "description": "city",
              "languageCode": "en-US"
            },
            "categoryEntities": [
              {
                "entityId": "/m/043rvww",
                "description": "geographical feature",
                "languageCode": "en-US"
              }
            ],
            "segments": [
              {
                "segment": {
                  "startTimeOffset": "0s",
                  "endTimeOffset": "38.757872s"
                },
                "confidence": 0.3942462
              }
            ]
          },
          ...
          {
            "entity": {
              "entityId": "/m/06gfj",
              "description": "road",
              "languageCode": "en-US"
            },
            "segments": [
              {
                "segment": {
                  "startTimeOffset": "0s",
                  "endTimeOffset": "38.757872s"
                },
                "confidence": 0.86698604
              }
            ]
          }
        ]
      }
    ]
  }
}
   

これで、Cloud Video Intelligence API に対する最初のリクエストが送信されました。

クリーンアップ

Google Cloud Platform の不必要な課金を避けるため、GCP Console を使用して、不要になったプロジェクトを削除します。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Video Intelligence API ドキュメント