クイックスタート: クライアント ライブラリの使用

このページでは、Google Cloud クライアント ライブラリを使用して、お好みのプログラミング言語で Cloud Translation API を使用する方法について説明します。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP Console プロジェクトをセットアップします。

    プロジェクトをセットアップする

    クリックして、以下を行います。

    • プロジェクトを作成または選択します。
    • プロジェクトにCloud Translation API を有効にします。
    • サービス アカウントを作成します。
    • JSON として秘密鍵をダウンロードします。

    これらのリソースは、GCP Console でいつでも表示および管理できます。

  3. 環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのファイルパスに設定します。この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定してください。

クライアント ライブラリのインストール

C#

C# 開発環境の設定の詳細については、C# 開発環境設定ガイドをご覧ください。

Translation 用の C# クライアント ライブラリは現在アルファ版としてリリースされています。

install-package Google.Cloud.Translation.V2 -pre

Go

go get -u cloud.google.com/go/translate

Java

Java 開発環境の設定の詳細については、Java 開発環境設定ガイドをご覧ください。 Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。
<dependency>
  <groupId>com.google.cloud</groupId>
  <artifactId>google-cloud-translate</artifactId>
  <version>1.87.0</version>
</dependency>
Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。
compile 'com.google.cloud:google-cloud-translate:1.87.0'
SBT を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。
libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-translate" % "1.87.0"

IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインを使用してプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Node.js

Node.js 開発環境の設定の詳細については、Node.js 開発環境設定ガイドをご覧ください。
npm install --save @google-cloud/translate

PHP

composer require google/cloud-translate

Python

Python 開発環境の設定の詳細については、Python 開発環境設定ガイドをご覧ください。
pip install --upgrade google-cloud-translate

Ruby

Ruby 開発環境の設定の詳細については、Ruby 開発環境設定ガイドをご覧ください。
gem install google-cloud-translate

テキストの翻訳

では、Translation を使用してテキストを翻訳してみましょう。次のコードを実行して最初のテキストを翻訳します。

C#

詳細については、Translation C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.Translation.V2;
using System;

public class QuickStart
{
    public static void Main(string[] args)
    {
        Console.OutputEncoding = System.Text.Encoding.Unicode;
        TranslationClient client = TranslationClient.Create();
        var response = client.TranslateText("Hello World.", "ru");
        Console.WriteLine(response.TranslatedText);
    }
}

Go

詳細については、Translation Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"log"

	"cloud.google.com/go/translate"
	"golang.org/x/text/language"
)

func main() {
	ctx := context.Background()

	// Creates a client.
	client, err := translate.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to create client: %v", err)
	}

	// Sets the text to translate.
	text := "Hello, world!"
	// Sets the target language.
	target, err := language.Parse("ru")
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to parse target language: %v", err)
	}

	// Translates the text into Russian.
	translations, err := client.Translate(ctx, []string{text}, target, nil)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to translate text: %v", err)
	}

	fmt.Printf("Text: %v\n", text)
	fmt.Printf("Translation: %v\n", translations[0].Text)
}

Java

詳細については、Translation Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Imports the Google Cloud client library
import com.google.cloud.translate.Translate;
import com.google.cloud.translate.Translate.TranslateOption;
import com.google.cloud.translate.TranslateOptions;
import com.google.cloud.translate.Translation;

public class QuickstartSample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // Instantiates a client
    Translate translate = TranslateOptions.getDefaultInstance().getService();

    // The text to translate
    String text = "Hello, world!";

    // Translates some text into Russian
    Translation translation =
        translate.translate(
            text,
            TranslateOption.sourceLanguage("en"),
            TranslateOption.targetLanguage("ru"));

    System.out.printf("Text: %s%n", text);
    System.out.printf("Translation: %s%n", translation.getTranslatedText());
  }
}

Node.js

詳細については、Translation Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

  // Imports the Google Cloud client library
  const {Translate} = require('@google-cloud/translate');

  // Instantiates a client
  const translate = new Translate({projectId});

  // The text to translate
  const text = 'Hello, world!';

  // The target language
  const target = 'ru';

  // Translates some text into Russian
  const [translation] = await translate.translate(text, target);
  console.log(`Text: ${text}`);
  console.log(`Translation: ${translation}`);
}

PHP

詳細については、Translation PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# Includes the autoloader for libraries installed with composer
require __DIR__ . '/vendor/autoload.php';

# Imports the Google Cloud client library
use Google\Cloud\Translate\TranslateClient;

# Your Google Cloud Platform project ID
$projectId = 'YOUR_PROJECT_ID';

# Instantiates a client
$translate = new TranslateClient([
    'projectId' => $projectId
]);

# The text to translate
$text = 'Hello, world!';
# The target language
$target = 'ru';

# Translates some text into Russian
$translation = $translate->translate($text, [
    'target' => $target
]);

echo 'Text: ' . $text . '
Translation: ' . $translation['text'];

Python

詳細については、Translation Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# Imports the Google Cloud client library
from google.cloud import translate

# Instantiates a client
translate_client = translate.Client()

# The text to translate
text = u'Hello, world!'
# The target language
target = 'ru'

# Translates some text into Russian
translation = translate_client.translate(
    text,
    target_language=target)

print(u'Text: {}'.format(text))
print(u'Translation: {}'.format(translation['translatedText']))

Ruby

詳細については、Translation Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# Imports the Google Cloud client library
require "google/cloud/translate"

# Your Google Cloud Platform project ID
project_id = "YOUR_PROJECT_ID"

# Instantiates a client
translate = Google::Cloud::Translate.new project: project_id

# The text to translate
text = "Hello, world!"
# The target language
target = "ru"

# Translates some text into Russian
translation = translate.translate text, to: target

puts "Text: #{text}"
puts "Translation: #{translation}"

これで、Translation への最初のリクエストを送信できました。

クリーンアップ

このチュートリアルで使用するリソースで Google Cloud Platform アカウントに課金されないようにする手順は次のとおりです。

  • プロジェクトを必要としない場合は、GCP Console を使用して削除します。

次のステップ

Cloud Translation API クライアント ライブラリの詳細を確認します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。