Cloud Tasks Client Libraries

This page shows how to get started with the Cloud Client Libraries for the Cloud Tasks API. Read more about the client libraries for Cloud APIs in Client Libraries Explained.

Installing the client library

C#

For more information, see Setting Up a C# Development Environment.

Install-Package Google.Cloud.Tasks.V2 -Version 1.0.0

Go

For more information, see Setting Up Your Development Environment.

go get -u cloud.google.com/go/tasks

Java

For more information, see Setting Up a Java Development Environment.

If you are using Maven, add the following to your pom.xml file:

<dependency>
  <groupId>com.google.cloud</groupId>
  <artifactId>google-cloud-tasks</artifactId>
  <version>1.29.1</version>
</dependency>

If you are using Gradle, add the following to your dependencies:

compile 'com.google.cloud:google-cloud-tasks:1.29.1'

If you are using SBT, add the following to your dependencies:

libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-tasks" % "1.29.1"

If you are using IntelliJ or Eclipse, you can add client libraries to your project using the following IDE plugins:

The plugins provide additional functionality, such as key management for service accounts. Refer to each plugin's documentation for details.

Node.js

For more information, see Setting Up a Node.js Development Environment.

npm install --save @google-cloud/tasks

PHP

composer require google/cloud-tasks

Python

For more information, see Setting Up a Python Development Environment.

pip install --upgrade google-cloud-tasks

Ruby

For more information, see Setting Up a Ruby Development Environment.

gem install google-cloud-tasks

Setting up authentication for use with the client library

To run the client library, you must first set up authentication by creating a service account with its key, and then setting an environment variable to point to that key. For more information, see the GCP authentication documentation .

Cloud Console

サービス アカウントを作成します。

  1. Cloud Console で [サービス アカウントの作成] ページに移動します。

    [サービス アカウントの作成] に移動
  2. プロジェクトを選択します。
  3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。 Cloud Console は、この名前に基づいて [サービス アカウント ID] フィールドに入力します。

    [サービス アカウントの説明] フィールドに説明を入力します。例: Service account for quickstart

  4. [作成] をクリックします。
  5. [ロールを選択] フィールドをクリックします。

    [クイック アクセス] で [基本] をクリックし、[オーナー] をクリックします。

  6. [次へ] をクリックします。
  7. [完了] をクリックして、サービス アカウントの作成を完了します。

    ブラウザ ウィンドウを閉じないでください。次のステップでこれを使用します。

サービス アカウント キーを作成します。

  1. Cloud Console で、作成したサービス アカウントのメールアドレスをクリックします。
  2. [キー] をクリックします。
  3. [キーを追加] をクリックし、[新しいキーを作成] をクリックします。
  4. [CREATE] をクリックします。JSON キーファイルがパソコンにダウンロードされます。
  5. [閉じる] をクリックします。

コマンドライン

ローカルマシン上の Cloud SDK を使用するか、または Cloud Shell 内で以下のコマンドを実行できます。

  1. サービス アカウントを作成します。NAME をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts create NAME
  2. サービス アカウントに権限を付与します。PROJECT_ID を実際のプロジェクト ID に置き換えます。

    gcloud projects add-iam-policy-binding PROJECT_ID --member="serviceAccount:NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com" --role="roles/owner"
  3. キーファイルを生成します。FILE_NAME はキーファイルの名前に置き換えてください。

    gcloud iam service-accounts keys create FILE_NAME.json --iam-account=NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com

環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を、サービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに設定します。 この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定します。

Using the client library

For examples of using the client library, see Creating HTTP Target Tasks or Creating App Engine Tasks

Additional resources