Landsat データ

Landsat は USGSNASA が共同で開発し、打ち上げた地球観測衛星です。Landsat は、長期にわたり宇宙空間から地球環境を観測することを目的としています。最初の衛星である Landsat 1 は 1972 年に打ち上げられました。Landsat 4 以降は、マルチスペクトラル スキャナと熱分析装置を使用して 30 m の解像度で 2 週間に 1 回地表を撮影しています。

このコレクションには、Landsat 4、5、7、8 の USGS のアーカイブが含まれています。これらの衛星の耐用年数を完全に網羅し、35 年間で 400 万を超える映像が記録されています。

  • Landsat 4: 1982 年~1993 年
  • Landsat 5: 1984 年~2013 年
  • Landsat 7: 1999 年~現在
  • Landsat 8: 2013 年~現在

Landsat のデータは、そのミッションの長さとマルチスペクトラル スキャナによる豊富なデータの蓄積の点で、地球観測の標準データとなっています。Landsat データは、農業、地質学、林業、地域計画、教育、地図、地球の変化の追跡に欠かせないものとなっています。Landsat の画像は緊急対応や災害復旧にも役立てられています。

USGS と NASA のオープンデータ ポリシーにより、このデータセットは、Google Public Cloud Data プログラムの一部として無料で公開されています。Google Cloud をご利用の方はどなたでも利用できます。

データセットの構造

Landsat の画像はレベル 1 で処理されています。放射計測校正後のデータを含み、地図投影されたオルソ画像です。詳細については、Landsat Level-1 Standard Data Products をご覧ください。特に、ユーザー向けのハンドブックが役に立ちます。

この画像は GeoTIFF ファイル形式で保存されています。また、簡単にアクセスできるように、スペクトル バンドが別のファイルに保存されています。画像は、世界基準座標(WRS-2)のグリッドで編成され、世界を 251 の軌道と 248 の列に分割しています。Landsat の衛星によってセンサーの特性が若干異なっています。このため、Cloud Storage では、次のディレクトリ構造を使用してデータをセンサー別に編成しています。

/[SENSOR_ID]/PRE/[PATH]/[ROW]/[SCENE_ID]/

このパスのコンポーネントは次のとおりです。

  • [SENSOR_ID]: 特定の衛星とカメラセンサーを表す ID。
  • [PATH]: WRS パス番号。
  • [ROW]: WRS 列番号。
  • [SCENE_ID]: 固有のシーン ID。

たとえば、カリフォルニア上空の Landsat 8 の画像は次のロケーションにあります。

gs://gcp-public-data-landsat/LC08/PRE/044/034/LC80440342016259LGN00/

データセットへのアクセス

GeoTIFF ファイルを認識するソフトウェアであれば、画像データに簡単にアクセスできます。各画像にはメタデータがテキスト ファイルとして付属しています。

必要なデータが簡単に見つかるように、使用可能な Landsat データのインデックス CSV ファイルを用意しています。この CSV ファイルには、使用可能な画像の基本的なプロパティ(撮影日、最大 / 最小の緯度経度など)が記述されています。このファイルは次の Landsat Cloud Storage バケットにあります。

gs://gcp-public-data-landsat/index.csv.gz

この索引データは、SQL を使用して簡単にクエリを行うために BigQuery でも利用できます。BigQuery を使用するには Google アカウントを取得して GCP プロジェクトを作成する必要があります。

Google Earth Engine

Google Earth Engine を使用すると、Landsat データの照会、表示、分析を行うことができます。ここでは、画像のコレクションが LANDSAT/ フォルダに保存されています。

データセットについて

データセット ソース: U.S. Geological Survey

カテゴリ: 衛星画像、地理情報

用途: Landsat データの用途に制限はありません。必要に応じて使用、再配布できます。ただし、USGS Landsat のデータまたは画像を引用、コピー、転載する場合には、データの情報源を明記する必要があります。詳細については、EROS データの引用をご覧ください。

更新頻度: 新しい Landsat 画像は、利用可能になった時点で毎日追加されています。データは、通常 USGS が公開した 1~2 日後に利用可能になります。定期または臨時メンテナンスのためにさらに遅れる場合もあります。

フォーマット: GeoTIFF と補助データ

Cloud Storage のロケーション: gs://gcp-public-data-landsat(US マルチリージョン)

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Storage ドキュメント